55件中 41 - 50件表示
  • 小池一夫

    小池一夫から見た矢口高雄矢口高雄

    燃えよ番外兵 1971年(画:矢口高雄 『釣りキチ三平』)小池一夫 フレッシュアイペディアより)

  • エポック社

    エポック社から見た矢口高雄矢口高雄

    「マンガ家がデザインした本棚に収まるサイズのボードゲーム」をコンセプトに1977年から1980年までシリーズ化。当初は「マンガ家が考えた」を売りにしており、その内容も「矢口高雄→釣りキチ三平→釣りゲーム」という分かりやすいのもあれば、「石森章太郎→多羅尾伴内(漫画を執筆した事がある)→モンタージュゲーム」という分かりづらいのもあった。そこで「楳図かずおのまことちゃんゲーム」からはキャラクター路線製品を平行発売、また「ミッキーマウスの大冒険ゲーム」は唯一のディズニーアニメからの登場となった。エポック社 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た矢口高雄矢口高雄

    釣りキチ三平(1973年(昭和48年)-、矢口高雄秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 白土三平

    白土三平から見た矢口高雄矢口高雄

    釣りキチ三平 - 矢口高雄の漫画で、主人公・三平三平(みひらさんぺい)は、白土三平に由来する。白土三平 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海中部地震

    日本海中部地震から見た矢口高雄矢口高雄

    激濤 Magnitude 7.7 - 矢口高雄による当地震を題材にした漫画。日本海中部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 釣りキチ三平

    釣りキチ三平から見た矢口高雄矢口高雄

    『釣りキチ三平』(つりキチさんぺい)は、矢口高雄による日本の漫画作品。また、それを原作としたアニメ作品。1973年から10年間、『週刊少年マガジン』(講談社)に連載され、当時の看板作品のひとつであると共に、自然派漫画の代表的存在であった。『週刊少年マガジン』では長編を、『月刊少年マガジン』(講談社)では短編を同時連載していた。続編や単発の読み切り作品もたびたび発表されている。釣りキチ三平 フレッシュアイペディアより)

  • コミックフラッパー

    コミックフラッパーから見た矢口高雄矢口高雄

    LOVE FISH 三平クラブ(矢口高雄コミックフラッパー フレッシュアイペディアより)

  • 岩井渓

    岩井渓から見た矢口高雄矢口高雄

    仙台育英高校在学中に矢口高雄の『釣りキチ三平』に感銘を受け、卒業後に上京、1983年まで矢口高雄プロダクションのアシスタントとなる。高校時代からしばらく「風間真理(かざましんり)」というペンネームを使った事もあった。自然・釣り関連の漫画や絵の他に、学習漫画(集英社の歴史・文学系など)をも手がける。岩井渓 フレッシュアイペディアより)

  • マンガ・アニメミュージアム

    マンガ・アニメミュージアムから見た矢口高雄矢口高雄

    秋田県増田町(現:横手市増田町)の町制100周年記念事業として「増田まんが美術館」が開業。増田町は矢口高雄の出身地でもあり、同氏が名誉館長を務める。マンガ・アニメミュージアム フレッシュアイペディアより)

  • 歴史漫画

    歴史漫画から見た矢口高雄矢口高雄

    奥の細道 - マンガ日本の古典(矢口高雄歴史漫画 フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード