前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
504件中 1 - 10件表示
  • 日本武道館における公演

    日本武道館における公演から見た矢沢永吉矢沢永吉

    武道館でコンサートを開催したアーティストは、大きな色紙にサインをする。100以上の公演を行ったアーティストは、金色の色紙にサインをすることが許され、事務所に掲げられている。これまでに、矢沢永吉、松田聖子、藤井フミヤ(チェッカーズ時代を含む)の3組しかいない(2014年10月現在)。日本武道館における公演 フレッシュアイペディアより)

  • SA (バンド)

    SA (バンド)から見た矢沢永吉矢沢永吉

    2012年現メンバーとなって10周年。1月21日、恵比寿リキッドルームにて「SWEET LITTLE FLAMES TOUR」ファイナル(2月にスペースシャワーTV「モンスターロック」にてオンエア)。当日は、リキッドルーム2Fアトリエにて、撮影チームINSTANT SOULによる「SAフォトギャラリー」開催。3月9日〜4月のタワーレコード「No Music, No Life.」のポスターに起用される。併せて、3月にタワーレコード限定シングル『NO MUSIC, NO LIFE.』を3000枚限定で発表(完売)。3月某日、MV「誰かのROCK AND ROLL」撮影のため、新宿駅前にて路上ゲリラライブ決行。4月20日からNAOKIがメインMCを務めるタワーレコードUstream音楽番組「NAOKI(SA)のBar ボイラールーム」の生配信スタート(毎月1回不定期生配信)。6月、SWEET LITTLE FLAMES TOURファイナルの完全ノーカットDVD『6, 4, 2&1×10』リリース。同年から、かつて展開していた少数精鋭による対バン自主企画「BIG TOP」を復活し、3月には怒髪天とTHE BOHEMIANS、6月にはTHE MACKSHOWと対バン、9月にはザ50回転ズを対バンとして誘い、BIGTOP番外編・全国ロックンロール行脚「日本全国かかってこいや!ツアー」を全国7カ所で開催。5月、「MAVERICK KITCHEN VOL.4」、6月、岩手県大槌町で開催された「おおつちありがとうロックフェスティバル」出演。6?7月、全国10カ所ツアー「ALL MASTER BEATS 2012」展開。7月21日、北海道の大型野外ロックフェスティバル「JOIN ALIVE」に出演。また、8月1日リリースの矢沢永吉デビュー40周年アルバム『Last Song』に、TAISEIが馬渕太成名義で歌詞提供。全11曲収録中、5曲を担当。そのなかの「IT'S UP TO YOU!」は、MVに採用されているほか、同年5月にNHK総合で生放送された 東京スカイツリーのこけら落としライブ、同年の「第63回NHK紅白歌合戦」にて矢沢永吉が歌唱。10月、「ECHOES2012」出演。同月、タワーレコード新宿店14th BIRTHDAY×SA10周年記念企画「境界突破の感謝祭!!」を10周年記念料金の1000円で開催。11月に6曲収録の10周年記念ミニアルバム『境界突破のラプソディ』を発表。11月?13年1月、リリースツアー「RUN SA RUN 2012-2013」を全国10カ所11公演実施。SA (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • AXIA

    AXIAから見た矢沢永吉矢沢永吉

    1989年、ビデオテープにも「AXIA」ブランドを導入(「DCシリーズ」(DC Hi-Fi、S-VHS DCなど)。「FUJI」ブランドと併用)。映像記録に適した特性を持つ磁性体を上層に、音声記録に適した磁性体を下層に塗り重ねる「ダブルコーティング」技術を開発。「AXIA」ブランドのコンパクトカセット、および「FUJI」ブランドのビデオテープやコンパクトカセットにも転用した。コンパクトカセットの場合は中・低域に適した磁性体と高域に適した磁性体を重ねていた。なお、ビデオテープのCMにはロック歌手の矢沢永吉を起用した(一方、「FUJI」ブランドのビデオテープのCMにはお笑いコンビのとんねるずが起用されていた)。こうしたAXIAダブルコーティングビデオカセットはバンダイビジュアルの映像ソフト(主にテレビシリーズのうる星やつら、めぞん一刻、機動警察パトレイバーシリーズ等)に採用されていた。ちなみに機動警察パトレイバーの初期OVAシリーズ(※現在で云う所の「アーリーデイズ」)のレンタル版とセル版VHSソフトに、アニメーションAパートとBパートの間に当時のAXIA PS-IIxシリーズのパトレイバーオリジナルアニメーションCM(35秒)が挿入されている。この「AXIA PS-IIxオリジナルCM」を挿入する事によって当時一般的に高価格だったVHSソフト(1本当り1万円前後)を画期的な4800円台の価格まで下げたと同時に若者層へのAXIAブランドの認知効果に寄与した。AXIA フレッシュアイペディアより)

  • 加藤ひさし

    加藤ひさしから見た矢沢永吉矢沢永吉

    ザ・コレクターズで楽曲を制作するほか、矢沢永吉の詞を手がけるなど、作詞家・作曲家としての提供作も多数。加藤ひさし フレッシュアイペディアより)

  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見た矢沢永吉矢沢永吉

    番組プロデューサーがシークレットゲストの出演を発表。複数のメディアが矢沢永吉の出演を報じた。第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た矢沢永吉矢沢永吉

    小田和正が、1982年に"日本グラミー賞"を作ろうと奔走し、六本木で拓郎やユーミンや矢沢永吉、さだまさしらを集めて飲み会をした時、加藤が「拓郎は生意気なのは許せるけど松山千春が生意気なのは許せない」と怒って帰ったというエピソードがある。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た矢沢永吉矢沢永吉

    ドキュメンタリー番組で武道館のリハーサルのステージに立った矢沢永吉博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井重里

    糸井重里から見た矢沢永吉矢沢永吉

    1978年、矢沢永吉の自伝本『成りあがり』の構成と編集を手掛ける。同書はベストセラーを記録した。糸井重里 フレッシュアイペディアより)

  • YES (矢沢永吉のアルバム)

    YES (矢沢永吉のアルバム)から見た矢沢永吉矢沢永吉

    『YES』(イエス)は矢沢永吉のアルバム。YES (矢沢永吉のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 翁長裕

    翁長裕から見た矢沢永吉矢沢永吉

    1985年 矢沢永吉『TAKE IT TIME』P.V にて自身初演出翁長裕 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
504件中 1 - 10件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード