401件中 11 - 20件表示
  • 本田速人

    本田速人から見た矢沢永吉矢沢永吉

    使用する白バイは回転灯を片側だけ外した CB750Four で、エンジンをノーマルの 749cc から輸出車の 900cc のエンジンへの換装(載せ換えられたのは当時輸出していた CB900F のエンジンと思われる)や取り付けたカーステレオで矢沢永吉の曲を聴いている。VFR750/800PやGSF1200Pが現行の白バイであり、乙姫菜々などの交通機動隊員は上記に示したバイクに載っているが、本田は連載当初からCB750Fourのままである。ちなみに、元暴走族「関東男連合」のリーダー(初代総長)で、Z2に乗っていた事から「Z本田」という異名をもつ。なお愛車は CBX1000 (初期)と現在ではホンダ車ではないが、GSX1300Rハヤブサを所有し、なお、ハヤブサについては年式的には300km規制の始まる直前の00モデルであり、ヨシムラ製及びデビル製のマフラーへの交換(スリップオンサイレンサーのみかも知れない)がされており、現在では痛単車になっている(他にも、様々なバイクの部品を組み合わせたカスタムバイク他、複数の所有車があるらしい)。最近バイク以外の乗り物で軽自動車(ホンダ・バモスホビオ)を所有している。サーフボードが屋根につけていて「HAWAII」のロゴとヤシの樹が側面に描かれている。本田速人 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤ひさし

    加藤ひさしから見た矢沢永吉矢沢永吉

    矢沢永吉の詞を手がけるなど、作詞家・作曲家としての提供作も多数。加藤ひさし フレッシュアイペディアより)

  • BDZ

    BDZから見た矢沢永吉矢沢永吉

    2007年のCMは矢沢永吉を起用。ハイビジョンテレビで標準画質のDVDを見るのは「もったいない」と訴求する大胆なCMが大きな話題を集め、『めちゃ?イケてるッ!』の番組宣伝でパロディが製作されるほどだった。のちに同社のBRAVIAでも同様のCMが展開された。BDZ フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の音楽

    1977年の音楽から見た矢沢永吉矢沢永吉

    8月26日 - 矢沢永吉が日本武道館で単独公演。1977年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 淺野勝盛

    淺野勝盛から見た矢沢永吉矢沢永吉

    '92年ヤマハミュージッククエスト茨城大会でグランプリとベストギターリスト賞を獲得。これがきっかけでノブ&フッキーの所属するサウンドアートに所属。イベント、パーティー、ライブハウスで演奏の日々を過ごす。25歳の時に事務所の紹介で矢沢永吉さんの物まねタレント永雅美のバックバンドになり全国のイベント等で演奏。ちょうどこの頃、新宿モノマネ館「キサラ」にも出演。家庭の事情もあり上京が出来なかった25歳、メンバーと話し合いバンド解散。一人で上京。淺野勝盛 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た矢沢永吉矢沢永吉

    紅白いずれにも属さない「特別枠」の設定が発表された。矢沢永吉や竹内まりやら、『SONGS』出演経験者がこの枠で出場するのではないかと一部メディアに報じられたが、実際には小椋佳が選ばれた(小椋は1993年・第44回にも出場歌手とは別扱いの出演をしている)。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • SADS

    SADSから見た矢沢永吉矢沢永吉

    そうしたトラブルを乗り越え、シングル「PORNO STAR」(オリコン初登場5位)、「APPETIZING 4 SONGS EP」(オリコン初登場9位)、そして3rdアルバム『THE ROSE GOD GAVE ME』(オリコン初登場5位)をリリースし、ツアー「"THE STAR STRIP"」(シークレットライブ2本含め、全国31会場32公演)に突入する。同ツアーの栃木公演では、清春と昵懇の間柄であるT.M.Revolutionの西川貴教が登場するサプライズがあった。また最終公演「"THE STAR STRIP"FINAL」では日本武道館での公演を果たす。THE MODS、矢沢永吉のトリビュートアルバムにも参加するなどバンドとして充実した一年であった。SADS フレッシュアイペディアより)

  • 刑事貴族

    刑事貴族から見た矢沢永吉矢沢永吉

    また音楽も英詞の楽曲を使用したり、インストも『あぶない刑事』以降のフュージョンを多用したおしゃれな楽曲が多く、エンディングテーマも舘、郷はもちろん、矢沢永吉、織田哲郎、鈴木雅之など、アーバンかつワイルドな雰囲気の持つアーティストの楽曲を起用し、そのような細かいところでのこだわりが作品のスタイリッシュなディテールを際立たせた。刑事貴族 フレッシュアイペディアより)

  • 望月誠人

    望月誠人から見た矢沢永吉矢沢永吉

    1994年:松岡直也、福山雅治、矢沢永吉コンサートツアー望月誠人 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストテン

    ザ・ベストテンから見た矢沢永吉矢沢永吉

    番組スポンサーの1社が日立製作所だったにもかかわらず、シャネルズの「ランナウェイ」(パイオニアのラジカセ『ランナウェイ』CMソング)や徳永英明の「風のエオリア」(松下電器産業のエアコン『エオリア』CMソング)、Winkの「淋しい熱帯魚」(パナソニックのヘッドホン・ステレオ『Sタイプ』CMソング)といったライバルメーカーのタイアップ曲がランクインしても、タイトルや歌詞を差し替えたりすることはなかった。しかしやはりスポンサーであるキリンビールに配慮し矢沢永吉の「THIS IS A SONG FOR COCA-COLA」(当時のコカ・コーラ社のCMソング)に限っては、ライバル社の社名を含むタイトルを表記できず、レコード売り上げランキングでは「(C.M.SONG)」と紹介された。「今週の20位から11位まで」のコーナー自体しばらく休止となった。また、番組スポンサーではない企業のCMソング(特に資生堂やカネボウのような化粧品メーカーのCMソングが多かった)も番組内でランクインされていた。ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

401件中 11 - 20件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード