164件中 41 - 50件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た北海道日本ハムファイターズ

    5月5日の対日拓ホームフライヤーズ戦(平和台野球場)で、9回裏に遊撃手の守備固めとしてプロ初出場。守備機会はなかった。5月15日の対阪急ブレーブス戦でも9回裏から遊撃手の守備固めとして出場するも、2つのエラー(記録上は、1つは内野安打)を喫し、翌日二軍落ちする。同年7月よりおよそ3か月間、アメリカの1A・ローダイ・ライオンズに留学する。このアメリカ留学で、当時日本ではそれほど行われていなかったウエイトトレーニングを練習に加えるようになった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た亀山努

    以降は、新庄剛志・亀山努・久慈照嘉らの台頭で代打中心の出場となった。同年には、代打満塁本塁打を放つなど活躍し、チーム唯一のファン投票でのオールスター出場を果たす。また、通算3,000塁打も達成している。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た若菜嘉晴

    柳川高校では若菜嘉晴と同期だった。若菜は、中学校時代に地元のライバル校だった羽犬塚中学校に在籍しており、地区大会の準決勝で対戦したこともあった。高校では1年次からベンチ入りし、2年次からは遊撃手、三塁手としてレギュラーを獲得。チーム自体は「九州一の強豪」という評価を受け、春季九州大会では福岡県予選南部決勝まで進むが、大濠高に敗退。その後も県予選で敗れ、在学中に甲子園に出場することはなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た今井雄太郎

    初打点:1975年6月22日、対阪急ブレーブス前期13回戦(平和台野球場)、7回裏に今井雄太郎から真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たサンテレビジョン

    現役引退後は朝日放送・サンテレビの野球解説者、日刊スポーツ野球評論家を務めた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た藤立次郎

    代打3打席連続本塁打 ※史上2人目(過去の達成者は1984年マーシャル・ブラント、後に1996年藤立次郎・2011年ジョシュ・ホワイトセルが記録)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た江藤愼一

    に当時の監督江藤愼一から打撃の才能を見い出され、一軍定着を果たす。同年にはプロ初本塁打・初打点を挙げている。フロントはキャンプでの成果によっては解雇するつもりだったとされるが、それを聞いた江藤が「磨けば光るダイヤモンドをどぶに捨てるのか」と球団に抗議して残留となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たマーシャル・ブラント

    代打3打席連続本塁打 ※史上2人目(過去の達成者は1984年マーシャル・ブラント、後に1996年藤立次郎・2011年ジョシュ・ホワイトセルが記録)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た竹田和史

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県所沢市に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知り、「セ・リーグだったら名前も売れるだろうな」と思ったという(ただ、後に西武ライオンズが常勝チームになった時には複雑な心境で羨ましく感じたとも言われている)。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た久慈照嘉

    以降は、新庄剛志・亀山努・久慈照嘉らの台頭で代打中心の出場となった。同年には、代打満塁本塁打を放つなど活躍し、チーム唯一のファン投票でのオールスター出場を果たす。また、通算3,000塁打も達成している。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

164件中 41 - 50件表示

「真弓明信」のニューストピックワード