55件中 21 - 30件表示
  • 三毛別羆事件

    三毛別羆事件から見た矢口高雄矢口高雄

    『野性伝説』3 - 5巻(戸川幸夫 作 / 矢口高雄 画)三毛別羆事件 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田中央交通

    秋田中央交通から見た矢口高雄矢口高雄

    一般路線車のカラーリングは緑を基調としており、1993年にマイナーチェンジした現行塗色となっている。貸切車や高速車の一部は白地に青・ピンクの斜めストライプが入ったものを1991年より採用している。また秋田東営業所には、秋田県出身の矢口高雄作の漫画『釣りキチ三平』のキャラクターをあしらった「三平バス」も在籍する(秋田東営業所廃止後は、秋田営業所に転属。2018年時点では、一般車両塗装に変更し、シートデザインに三平デザインが残されている)。秋田中央交通 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の漫画家

    日本の漫画家から見た矢口高雄矢口高雄

    横手市(旧増田町):旧増田町出身の漫画家・矢口高雄に因んだ「まんが美術館」がある。日本の漫画家 フレッシュアイペディアより)

  • おくのほそ道

    おくのほそ道から見た矢口高雄矢口高雄

    マンガ日本の古典25『奥の細道』矢口高雄著(中央公論新社)おくのほそ道 フレッシュアイペディアより)

  • おしん

    おしんから見た矢口高雄矢口高雄

    1983年5月26日に発生した「日本海中部地震」を描いた矢口高雄のコミック「激濤 Magnitude 7.7」に、夫婦で出漁していた猟師が『おしん』のお昼の再放送を見ようと急いで港に戻るシーンが描かれている。なお、実際の当日の昼の放送は、報道特別番組のため休止された。おしん フレッシュアイペディアより)

  • ルルマップ自然公園ふれらんど

    ルルマップ自然公園ふれらんどから見た矢口高雄矢口高雄

    「ギャラリー三平」では矢口高雄の漫画『釣りキチ三平』の原画などを展示している。ルルマップ自然公園ふれらんど フレッシュアイペディアより)

  • 麦わら帽子

    麦わら帽子から見た矢口高雄矢口高雄

    三平三平(矢口高雄『釣りキチ三平』)麦わら帽子 フレッシュアイペディアより)

  • クニマス

    クニマスから見た矢口高雄矢口高雄

    漫画『平成版・釣りキチ三平』(『週刊少年マガジン特別編集2001年9月18日増刊号』掲載)には、「三平の祖父・一平が、クニマスを密かに地図に載っていない山中の湖に移殖し、そこで繁殖していたものの生息が確認される」というストーリーがある。あくまでフィクションであったが、2010年に生息が確認された個体は実際に漫画と同じような経緯で移殖され繁殖していた。作者の矢口高雄は発見の一報を大変喜び、関係者やファンから多くの祝福を受け「必ず生きていると信じていた」「漫画にしたけれど、うそじゃなかったでしょ?思い通りです」と語った。ちなみに矢口は田沢湖のある秋田県の出身で、将来的にはクニマスを田沢湖に里帰りさせることを強く望んでいるという。クニマス フレッシュアイペディアより)

  • 青林堂

    青林堂から見た矢口高雄矢口高雄

    元々『ガロ』は題材・内容と、そのスケールから連載する場所が無かった白土の漫画『カムイ伝』の連載の場を設けることが創刊の最大の目的であった。同時に、活躍の場を失いつつあった貸本漫画家への媒体提供と、新人発掘のためという側面もあった。また青林堂では商業的なメジャー系出版社の漫画事業と対極のスタンスで、掲載作品の作品性を重視する編集方針を取り、白土三平や水木しげるといった有名作家から、つげ義春、花輪和一、安部慎一、鈴木翁二、古川益三、蛭子能収、根本敬、山田花子、ねこぢる、山野一、みうらじゅん、内田春菊、林静一、丸尾末広、近藤ようこ、杉浦日向子、やまだ紫、矢口高雄、ひさうちみちお、久住昌之、古屋兎丸、福満しげゆきといった「ガロ系」と称される一群の漫画作家に表現の場を与え輩出し、日本漫画文化史上に一時代を築いた。青林堂 フレッシュアイペディアより)

  • 9

    9から見た矢口高雄矢口高雄

    『9で割れ!!』は矢口高雄の漫画。9 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード