前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 羽後町

    羽後町から見た矢口高雄矢口高雄

    漫画家・矢口高雄が羽後銀行(現・北都銀行)の社員として初めて赴任したのが西馬音内支店であった。羽後町 フレッシュアイペディアより)

  • しんぶん赤旗

    しんぶん赤旗から見た矢口高雄矢口高雄

    日刊紙より一般向け・こども向け・家庭向け(料理、暮らしなど)の内容となっており、日本共産党とは特に関係が無い著名な芸能人など有名人も多く登場する。手塚治虫や中沢啓治、矢口高雄、Moo.念平といった人気漫画家が漫画を連載していたこともある。現在は山本おさむが連載を担当しているほか、やくみつるが隔週で掲載されている。しんぶん赤旗 フレッシュアイペディアより)

  • コミックムウ

    コミックムウから見た矢口高雄矢口高雄

    「平成おらが村・The米」(矢口高雄コミックムウ フレッシュアイペディアより)

  • 金の星社

    金の星社から見た矢口高雄矢口高雄

    「よくつれる! 超カンタンつり入門」シリーズ(監修:矢口高雄金の星社 フレッシュアイペディアより)

  • タキタロウ

    タキタロウから見た矢口高雄矢口高雄

    その後、十数年おきに何度かタキタロウと思われる怪魚が捕獲されたという話が出ており、1975年には、矢口高雄の漫画『釣りキチ三平』の中で「O池の滝太郎」と紹介され、全国的に名が知られるようになる。1980年には同作品のテレビアニメ版にも登場した。タキタロウ フレッシュアイペディアより)

  • はやせ淳

    はやせ淳から見た矢口高雄矢口高雄

    高校時代より出版社に原稿を持ち込む。1970年 高校在学中に週刊少年マガジンで持ち込み作品の『戦争ごっこ』でデビューする(『あしたのジョー』の代原)。しかし、その後は芽が出なかった。高校卒業後、鈴木光明主宰の同人誌に加わる。その後、矢口高雄のアシスタントを5年つとめる。アシスタント時代には矢口の漫画内に「はやせ君」として登場している。はやせ淳 フレッシュアイペディアより)

  • 岩井渓

    岩井渓から見た矢口高雄矢口高雄

    仙台育英高校在学中に矢口高雄の『釣りキチ三平』に感銘を受け、卒業後に上京、1983年まで矢口高雄プロダクションのアシスタントとなる。高校時代からしばらく「風間真理(かざましんり)」というペンネームを使った事もあった。自然・釣り関連の漫画や絵の他に、学習漫画(集英社の歴史・文学系など)をも手がける。岩井渓 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊少年マガジン増刊号

    週刊少年マガジン増刊号から見た矢口高雄矢口高雄

    矢口高雄の書き下ろし新作である『平成版・釣りキチ三平』の連載と矢口の別作品(「9で割れ!!」など旧作または書き下ろし作)および、矢口と著名人との対談インタビューなどを収録した、一冊丸ごと矢口高雄作品で占められたプライベートコミック誌。2001年9月に刊行開始。年1-2巻ペースで不定期発刊され、2009年12月までにvol.8まで刊行。週刊少年マガジン増刊号 フレッシュアイペディアより)

  • 激濤 Magnitude 7.7

    激濤 Magnitude 7.7から見た矢口高雄矢口高雄

    『激濤 Magnitude 7.7』(げきとう マグニチュードななてんなな)は、日本の漫画家矢口高雄が著した、日本海中部地震を題材とした漫画。激濤 Magnitude 7.7 フレッシュアイペディアより)

  • ドラネコロック

    ドラネコロックから見た矢口高雄矢口高雄

    当時の週刊少年漫画誌、特にギャグ漫画(家)や「チャンピオン」では週刊と月刊両誌で連載を持つ事が、作者・読者いずれからも一種のステータスとして見られていた趣があり(アニメや特撮で言えば、一つの制作会社が複数のテレビシリーズを毎週制作・放映している様なもの)、鴨川も『マカロニ』と当作を同時連載する事でこの条件に適った事になる。ちなみにこれに該当する他の漫画家としては、当時のチャンピオンのギャグ漫画家では山上たつひこ、柳沢きみお、内崎まさとし、一部の条件のみ(他社など)で該当するなら飯森広一、古賀新一、小林よしのり、矢口高雄、古谷三敏、年代までずれるが島本和彦などが挙げられる。ドラネコロック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード