164件中 61 - 70件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た青木一三

    愛称は「ジョー」(Joe)。アメリカに野球留学した際、アメリカ人にとって「Mayumi」は発音しづらいことから、青木一三と和田博実から名づけられた。「ジョー」となったのは、アメリカにはジョージやジョーンズなどの「ジョー」のつく名前が多かったことが理由で、ものの数分で決定した。当時流行していた『あしたのジョー』とは全く関係ない。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た和田博実

    愛称は「ジョー」(Joe)。アメリカに野球留学した際、アメリカ人にとって「Mayumi」は発音しづらいことから、青木一三と和田博実から名づけられた。「ジョー」となったのは、アメリカにはジョージやジョーンズなどの「ジョー」のつく名前が多かったことが理由で、ものの数分で決定した。当時流行していた『あしたのジョー』とは全く関係ない。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た竹之内雅史

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県所沢市に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知り、「セ・リーグだったら名前も売れるだろうな」と思ったという(ただ、後に西武ライオンズが常勝チームになった時には複雑な心境で羨ましく感じたとも言われている)。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た東尾修

    には再び二塁手に戻った岡田と入れ替わる形で外野手(主に右翼手)に転向。しかし同年6月9日の対横浜大洋ホエールズ戦でセカンドランナーだった真弓はかつてのチームメイト若菜と本塁で交錯し、左肋骨不全骨折で1か月弱戦線を離脱するものの、一番打者として、打率.322, 34本塁打、84打点の好成績でチームのリーグ優勝に貢献、奇しくも古巣のライオンズとの対戦になった日本シリーズ(かつてのチームメイトだった東尾修とも対戦をしていた)でも日本一に貢献し、外野手のベストナインにも選出された。この受賞で、クラウン時代と合わせて、3つのポジションでベストナインを受賞した。3ポジションでのベストナイン受賞は落合博満に続き史上2人目であった。日本シリーズでは、打率.360, 2本塁打で優秀選手に選ばれた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たケビン・メンチ

    就任1年目のに、盤石のリリーフ陣「JFK」の一角として活躍した久保田智之の先発転向、新井貴浩の一塁からのコンバート、今岡誠のファーストコンバート、新外国人ケビン・メンチの右翼手固定を行ったが、成績は上向かず、自身の誕生日でもある7月12日に自力優勝の可能性がなくなった。しかし、打線ではシーズン途中に入団したクレイグ・ブラゼルの活躍、鳥谷敬と新井の後半戦での復調、投手陣は入団以降伸び悩みが続いていた能見篤史をエースとして一本立ちさせた好材料もあり、8カード連続で勝ち越すなど順調に勝ち星を重ね、ヤクルトの失速もあり猛烈な3位争いを繰り広げた。しかし結局、10月9日の最終戦でヤクルトに敗れ4位となり、クライマックスシリーズ出場はならなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た吉岡雄二

    にヘッドコーチとなる。同年8月16日の対西武戦(西武ドーム)では、前の試合で退場処分を受けて出場停止だった梨田に代わって監督代行を務めた。2回途中で西武先発の松坂大輔をノックアウトし、この回の終了時点で近鉄が9-0とリードしていたが、近鉄先発のジェレミー・パウエルが突然崩れ、4回終了時点で9-10と逆転を許す。7回表に吉岡雄二が同点本塁打を放つものの、その裏に松井稼頭央の2点本塁打で勝ち越され、そのまま10-12で敗れた。9点以上の差を逆転されての敗戦は史上7度目のことであった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た安藤統男

    には岡田彰布の故障に伴って二塁手に転向し、打率.353で首位打者を獲得。二塁手のベストナインにも選出される。残り10試合になった際に、首位打者のタイトルのために安藤統男監督から欠場を勧められるが、これを断固拒否し試合に出場した。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た後醍醐天皇

    真弓という名字は、隠岐次郎左衛門広有が後醍醐天皇から与えられた姓であり、真弓明信は、この隠岐次郎左衛門広有の子孫であるという。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たケン・モッカ

    ヒッティングマーチ(応援歌)の原曲は「ミッキーマウス・マーチ」で、代打の時は、1度しかない打席でファンがヒッティングマーチで楽しんでほしいという意図から、真弓はコールされてから打席に入るまでの時間を遅くし、初球にも手を出さなかった。1980年代後半頃は、真弓の打席で外野スタンドのファンがこの曲に合わせて「真弓、真弓、ホームラン」と歌いながら1列になって左右に移動する光景が見られた。この動きは真弓ダンスと呼ばれたが、このダンスで甲子園の外野スタンド自体がわずかながら揺れていることが明らかになり、スタンドが老朽化していた(耐震補強工事は阪神淡路大震災の後に行われた)こともあってこのダンスは自粛されることになった。なお、同時期に中日ドラゴンズに在籍したケン・モッカの応援歌にもこの曲が使用されていた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た田中章 (野球)

    初安打:1974年6月23日 対南海ホークス前期13回戦(平和台野球場)、9回裏に田中章の代打で出場、山内新一から単打真弓明信 フレッシュアイペディアより)

164件中 61 - 70件表示

「真弓明信」のニューストピックワード