164件中 71 - 80件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た堀井恒雄

    200本塁打:1987年5月4日 対横浜大洋ホエールズ6回戦(阪神甲子園球場)、7回裏に堀井幹夫から左越ソロ ※史上52人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た田淵幸一

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県所沢市に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知り、「セ・リーグだったら名前も売れるだろうな」と思ったという(ただ、後に西武ライオンズが常勝チームになった時には複雑な心境で羨ましく感じたとも言われている)。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た川崎憲次郎

    3000塁打:1991年9月26日、対ヤクルトスワローズ26回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に川崎憲次郎から適時二塁打 ※史上31人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た梶間健一

    150本塁打:1985年7月10日、対ヤクルトスワローズ12回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に梶間健一から左越先頭打者本塁打 ※史上77人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た古沢憲司

    1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との「世紀のトレード」で若菜、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍することになる。本人は、球団が売却(→西武ライオンズ)され、チームが埼玉県所沢市に移ることから引っ越しの準備中だった。トレードは、テレビのインタビューで初めて知り、「セ・リーグだったら名前も売れるだろうな」と思ったという(ただ、後に西武ライオンズが常勝チームになった時には複雑な心境で羨ましく感じたとも言われている)。移籍後の背番号は7となった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た山内新一

    初安打:1974年6月23日 対南海ホークス前期13回戦(平和台野球場)、9回裏に田中章の代打で出場、山内新一から単打真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た福岡大学附属大濠中学校・高等学校

    柳川高校では若菜嘉晴と同期だった。若菜は、中学校時代に地元のライバル校だった羽犬塚中学校に在籍しており、地区大会の準決勝で対戦したこともあった。高校では1年次からベンチ入りし、2年次からは遊撃手、三塁手としてレギュラーを獲得。チーム自体は「九州一の強豪」という評価を受け、春季九州大会では福岡県予選南部決勝まで進むが、大濠高に敗退。その後も県予選で敗れ、在学中に甲子園に出場することはなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た阪神・淡路大震災

    のシーズンでは、終盤からフロントと話し合い、球団は引退試合やセレモニーも用意して引退を勧めたが、真弓はこれを固辞して現役にこだわった。しかし交渉は決裂し、他に獲得の意思を示した球団もなかったため、そのまま現役を引退した。なお、真弓が現役を引退したことで、「福岡時代のライオンズ」のユニフォームを着た現役選手が球界から姿を消すことになった。この年のシーズン開幕前に阪神・淡路大震災が発生し、自宅には被害がなかったが甲子園球場までの移動が困難になったため、若手選手に交じって虎風荘に寝泊まりしていたことがあった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たバレンタインデー

    に大阪近鉄バファローズの打撃コーチに就任。背番号は75。当時、監督の梨田昌孝、投手コーチの小林繁とともに「男前首脳陣」として話題となり、地元関西の洋菓子メーカーモロゾフのバレンタインデーイメージキャラクターにも起用された。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た真弓広有

    真弓という名字は、隠岐次郎左衛門広有が後醍醐天皇から与えられた姓であり、真弓明信は、この隠岐次郎左衛門広有の子孫であるという。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

164件中 71 - 80件表示

「真弓明信」のニューストピックワード