1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示
  • ルパン三世 DEAD OR ALIVE

    ルパン三世 DEAD OR ALIVEから見た矢口高雄矢口高雄

    モンキー・パンチ応援団 - いがらしゆみこ、石ノ森章太郎、里中満智子、竹宮恵子、ちばてつや、寺沢武一、永井豪、弘兼憲史、北条司、水島新司、矢口高雄ルパン三世 DEAD OR ALIVE フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア無線

    アマチュア無線から見た矢口高雄矢口高雄

    『釣りキチ三平』矢口高雄作「幻の大岩魚アカブチ」(1973年)アマチュア無線 フレッシュアイペディアより)

  • ジャングル大帝

    ジャングル大帝から見た矢口高雄矢口高雄

    日本へはアメリカで話題になっているとして、共同通信が配信。7月13日に毎日新聞、翌14日に『読売新聞』、18日に『朝日新聞』が報じたのをはじめとして、スポーツ新聞やテレビでこの問題が紹介された。手塚治虫を敬う漫画家の里中満智子は『ジャングル大帝』を見たことはないとするディズニーの態度に疑問を抱き、ディズニー作品を配給するブエナ・ビスタ・インターナショナルへ質問状を送った。里中の質問状には、ちばてつや、藤子・F・不二雄、水島新司、永井豪、モンキー・パンチ、矢口高雄、一条ゆかり、弘兼憲史、杉浦日向子ら約80名の漫画家が賛同し、計488人の署名が添えられた、手塚治虫の死後、著作権を管理している手塚プロダクション並びに遺族は仮に盗作だったとしてもディズニー側と事を構えない事を決めた。理由は「ディズニーファンだった故人がもしもこの一件を知ったならば、怒るどころか『仮にディズニーに盗作されたとしても、むしろそれは光栄なことだ』と喜んでいたはずだ」とした。手塚治虫の長男で、手塚プロダクションの取締役も務める映像作家の手塚眞は、問題にしなかった理由として、ディズニーへのバッシングに荷担したくなかったこと、文化は模倣によって成立すること、『ライオンキング』には白いライオンが登場せず、動物だけの世界で閉じており『ジャングル大帝』のような人間社会と交流するドラマがないことを理由に似ているとは思わなかったことを挙げている。有馬哲夫も『ライオンキング』はディズニーの世界戦略から『ジャングル大帝』のような社会性がないことを指摘し、かつて虫プロに在籍していた吉川惣司も文化は互いに影響しあうものであるとして手塚プロの対応を見識であると評価している。手塚プロもテレビアニメ版を制作した山本暎一も問題にしなかったこともあり、騒動は自然と終息した。ディズニー側からの里中満智子への返信には模倣は否定しつつも、手塚治虫の業績を認め、手塚へ敬意を表する旨が記されていたという。なお、手塚は『バンビ (映画)』が日本で公開された1951年の翌年である1952年に『バンビ (童話)』の漫画化を手掛けている。ジャングル大帝 フレッシュアイペディアより)

  • 北秋田市

    北秋田市から見た矢口高雄矢口高雄

    かけるくん - 阿仁町イメージキャラクター、矢口高雄制作北秋田市 フレッシュアイペディアより)

  • 大田区

    大田区から見た矢口高雄矢口高雄

    矢口高雄 - 漫画家(過去に大田区在住。筆名は矢口渡駅に由来)大田区 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード