68件中 51 - 60件表示
  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たコミックアルファ

    LOVE FISH三平クラブ(1998年-1999年 コミックアルファ(メディアファクトリー))矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た西遊記

    4歳の時に、母親に読み聞かせてもらった宮尾しげをの『西遊記』や田河水泡の『のらくろ』で漫画に接し、以来無類の漫画好きになる。特に手塚治虫の『流線型事件』『メトロポリス』に強い影響を受け、手塚が連載する漫画雑誌を買うために杉皮背負いのアルバイトで小遣いを稼ぐほどであった。また漫画を読む一方で自ら描く事にも興味を持ち、手持ちの漫画の模写をするようになり、手塚に手紙を出して、予想外の返事を受けて感激した。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た私の本棚

    矢口が書いたエッセイ集の「ボクの学校は山と川」(単行本初版1987年(昭和62年)9月)「ボクの先生は山と川」は発売されるや教育関係者の注目を浴びるところとなった。まずNHKラジオ第一の朗読番組「私の本棚」に採用され、毎日15分間、12回に渡って朗読放送された。続いて「ボクの学校は山と川」は全国学校図書館協議会主催の第34回青少年読書感想文全国コンクールの高校生の課題図書に選定された。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た漫画家

    矢口 高雄(やぐち たかお 1939年10月28日 - )は、日本の漫画家、エッセイスト。株式会社矢口プロダクション代表取締役。本名、高橋 高雄(たかはし たかお 戸籍上は「高」が異体字で?橋 ?雄)。血液型A型。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た日本

    矢口 高雄(やぐち たかお 1939年10月28日 - )は、日本の漫画家、エッセイスト。株式会社矢口プロダクション代表取締役。本名、高橋 高雄(たかはし たかお 戸籍上は「高」が異体字で?橋 ?雄)。血液型A型。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た随筆

    同作の完結後は、野生生物や自然を題材とした中編作品の連載と並行して、自身の半生を年代順に自叙伝形式で描いた「オーイ!!やまびこ」「蛍雪時代」「9で割れ!!」の連載や、エッセイ「ボクの学校は山と川」「ボクの先生は山と川」の執筆・発売を行った。1989年に敬愛する手塚治虫が逝去すると、大いに悲嘆した。1995年には出身地の増田町で画業の功績を称えられ町営(現:横手市営)の「増田まんが美術館」が開館し名誉館長に就任。2003年には石ノ森章太郎と生前交わした約束から石ノ森萬画館の館長(2代目)を歴任。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見たしんぶん赤旗

    蛍雪時代(1993年-1995年 しんぶん赤旗日曜版、講談社から単行本・講談社文庫化) - 漫画家デビュー前の経緯を描いた「昭和三部作」の一つ。中学校時代を描いた自伝的な作品矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た週刊モーニング

    劇的十二支考(1983年-1984年 コミックモーニング矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た自叙伝

    同作の完結後は、野生生物や自然を題材とした中編作品の連載と並行して、自身の半生を年代順に自叙伝形式で描いた「オーイ!!やまびこ」「蛍雪時代」「9で割れ!!」の連載や、エッセイ「ボクの学校は山と川」「ボクの先生は山と川」の執筆・発売を行った。1989年に敬愛する手塚治虫が逝去すると、大いに悲嘆した。1995年には出身地の増田町で画業の功績を称えられ町営(現:横手市営)の「増田まんが美術館」が開館し名誉館長に就任。2003年には石ノ森章太郎と生前交わした約束から石ノ森萬画館の館長(2代目)を歴任。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口高雄

    矢口高雄から見た増田町 (秋田県)

    秋田県雄勝郡西成瀬村(後の平鹿郡増田町、現・横手市増田町)生まれ。町の中心部から20km離れた山村に生まれ、自然に囲まれて育つ。この子供時代の生活が、後に漫画の題材となった。矢口高雄 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「矢口高雄」のニューストピックワード