401件中 21 - 30件表示
  • 横浜国際総合競技場

    横浜国際総合競技場から見た矢沢永吉矢沢永吉

    9月15日 - 矢沢永吉が、50歳バースデー・ライブ「TONIGHT THE NIGHT!」を開催(音楽イベントの利用は、ワールドカップの後に再開)。横浜国際総合競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園球場

    後楽園球場から見た矢沢永吉矢沢永吉

    コンサートでも数多く利用され、日本初のスタジアムライブとなった1968年(昭和43年)8月12日のザ・タイガース公演を端緒として、西城秀樹、矢沢永吉、アリス、キャンディーズ、ピンク・レディー、たのきんトリオなどの国内アーティストの他、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、フリー、グランド・ファンク・レイルロード、サイモン&ガーファンクル、マイケル・ジャクソン、マドンナ、スティーヴィー・ワンダー、デュラン・デュラン、ライオネル・リッチー、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなどの欧米のスーパースターが大規模コンサートを行ない、コンサート以外でも日本テレビの「アメリカ横断ウルトラクイズ」などの巨大イベントで使用された。また太平洋戦争が開戦された際には在京新聞8社の主催で「米英撃滅国民大会」が挙行されている。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 大津あきら

    大津あきらから見た矢沢永吉矢沢永吉

    大学卒業後もつかこうへい劇団での劇伴を中心とした音楽活動を継続していた(このころ、つかこうへい劇団に所属していた女優の根岸季衣と結婚している)が、1982年に中村雅俊に提供した『心の色』がヒット(第15回日本作詞大賞・大衆賞を受賞)し、これをきっかけにして本格的に作詞家としての活動を始める。以後、中村の他、高橋真梨子・矢沢永吉・中森明菜をはじめとする数多くのミュージシャンに歌詞を提供した。特撮番組・アニメ番組の主題歌の作詞も多く手がけている。また、早梨絵、走水ゆうのペンネームも持つ。大津あきら フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンパイア (ゲーム)

    ヴァンパイア (ゲーム)から見た矢沢永吉矢沢永吉

    当初はセガサターン版と同時期に発売が発表されたものの、開発が遅れ、セガサターンで続編である『ハンター』が発売された約1ヶ月後に発売となった。セガサターン版と同じくVSモードが追加されているが、メモリーカードには対応しておらず、オプション設定の項目数も非常に少ない。セガサターン版と同様に、アニメパターンを削減する代わりに似た動作へ差し替えて枚数を節約するという方式を取っているが、一部のステージでは処理落ちも発生した。本作のみの要素として、矢沢永吉の楽曲「THE TROUBLE MAN」が流れる新規のオープニングムービーが追加され、エンディングのスタッフロールは同じく矢沢永吉の「THE RAIN」が流れる独自のものに変更されている。なお、アーケード版同様、通常ではボスキャラのフォボス、パイロンは使用できない。ヴァンパイア (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

    ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記から見た矢沢永吉矢沢永吉

    主題歌は矢沢永吉が手がけた。武田鉄矢が関わらなくなった今作以降、映画ドラえもんの主題歌は、他のアニメ映画と同様にタイアップ要素が濃くなっている。また武田の勇退と同時に、本作をもって菊池俊輔は劇場映画の音楽担当を降板し、以後テレビシリーズのみを担当している。なお武田は後の2010年公開作品『のび太の人魚大海戦』にて再び挿入歌を担当することになる。ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対無敵ライジンオー

    絶対無敵ライジンオーから見た矢沢永吉矢沢永吉

    陽昇学園校長。地球防衛組の良き理解者。理不尽な者には毅然とした態度を取り、防衛隊長官でさえ威圧したほど。拳法の達人で、龍尾脚でヤクザを倒したこともある。イギリスに留学した経験がある。名前のモデルは、矢沢永吉。その事もあってか、学校で飼っていて一緒にいることが多いヤギの名前はキャロルである。第13話冒頭の時代劇にはよく似た御隠居が登場している。絶対無敵ライジンオー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋研

    高橋研から見た矢沢永吉矢沢永吉

    1981年の「さよならロンリネス」を最後に一時音楽業界から離れるが、1983年、ALFEEの「メリーアン」の作詞を切っ掛けに楽曲提供を始め、おニャン子クラブや矢沢永吉、中村あゆみ、VOW WOW、川村かおり、加藤いづみなど多くのアーティストへの楽曲提供、プロデュースなどを務める。2005年、音楽活動25周年記念LIVE「二十五」を行い、DVDおよびCDとしてもリリースされた。高橋研 フレッシュアイペディアより)

  • 広島弁

    広島弁から見た矢沢永吉矢沢永吉

    かばち:文句。屁理屈や生意気であるといったニュアンスを含む。本来は、平面であるべきところに段差や食い違いができている状態を指す、大工の符牒。年配の広島人は現在でも「風呂のかばち」といったように、段差の意味でも使用している。「じゃけん/じゃけえ」などとともに代表的な広島弁の一つ。「かばち(ょ)ぉたれな!/かばちゅぅーたれんな!(文句を言うな!)」などと用い、「かばち」の「ち」と「を」が繋がって、「ちょぉ/ちゅぅ」というように発音する。テレビドラマにもなった漫画『カバチタレ!』や矢沢永吉、1980年のアルバムタイトル『KAVACH』は、この言葉からの命名。広島弁 フレッシュアイペディアより)

  • RCサクセション

    RCサクセションから見た矢沢永吉矢沢永吉

    当時唯一の活動と言ってもよかったのが他のミュージシャン(矢沢永吉、井上陽水等)の前座であったが、メインアクト目当てで来ている観客からは「クソッタレ」「早く消えろ」等の罵声を浴びせられることが少なくなかった。矢沢永吉の前座で出演した際にはRCが登場するやいなや観客から「帰れ」コールが浴びせられたため、忌野が客をからかって「矢沢B吉でーす。永ちゃんはいま楽屋でクソしてるんで僕らがやりまーす」と発言。客席は大混乱となり、演奏中絶えず「死ね」など怒号のような野次を喰らう。RCサクセション フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR

    オリエンタルラジオのオールナイトニッポンRから見た矢沢永吉矢沢永吉

    中田のマイブームである矢沢永吉、薬師丸ひろ子の魅力を探るため、情報を収集している。オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR フレッシュアイペディアより)

401件中 21 - 30件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード