60件中 11 - 20件表示
  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たACジャパン

    1982年 「ひとりから、みんなへ」 公共広告機構(現ACジャパン矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た2009年

    2009年 - 平成21年度地域文化功労者 表彰矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たメディアファクトリー

    LOVE FISH三平クラブ(1998年-1999年 コミックアルファ(メディアファクトリー))矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た双葉社

    バスボーイQ(1999年-2002年 Crazy Bass(双葉社から刊行されていたバスフィッシング雑誌))矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た羽後銀行

    中学生時代に生徒会長を務め、秋田県立増田高等学校を卒業後、地元の羽後銀行(現在の北都銀行)に入行。当初は銀行員としての仕事をこなすので精一杯であったが、休日に川釣りに嵩じたり描画の練習に打ち込むようになる。1966年頃から漫画誌の編集部へ自作品の投稿を繰り返すが良い返事は無かった。1968年の夏期休暇で上京し、『ガロ』の編集部へ落選した原稿を改めて持ち込み批評を頼むと、編集長である長井勝一から駄目出しを喰らうも水木しげるを紹介され、当人や水木プロの面々から執筆上のアドバイスを受けて帰郷。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た毎日新聞社

    オーイ!!やまびこ(1988年-1990年 毎日中学生新聞、毎日新聞社から単行本化・講談社文庫)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た釣りキチ三平

    自然の中での生活をテーマにした作品を描き、代表作の『釣りキチ三平』、『幻の怪蛇バチヘビ』で、釣りとツチノコブームを起こした。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た週刊少年マガジン増刊号

    9で割れ!(1993年-1995年 小説中公,2008-2009年に未完部分を平成版 釣りキチ三平で書き下ろし連載し完結。講談社文庫版で纏められた。)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た週刊少年マガジン

    しかしながら原作付き作品は不人気というジンクスが付きまとったため、自作のシナリオへと転換する。特に自身の趣味である釣りの経験を基にした『釣りキチ三平』(昭和版)を週刊少年マガジンで連載開始すると「釣り」ブームが巻き起こり、一躍として人気作家となった。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た講談社文庫

    オーイ!!やまびこ(1988年-1990年 毎日中学生新聞、毎日新聞社から単行本化・講談社文庫矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード