157件中 61 - 70件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た和田博美

    愛称は「ジョー」。アメリカに野球留学した際、アメリカ人にとって「Mayumi」は発音しづらいことから、青木一三と和田博美から名づけられた。「ジョー」となったのは、アメリカにはジョージやジョーンズなどの「ジョー」のつく名前が多かったことが理由で、ものの数分で決定した。当時流行していた『あしたのジョー』とは全く関係ない。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た榊親一

    初盗塁:1974年4月29日 対ロッテオリオンズ前期5回戦(川崎球場)、9回表に二盗(投手:八木沢荘六、捕手:榊親一真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た田淵幸一

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知ったという。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た川崎憲次郎

    3000塁打:1991年9月26日、対ヤクルトスワローズ26回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に川崎憲次郎から適時二塁打 ※史上31人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た八木沢荘六

    初盗塁:1974年4月29日 対ロッテオリオンズ前期5回戦(川崎球場)、9回表に二盗(投手:八木沢荘六、捕手:榊親一)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たJFK (阪神タイガース)

    就任1年目のに、盤石のリリーフ陣「JFK」の一角として活躍した久保田智之の先発転向、新井貴浩の一塁からのコンバート、今岡誠のファーストコンバート、新外国人ケビン・メンチの右翼手固定を行ったが、成績は上向かず、自身の誕生日でもある7月12日に自力優勝の可能性がなくなった。しかし、打線ではシーズン途中に入団したクレイグ・ブラゼルの活躍、鳥谷敬と新井の後半戦での復調、投手陣は入団以降伸び悩みが続いていた能見篤史をエースとして一本立ちさせた好材料もあり、8カード連続で勝ち越すなど順調に勝ち星を重ね、ヤクルトの失速もあり猛烈な3位争いを繰り広げた。しかし結局、10月9日の最終戦でヤクルトに敗れ4位となり、クライマックスシリーズ出場はならなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た久保康生

    2010年9月9日の試合で、延長10回裏にブラゼルの退場処分によって野手を使い切ったために交代する野手がいないという緊急事態が起こり、投手の西村憲を外野手として起用。なんとか引き分けに抑えた。他にも西村を2011年9月23日に代走で出場させたこともある。投手采配はすべて投手コーチの久保康生に任せていた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た梶間健一

    150本塁打:1985年7月10日、対ヤクルトスワローズ12回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に梶間健一から左越先頭打者本塁打 ※史上77人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た古沢憲司

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知ったという。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た水野雄仁

    は、7月6日の対巨人戦(甲子園)で、水野雄仁から自身2回目の5試合連続本塁打を記録。同本塁打は、阪神球団通算4,500本目の本塁打であった。同年は、2年連続の打率3割を記録、本塁打も28本放った。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

157件中 61 - 70件表示

「真弓明信」のニューストピックワード