157件中 41 - 50件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た東京ヤクルトスワローズ

    は、10月13日の対ヤクルトスワローズ戦(神宮球場)で、荒木大輔から通算41本目(セ・リーグでは38本目)の初回先頭打者本塁打を記録。同記録は歴代2位で、セ・リーグのみの記録としてはリーグ最多である。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た北海道日本ハムファイターズ

    5月5日の対日拓ホームフライヤーズ戦(平和台野球場)で、9回裏に遊撃手の守備固めとしてプロ初出場。守備機会はなかった。5月15日の対阪急ブレーブス戦でも9回裏から遊撃手の守備固めとして出場するも、2つのエラー(記録上は、1つは内野安打)を喫し、翌日二軍落ちする。同年7月よりおよそ3か月間、アメリカの1A・ローダイ・ライオンズに留学する。このアメリカ留学で、当時日本ではそれほど行われていなかったウエイトトレーニングを練習に加えるようになった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た若菜嘉晴

    柳川商業高校では若菜嘉晴と同期だった。若菜は、中学校時代に地元のライバル校に在籍しており、地区大会の準決勝で対戦したこともあった。高校では1年次からベンチ入りし、2年次からは遊撃手のレギュラーとなった。チーム自体は「九州一の強豪」という評価を受けていたが、在学中に甲子園に出場することはなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た今井雄太郎

    初打点:1975年6月22日、対阪急ブレーブス前期13回戦(平和台野球場)、7回裏に今井雄太郎から真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た亀山努

    以降は、新庄剛志・亀山努・久慈照嘉らの台頭で代打中心の出場となった。同年には、代打満塁本塁打を放つなど活躍し、チーム唯一のファン投票でのオールスター出場を果たす。また、通算3,000塁打も達成している。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たサンテレビジョン

    現役引退後は朝日放送・サンテレビの野球解説者、日刊スポーツ野球評論家を務めた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た藤立次郎

    代打3打席連続本塁打 ※史上2人目(過去の達成者は1984年マーシャル・ブラント、後に1996年藤立次郎・2011年ジョシュ・ホワイトセルが記録)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た竹之内雅史

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知ったという。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たケビン・メンチ

    就任1年目のに、盤石のリリーフ陣「JFK」の一角として活躍した久保田智之の先発転向、新井貴浩の一塁からのコンバート、今岡誠のファーストコンバート、新外国人ケビン・メンチの右翼手固定を行ったが、成績は上向かず、自身の誕生日でもある7月12日に自力優勝の可能性がなくなった。しかし、打線ではシーズン途中に入団したクレイグ・ブラゼルの活躍、鳥谷敬と新井の後半戦での復調、投手陣は入団以降伸び悩みが続いていた能見篤史をエースとして一本立ちさせた好材料もあり、8カード連続で勝ち越すなど順調に勝ち星を重ね、ヤクルトの失速もあり猛烈な3位争いを繰り広げた。しかし結局、10月9日の最終戦でヤクルトに敗れ4位となり、クライマックスシリーズ出場はならなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た吉岡雄二

    にヘッドコーチとなる。同年8月16日の対西武戦(西武ドーム)では、前の試合で退場処分を受けて出場停止だった梨田に代わって監督代行を務めた。2回途中で西武先発の松坂大輔をノックアウトし、この回の終了時点で近鉄が9-0とリードしていたが、近鉄先発のジェレミー・パウエルが突然崩れ、4回終了時点で9-10と逆転を許す。7回表に吉岡雄二が同点本塁打を放つものの、その裏に松井稼頭央の2点本塁打で勝ち越され、そのまま10-12で敗れた。9点以上の差を逆転されての敗戦は史上7度目のことであった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

157件中 41 - 50件表示

「真弓明信」のニューストピックワード