164件中 51 - 60件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た武末悉昌

    若菜は高卒で地元の福岡に本拠地を置く西鉄ライオンズに入団し、真弓は社会人野球の電電九州に進んだ。電電九州では、正遊撃手およびその控え選手の故障で、1年目から遊撃手のスタメンを得ることとなり、第43回都市対抗野球大会でベスト8となり日本産業対抗野球大会にも出場した。それらの活躍もあり、1972年のドラフト会議で西鉄ライオンズに3位指名されプロ入りし、1年前に入団した若菜と再びチームメイトになった。背番号は2。担当スカウトは武末悉昌。だが西鉄ライオンズは、その後すぐに経営権が移り、太平洋クラブライオンズに球団名が変更されている。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た原貢

    熊本県玉名郡南関町生まれだが、小学3年生の時に福岡県大牟田市へ転居。小学6年生の時に、同じ社宅に暮らす原貢(後に読売ジャイアンツに入団する原辰徳の父)が監督を務める三池工業高校が夏の甲子園で優勝し、その優勝パレードに感動したことがきっかけで野球選手を志すようになった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た榊親一

    初盗塁:1974年4月29日 対ロッテオリオンズ前期5回戦(川崎球場)、9回表に二盗(投手:八木沢荘六、捕手:榊親一真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た八木沢荘六

    初盗塁:1974年4月29日 対ロッテオリオンズ前期5回戦(川崎球場)、9回表に二盗(投手:八木沢荘六、捕手:榊親一)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たJFK (阪神タイガース)

    就任1年目のに、盤石のリリーフ陣「JFK」の一角として活躍した久保田智之の先発転向、新井貴浩の一塁からのコンバート、今岡誠のファーストコンバート、新外国人ケビン・メンチの右翼手固定を行ったが、成績は上向かず、自身の誕生日でもある7月12日に自力優勝の可能性がなくなった。しかし、打線ではシーズン途中に入団したクレイグ・ブラゼルの活躍、鳥谷敬と新井の後半戦での復調、投手陣は入団以降伸び悩みが続いていた能見篤史をエースとして一本立ちさせた好材料もあり、8カード連続で勝ち越すなど順調に勝ち星を重ね、ヤクルトの失速もあり猛烈な3位争いを繰り広げた。しかし結局、10月9日の最終戦でヤクルトに敗れ4位となり、クライマックスシリーズ出場はならなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た久保康生

    投手采配は投手コーチの久保康生に任せていた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た水野雄仁

    は、7月6日の対巨人戦(甲子園)で、水野雄仁から自身2回目の5試合連続本塁打を記録。同本塁打は、阪神球団通算4,500本目の本塁打であった。同年は、2年連続の打率3割を記録、本塁打も28本放った。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た坂井信也

    から新たに2年契約を結んだが、このシーズンは打線に前年ほどの好調さはなく、6月には最下位に沈むこともあった。同月に開かれた親会社阪神電鉄の株主総会では株主から真弓の選手起用や続投に苦言が呈される一幕もあった。その後、一時は2位まで順位を上げたものの失速し、3位争いをすることとなった。9月には、順位に関係なく来季続投との報道がなされ、一部では続投要請が出されたとも書かれたが、坂井信也オーナーは続投が既定路線であるとも述べつつも、要請自体については否定した。しかしながら、続投への反発がファンから沸き起こり、9月末の試合では応援メガホンがスタンドから投げ込まれ、10月には観戦に来ていた坂井オーナーにファンが野次を飛ばすこともあった。チームも4位に沈み、巨人とのクライマックスシリーズ出場権争いを行っていたが成績は上向かず、10月中頃に前月の報道を覆して、成績によって解任するとの報道がなされた。10月16日にレギュラーシーズン4位以下が確定して2年ぶりのBクラスとなり、同日、クライマックスシリーズに駒を進めることができなかった責任を取るとして監督を辞任することが球団から発表された。シーズン最終戦まで指揮を執り、最終的なチーム打率は2割5分5厘でリーグ1位、防御率は3位だった。カード別勝敗では優勝の中日に9勝13敗と負け越したものの、ヤクルトに14勝10敗、横浜に12勝10敗2分け、巨人とは11勝11敗2分け、広島にも12勝12敗と、数字上は中日以外とは互角、もしくは勝ち越している。しかし、最大連勝はわずか「4」と、ここぞという勝負時に勝てない試合がシーズンを通して続いた。25日の辞任会見ではBクラスに終わった理由を「監督としての力がなかった」と語った。阪神OBの江夏豊は「通算勝率は5割を上回っており、決して悪い監督ではない」とフォローする一方で、采配については問題があったと指摘している。また現役時代を通じて真弓の人間性を否定、または酷評するような記事やそういった話が一切出なかったことから、いわゆる「監督としては人が良すぎた」面が災いしたのではないか?と指摘されることもある。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た荒木大輔

    は、10月13日の対ヤクルトスワローズ戦(神宮球場)で、荒木大輔から通算41本目(セ・リーグでは38本目)の初回先頭打者本塁打を記録。同記録は歴代2位で、セ・リーグのみの記録としてはリーグ最多である。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た野村収

    初本塁打:1975年8月20日、対日本ハムファイターズ後期8回戦(後楽園球場)、9回表に野村収からソロ真弓明信 フレッシュアイペディアより)

164件中 51 - 60件表示

「真弓明信」のニューストピックワード