55件中 11 - 20件表示
  • ドラネコロック

    ドラネコロックから見た矢口高雄矢口高雄

    鴨川は『マカロニ』と当作を同時期に連載していたが、当時の週刊少年漫画誌、特にギャグ漫画(家)や「チャンピオン」では、週刊と月刊両誌で連載を持つことが、作者・読者いずれからも一種のステータスとして見られていた趣がある。ちなみにこれに該当する他の漫画家としては、当時のチャンピオンのギャグ漫画家では吾妻ひでお、山上たつひこ、柳沢きみお、内崎まさとし、一部の条件のみ(他社など)で該当するなら飯森広一、古賀新一、小林よしのり、矢口高雄、古谷三敏、年代までずれるが島本和彦などが挙げられる。ドラネコロック フレッシュアイペディアより)

  • はやせ淳

    はやせ淳から見た矢口高雄矢口高雄

    高校卒業後、鈴木光明主宰の同人グループ・かこう会に加わり同人作家としても活動する。その後、矢口高雄のアシスタントを5年間務める。アシスタント時代には矢口の漫画内に「はやせ君」として登場している。はやせ淳 フレッシュアイペディアより)

  • 金の星社

    金の星社から見た矢口高雄矢口高雄

    「よくつれる! 超カンタンつり入門」シリーズ(監修:矢口高雄金の星社 フレッシュアイペディアより)

  • ふるさときゃらばん

    ふるさときゃらばんから見た矢口高雄矢口高雄

    「現代フルサト主義―おれのフルサトが世界の中心だ」(富民協会、1987年)石塚克彦、矢口高雄、篠原孝、小野寺喜一郎、福田定良ふるさときゃらばん フレッシュアイペディアより)

  • 横手市増田まんが美術館

    横手市増田まんが美術館から見た矢口高雄矢口高雄

    横手市増田まんが美術館(よこてしますだまんがびじゅつかん)は、秋田県横手市増田町にある美術館。増田町出身の漫画家である矢口高雄の偉業を記念し、1995年(平成7年)10月に日本で初めてまんがをテーマにした美術館として公民館、図書館、郷土資料館を併設する複合施設「増田ふれあいプラザ」内に開館した。横手市増田まんが美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜喫茶室

    日曜喫茶室から見た矢口高雄矢口高雄

    漫画家・アニメーターとして楳図かずお、矢口高雄、松本零士、弘兼憲史、やなせたかし、柳原良平、日曜喫茶室 フレッシュアイペディアより)

  • だるまさんがころんだ

    だるまさんがころんだから見た矢口高雄矢口高雄

    映像内の一枚絵は矢口高雄、アニメーションは南家こうじが作成した。南家は本作が『みんなのうた』初登板で、現在に至るまで多数のアニメを製作、その一方で矢口の『みんなのうた』担当は、現在のところ唯一。だるまさんがころんだ フレッシュアイペディアより)

  • 高田屋嘉兵衛

    高田屋嘉兵衛から見た矢口高雄矢口高雄

    矢口高雄 『釣りキチ三平 平成版 「三平inカムチャッカ(カヒの秘密編)(リコルド編)(ウラー、タイショウ編)」』高田屋嘉兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 石ノ森萬画館

    石ノ森萬画館から見た矢口高雄矢口高雄

    2001年、石ノ森萬画館を運営受託する第三セクターTMO「株式会社街づくりまんぼう」を設立する。同年7月23日、石ノ森作品の原画などを所蔵、展示する施設として石ノ森萬画館開館。先述の岡田劇場の近くに建設された。初代館長に漫画家の水島新司が就任する。水島は2003年まで館長を務め、同年、2代目館長に同じく漫画家の矢口高雄が就任した。石ノ森萬画館 フレッシュアイペディアより)

  • サントリーTVショッピング

    サントリーTVショッピングから見た矢口高雄矢口高雄

    内容は『DHA&EPA+セサミンE→DHA&EPA+セサミンEX』の紹介で、スタジオゲストは梅宮辰夫(俳優)、田崎真也(料理・ソムリエ研究家)、家森幸子(元テレビ東京、現フリーアナウンサー)、矢口高雄(漫画家・「釣りキチ三平」の作者)、川端理香(管理栄養士)、五大路子(女優)、本村健太郎(弁護士・俳優)、鳥羽一郎(演歌歌手)、奥山佳恵(タレント)、棚橋伸子(管理栄養士)、太川陽介(俳優)、かとうかず子(女優)、小倉久寛(俳優・声優)、アグネス・チャン(歌手・教育学博士)平野文(声優・「うる星やつら」のラム役)、伊吹吾郎(俳優)。サントリーTVショッピング フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード