68件中 41 - 50件表示
  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たKCデラックス

    釣りキチ三平 平成版(2001年-、矢口作品のみを掲載したプライベートコミック雑誌『平成版 釣りキチ三平』(名目上 週刊少年マガジン増刊号扱い)で連載後、KCデラックスから単行本化される。)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たビッグコミック

    激濤 Magnitude 7.7(1989年-1990年 ビッグコミック矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た生徒会

    中学生時代に生徒会長を務め、秋田県立増田高等学校を卒業後、地元の羽後銀行(現在の北都銀行)に入行、その縁から合併直前の時期には釣りキチ三平が同行のキャラクターとなっていた。当初は銀行員としての仕事をこなすので精一杯であったが、ある日、同僚が読んでいた『ガロ』に強い影響を受け、再び漫画を描き始める。1966年頃から漫画誌の編集部へ自作品の投稿を繰り返すが、よい返事はなかった。1968年の夏期休暇で上京し、『ガロ』の編集部へ落選した原稿を改めて持ち込み批評を頼むと、編集長である長井勝一から「絵がヘタである」と否定的な評価を得る。この時水木しげるの職場に案内されるが、水木は矢口の漫画を高く評価、池上遼一、つげ義春ら水木プロの面々からも様々なアドバイスを受ける。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た日本漫画家協会賞

    1976年 - 第5回日本漫画家協会賞大賞受賞(『マタギ』)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た石ノ森萬画館

    同作の完結後は、野生生物や自然を題材とした中編作品の連載と並行して、自身の半生を年代順に自叙伝形式で描いた「オーイ!!やまびこ」「蛍雪時代」「9で割れ!!」の連載や、エッセイ「ボクの学校は山と川」「ボクの先生は山と川」の執筆・発売を行った。1989年に敬愛する手塚治虫が逝去すると、大いに悲嘆した。1995年には出身地の増田町で画業の功績を称えられ町営(現:横手市営)の「増田まんが美術館」が開館し名誉館長に就任。2003年には石ノ森章太郎と生前交わした約束から石ノ森萬画館の館長(2代目)を歴任。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た講談社漫画賞

    1974年 - 第4回講談社出版文化賞 児童まんが部門受賞(『釣りキチ三平』、『幻の怪蛇バチヘビ』)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たガロ (雑誌)

    中学生時代に生徒会長を務め、秋田県立増田高等学校を卒業後、地元の羽後銀行(現在の北都銀行)に入行、その縁から合併直前の時期には釣りキチ三平が同行のキャラクターとなっていた。当初は銀行員としての仕事をこなすので精一杯であったが、ある日、同僚が読んでいた『ガロ』に強い影響を受け、再び漫画を描き始める。1966年頃から漫画誌の編集部へ自作品の投稿を繰り返すが、よい返事はなかった。1968年の夏期休暇で上京し、『ガロ』の編集部へ落選した原稿を改めて持ち込み批評を頼むと、編集長である長井勝一から「絵がヘタである」と否定的な評価を得る。この時水木しげるの職場に案内されるが、水木は矢口の漫画を高く評価、池上遼一、つげ義春ら水木プロの面々からも様々なアドバイスを受ける。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た雄勝郡

    秋田県雄勝郡西成瀬村(後の平鹿郡増田町、現・横手市増田町)生まれ。町の中心部から20km離れた山村に生まれ、自然に囲まれて育つ。この子供時代の生活が、後に漫画の題材となった。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た復刊ドットコム

    トキ(1976年笠倉出版社刊、2011年3月に復刊ドットコムから単行本として復刊)矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たブログ

    2001年から『釣りキチ三平 平成版』を連載していたが気力、体力の限界から筆を置き未完となっている。また、2003年4月からは自身の公式ホームページ上で、身の回りの出来事をエッセイ風に綴る日記(ブログ)「矢口高雄の独り言」を掲載している。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード