前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た梶原一騎

    読み切り作品を数作掲載の後1970年に銀行を退職し、妻と娘2人を郷里に残して単身上京、この際妻からは反対はなく、むしろ「早速東京に引っ越しね」と言われたという。『ガロ』の原稿料だけでは生活できず、長井に紹介された『週刊少年サンデー』で読み切り作品『鮎』が採用されメジャー誌デビューとなる。同年、梶原一騎原作の『おとこ道』を同誌で連載開始。当時30歳と漫画家としては遅めのスタートだったが、自身の趣味である釣りの経験を基にした『釣りキチ三平』(昭和版)を週刊少年マガジンで連載開始すると「釣り」ブームが巻き起こり、一躍人気作家となった。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た手塚治虫

    4歳の時に、母親に読み聞かせてもらった宮尾しげをの『西遊記』や田河水泡の『のらくろ』で漫画に接し、以来無類の漫画好きになる。特に手塚治虫の『流線型事件』『メトロポリス』に強い影響を受け、手塚が連載する漫画雑誌を買うために杉皮背負いのアルバイトで小遣いを稼ぐほどであった。また漫画を読む一方で自ら描く事にも興味を持ち、手持ちの漫画の模写をするようになり、手塚に手紙を出して、予想外の返事を受けて感激した。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た石ノ森章太郎

    同作の完結後は、野生生物や自然を題材とした中編作品の連載と並行して、自身の半生を年代順に自叙伝形式で描いた「オーイ!!やまびこ」「蛍雪時代」「9で割れ!!」の連載や、エッセイ「ボクの学校は山と川」「ボクの先生は山と川」の執筆・発売を行った。1989年に敬愛する手塚治虫が逝去すると、大いに悲嘆した。1995年には出身地の増田町で画業の功績を称えられ町営(現:横手市営)の「増田まんが美術館」が開館し名誉館長に就任。2003年には石ノ森章太郎と生前交わした約束から石ノ森萬画館の館長(2代目)を歴任。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た水木しげる

    中学生時代に生徒会長を務め、秋田県立増田高等学校を卒業後、地元の羽後銀行(現在の北都銀行)に入行、その縁から合併直前の時期には釣りキチ三平が同行のキャラクターとなっていた。当初は銀行員としての仕事をこなすので精一杯であったが、ある日、同僚が読んでいた『ガロ』に強い影響を受け、再び漫画を描き始める。1966年頃から漫画誌の編集部へ自作品の投稿を繰り返すが、よい返事はなかった。1968年の夏期休暇で上京し、『ガロ』の編集部へ落選した原稿を改めて持ち込み批評を頼むと、編集長である長井勝一から「絵がヘタである」と否定的な評価を得る。この時水木しげるの職場に案内されるが、水木は矢口の漫画を高く評価、池上遼一、つげ義春ら水木プロの面々からも様々なアドバイスを受ける。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た日本テレビ放送網

    2000年11月26日 『遠くへ行きたい』「第1526回 矢口高雄 奥能登 潮騒遥か魚三昧(石川県 輪島市?珠洲市)」 (日本テレビ矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た笠倉出版社

    トキ(1976年笠倉出版社刊、2011年3月に復刊ドットコムから単行本として復刊)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た講談社

    矢口高雄『ボクの手塚治虫』講談社文庫 (1994年、講談社、ISBN 4061855824)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た東映

    1987年 『イタズ 熊』(東映) 警察署長 役矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た釣り

    自然の中での生活をテーマにした作品を描き、代表作の『釣りキチ三平』、『幻の怪蛇バチヘビ』で、釣りとツチノコブームを起こした。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た毎日新聞社

    オーイ!!やまびこ(1988年-1990年 毎日中学生新聞、毎日新聞社から単行本化・講談社文庫) - 漫画家デビュー前の経緯を描いた「昭和三部作」の一つ。子供時代を描いた自伝的な作品矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード