157件中 51 - 60件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た江藤愼一

    に当時の監督江藤愼一から打撃の才能を見い出され、一軍定着を果たす。同年にはプロ初本塁打・初打点を挙げている。フロントはキャンプでの成果によっては解雇するつもりだったとされるが、それを聞いた江藤が「磨けば光るダイヤモンドをどぶに捨てるのか」と球団に抗議して残留となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た安藤統男

    には岡田彰布の故障に伴って二塁手に転向し、打率.353で首位打者を獲得。二塁手のベストナインにも選出される。残り10試合になった際に、首位打者のタイトルのために安藤統男監督から欠場を勧められるが、これを断固拒否し試合に出場した。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たマーシャル・ブラント

    代打3打席連続本塁打 ※史上2人目(過去の達成者は1984年マーシャル・ブラント、後に1996年藤立次郎・2011年ジョシュ・ホワイトセルが記録)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た竹田和史

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知ったという。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た後醍醐天皇

    真弓という名字は、隠岐次郎左衛門広有が後醍醐天皇から与えられた姓であり、真弓明信は、この隠岐次郎左衛門広有の子孫であるという。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た久慈照嘉

    以降は、新庄剛志・亀山努・久慈照嘉らの台頭で代打中心の出場となった。同年には、代打満塁本塁打を放つなど活躍し、チーム唯一のファン投票でのオールスター出場を果たす。また、通算3,000塁打も達成している。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た原貢

    熊本県玉名郡南関町生まれだが、小学3年生の時に福岡県大牟田市へ転居。小学6年生の時に、同じ社宅に暮らす原貢(後に読売ジャイアンツに入団する原辰徳の父)が監督を務める三池工業高校が夏の甲子園で優勝し、その優勝パレードに感動したことがきっかけで野球選手を志すようになった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たケン・モッカ

    ヒッティングマーチ(応援歌)の原曲は「ミッキーマウスマーチ」で、代打の時は、1度しかない打席でファンがヒッティングマーチで楽しんでほしいという意図から、真弓はコールされてから打席に入るまでの時間を遅くし、初球にも手を出さなかった。1980年代後半頃は、真弓の打席で外野スタンドのファンがこの曲に合わせて「真弓、真弓、ホームラン」と歌いながら1列になって左右に移動する光景が見られた。この動きは真弓ダンスと呼ばれたが、このダンスで甲子園の外野スタンド自体がわずかながら揺れていることが明らかになり、スタンドが老朽化していたこともあってこのダンスは自粛されることになった。なお、同時期に中日ドラゴンズに在籍したケン・モッカの応援歌にもこの曲が使用されていた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た田中章 (野球)

    初安打:1974年6月23日 対南海ホークス前期13回戦(平和台野球場)、9回裏に田中章の代打で出場、山内新一から単打真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た堀井恒雄

    200本塁打:1987年5月4日 対横浜大洋ホエールズ6回戦(阪神甲子園球場)、7回裏に堀井幹夫から左越ソロ ※史上52人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

157件中 51 - 60件表示

「真弓明信」のニューストピックワード