60件中 21 - 30件表示
  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た週刊少年サンデー

    読み切り作品を数作掲載の後1970年に銀行を退職し、家族を郷里に残して単身上京。程なくして週刊少年サンデーで読み切り作品『鮎』の掲載によりプロデビューとなる。当時30歳と当時の漫画家としては遅めのスタートだった。ペンネームは初連載作品である『おとこ道』の原作者 梶原一騎の発案によるもので、居住地の最寄り駅である大田区矢口渡駅から抜き出した。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た横手市

    秋田県雄勝郡西成瀬村(後の平鹿郡増田町、現・横手市増田町)生まれ。町の中心部から20km離れた山村に生まれ、自然に囲まれて育つ。この子供時代の生活が、後に漫画の題材となった。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た矢口渡駅

    読み切り作品を数作掲載の後1970年に銀行を退職し、家族を郷里に残して単身上京。程なくして週刊少年サンデーで読み切り作品『鮎』の掲載によりプロデビューとなる。当時30歳と当時の漫画家としては遅めのスタートだった。ペンネームは初連載作品である『おとこ道』の原作者 梶原一騎の発案によるもので、居住地の最寄り駅である大田区矢口渡駅から抜き出した。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た大田区

    読み切り作品を数作掲載の後1970年に銀行を退職し、家族を郷里に残して単身上京。程なくして週刊少年サンデーで読み切り作品『鮎』の掲載によりプロデビューとなる。当時30歳と当時の漫画家としては遅めのスタートだった。ペンネームは初連載作品である『おとこ道』の原作者 梶原一騎の発案によるもので、居住地の最寄り駅である大田区矢口渡駅から抜き出した。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た秋田県立増田高等学校

    中学生時代に生徒会長を務め、秋田県立増田高等学校を卒業後、地元の羽後銀行(現在の北都銀行)に入行。当初は銀行員としての仕事をこなすので精一杯であったが、休日に川釣りに嵩じたり描画の練習に打ち込むようになる。1966年頃から漫画誌の編集部へ自作品の投稿を繰り返すが良い返事は無かった。1968年の夏期休暇で上京し、『ガロ』の編集部へ落選した原稿を改めて持ち込み批評を頼むと、編集長である長井勝一から駄目出しを喰らうも水木しげるを紹介され、当人や水木プロの面々から執筆上のアドバイスを受けて帰郷。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たガロ (雑誌)

    中学生時代に生徒会長を務め、秋田県立増田高等学校を卒業後、地元の羽後銀行(現在の北都銀行)に入行。当初は銀行員としての仕事をこなすので精一杯であったが、休日に川釣りに嵩じたり描画の練習に打ち込むようになる。1966年頃から漫画誌の編集部へ自作品の投稿を繰り返すが良い返事は無かった。1968年の夏期休暇で上京し、『ガロ』の編集部へ落選した原稿を改めて持ち込み批評を頼むと、編集長である長井勝一から駄目出しを喰らうも水木しげるを紹介され、当人や水木プロの面々から執筆上のアドバイスを受けて帰郷。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た平鹿郡

    秋田県雄勝郡西成瀬村(後の平鹿郡増田町、現・横手市増田町)生まれ。町の中心部から20km離れた山村に生まれ、自然に囲まれて育つ。この子供時代の生活が、後に漫画の題材となった。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た家の光協会

    新おらが村(1988年-1990年 地上(家の光協会))矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た雄勝郡

    秋田県雄勝郡西成瀬村(後の平鹿郡増田町、現・横手市増田町)生まれ。町の中心部から20km離れた山村に生まれ、自然に囲まれて育つ。この子供時代の生活が、後に漫画の題材となった。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た復刊ドットコム

    トキ(1976年笠倉出版社刊、2011年3月に復刊ドットコムから単行本として復刊)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード