前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • その他くん

    その他くんから見た矢口高雄矢口高雄

    漫画家に憧れる中学3年生「その他くん=本名・君輪園太(きみわ・そのた)」は、勉強もスポーツも、そして漫画家を目指しているのに絵も下手くそ。そんなその他くんが、作者のつのだじろうや矢口高雄などの実在の漫画家から厳しい指導を受けたり、謎の老人から漫画の描き方の指南を受けたりしながら、売れっ子漫画家を目指す。漫画の書き方や漫画家としての心構え、出版業界の事情等が描かれているほか、漫画家を目指して悩み苦しみ、時には挫折にうちひしがれるその他くんとその仲間たちの青春群像という側面もある。その他くん フレッシュアイペディアより)

  • 羽後町

    羽後町から見た矢口高雄矢口高雄

    漫画家・矢口高雄が羽後銀行(現・北都銀行)の社員として初めて赴任したのが西馬音内支店であった。羽後町 フレッシュアイペディアより)

  • しんぶん赤旗

    しんぶん赤旗から見た矢口高雄矢口高雄

    手塚治虫や赤塚不二夫、中沢啓治、加藤唯史、村野守美、矢口高雄、牧野和子、Moo.念平、高口里純、葛西映子、ますむらひろしといった人気漫画家が漫画を連載していた。赤旗日曜版の姉妹紙である少年少女新聞も手塚治虫、宮崎駿、松本零士、赤塚不二夫らの漫画を連載していた。現在は山本おさむが連載を担当しているほか、やくみつるが隔週で掲載されている。しんぶん赤旗 フレッシュアイペディアより)

  • コミックムウ

    コミックムウから見た矢口高雄矢口高雄

    「平成おらが村・The米」(矢口高雄コミックムウ フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬谷東嶺

    加瀬谷東嶺から見た矢口高雄矢口高雄

    牛道事件で逮捕され、投獄された期間は3年に及んだ。1828年に出獄し、息子の正松に親郷肝煎の座を譲り、数え39歳で絵師を志すことになる。東嶺は風物写生を基調とする円山応挙の流れを汲む、円山・四条派の鈴木南嶺に弟子入りするため、京都に向かった。初めは風物写生、習作から小品を手がけ、1834年には大福や屏風画を任されるようになり足掛け8年の修行を経て、1835年5月、東嶺の雅号を師より頂き郷里に帰った。この時、数え47歳。しかし、帰郷後は安堵感から憔悴して病床につき、わずか1年半後に他界した。現在、東嶺の作品は、京都時代のものが横手市文化財にわずかに残されているだけである。なお、漫画家の矢口高雄は、横手市の同じ狙半内地区の出身である。加瀬谷東嶺 フレッシュアイペディアより)

  • 激濤 Magnitude 7.7

    激濤 Magnitude 7.7から見た矢口高雄矢口高雄

    『激濤 Magnitude 7.7』(げきとう マグニチュードななてんなな)は、日本の漫画家・矢口高雄が著した、日本海中部地震を題材とした漫画。激濤 Magnitude 7.7 フレッシュアイペディアより)

  • ニシカワ醇

    ニシカワ醇から見た矢口高雄矢口高雄

    18歳で和歌山から上京。矢口高雄に師事し、矢口プロダクションにて四年半のアシスタント修行を行う。1997年『ホラーM』にてデビュー。その後ホラー系雑誌を中心に活動。2002年TVドラマ『Trick』のコミカライズ版を執筆。2006年、週刊少年チャンピオンにて初の週刊連載を勝ち取る。ニシカワ醇 フレッシュアイペディアより)

  • タキタロウ

    タキタロウから見た矢口高雄矢口高雄

    その後、十数年おきに何度かタキタロウと思われる怪魚が捕獲されたという話が出ており、1975年には、矢口高雄の漫画『釣りキチ三平』の中で「O池の滝太郎」と紹介され、全国的に名が知られるようになる。1980年には同作品のテレビアニメ版にも登場した。タキタロウ フレッシュアイペディアより)

  • まぼろしパンティ

    まぼろしパンティから見た矢口高雄矢口高雄

    第2話 パンティースリ あらわるの巻 (元ネタ 釣りキチ三平/矢口高雄まぼろしパンティ フレッシュアイペディアより)

  • 横手市増田伝統的建造物群保存地区

    横手市増田伝統的建造物群保存地区から見た矢口高雄矢口高雄

    北都銀行 - 増田は当行の前身にあたる羽後銀行発祥の地であり、増田支店が重要伝統的建造物群保存地区内に位置する。支店の前には「北都銀行発祥の地」碑がある。なお、当地出身の漫画家矢口高雄も羽後銀行の行員であった。横手市増田伝統的建造物群保存地区 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード