504件中 31 - 40件表示
  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た矢沢永吉矢沢永吉

    紅白いずれにも属さない「特別枠」の設定が発表された。矢沢永吉や竹内まりやら、『SONGS』出演経験者がこの枠で出場するのではないかと一部メディアに報じられたが、実際には小椋佳が選ばれた(小椋は第44回(1993年)にも出場歌手とは別扱いの出演をしている)。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • キャロル (バンド)

    キャロル (バンド)から見た矢沢永吉矢沢永吉

    矢沢永吉(ベース・ボーカル) リーダー:広島県広島市出身。キャロル (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の音楽

    1977年の音楽から見た矢沢永吉矢沢永吉

    8月26日 - 矢沢永吉が日本武道館で単独公演。1977年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンパイア (ゲーム)

    ヴァンパイア (ゲーム)から見た矢沢永吉矢沢永吉

    当初はセガサターン版と同時期に発売が発表されたものの、開発が遅れ、セガサターンで続編である『ハンター』が発売された約1ヶ月後に発売となった。セガサターン版と同じくVSモードが追加されているが、メモリーカードには対応しておらず、オプション設定の項目数も非常に少ない。セガサターン版と同様に、アニメパターンを削減する代わりに似た動作へ差し替えて枚数を節約するという方式を取っているが、一部のステージでは処理落ちも発生した。本作のみの要素として、矢沢永吉の楽曲「THE TROUBLE MAN」が流れる新規のオープニングムービーが追加され、エンディングのスタッフロールは同じく矢沢永吉の「THE RAIN」が流れる独自のものに変更されている。なお、アーケード版同様、通常ではボスキャラクターのフォボス、パイロンは使用できない。ヴァンパイア (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た矢沢永吉矢沢永吉

    1976年4月21日にアルバム『生まれたところを遠く離れて』とシングル「路地裏の少年」でソロデビュー。ソロ初ライブは同年4月5日、「渋谷屋根裏」。ロック志向の自身にとっては不本意ながら、予算の都合上、生ギター1本のスタイルで全国ライブ巡業を開始。直後に矢沢永吉のフィルムコンサートの前座を務めた。また、アイドル歌手時代の竹内まりやとジョイント・コンサートも行っている。また地方のバンドと合体してステージをこなしたり歌わせてもらえる所ならどこでも、レコード店の店頭はもちろん、スーパーマーケットの催し、果ては演歌の流しのようにバーのカウンターの中でも歌った。この頃の全国巡業での観客は数十人から数百人程度で、描いた夢には程遠かった。ソロ活動を行う浜田に前バンド仲間の町支寛二が合流、同年12月に愛奴は解散している。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 若林 正恭

    若林正恭から見た矢沢永吉矢沢永吉

    新宿区にあるショーパブ「そっくり館キサラ」を自らのホームと位置づけるほど、重要視している。最近では、地上波の番組出演が増えて来ているため、出番が少なくなりつつあるが、鍛錬のために月5日は出たいと思っている。ものまねのレパートリーは藤岡弘、や窪塚洋介、立川談志、長州小力、矢沢永吉、郷ひろみ、IKKOなど。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 刑事貴族

    刑事貴族から見た矢沢永吉矢沢永吉

    また音楽も英詞の楽曲やフュージョンを多用した楽曲が多く、エンディングテーマも舘、郷はもちろん、矢沢永吉、織田哲郎、鈴木雅之など、アーバンかつワイルドな雰囲気の持つアーティストの楽曲を起用し、そのような細かいところでのこだわりが作品のスタイリッシュなディテールを際立たせた。刑事貴族 フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園球場

    後楽園球場から見た矢沢永吉矢沢永吉

    コンサートでも数多く利用され、日本初のスタジアムライブとなった1968年(昭和43年)8月12日のザ・タイガース公演を端緒として、西城秀樹、矢沢永吉、アリス、キャンディーズ、ピンク・レディー、たのきんトリオなどの国内アーティストの他、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、フリー、グランド・ファンク・レイルロード、サイモン&ガーファンクル、マイケル・ジャクソン、マドンナ、スティーヴィー・ワンダー、デュラン・デュラン、ライオネル・リッチー、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなどの欧米のスーパースターが大規模コンサートを行ない、コンサート以外でも日本テレビの「アメリカ横断ウルトラクイズ」などの巨大イベントで使用された。また太平洋戦争が開戦された際には在京新聞8社の主催で「米英撃滅国民大会」が挙行されている。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

  • ナンシー関

    ナンシー関から見た矢沢永吉矢沢永吉

    1991年12月から『スタジオ・ボイス』で「ナンシー関の信仰の現場」連載。矢沢永吉のコンサート、キックボクシング会場、公団建売抽選などを取材した初めてのノンフィクション作品だったが、原稿料滞納を理由に13回で打ち切り。1993年、『野性時代』で連載再開、翌年7月『信仰の現場 すっとこどっこいにヨロシク』として刊行。毎回原稿用紙8ページという分量は彼女にとって厳しく、また視力も悪かったため自分は取材下手だと思ったという。ナンシー関 フレッシュアイペディアより)

  • RCサクセション

    RCサクセションから見た矢沢永吉矢沢永吉

    当時唯一の活動と言ってもよかったのが他のミュージシャン(矢沢永吉、井上陽水等)の前座であったが、メインアクト目当てで来ている観客からは「クソッタレ」「早く消えろ」等の罵声を浴びせられることが少なくなかった。矢沢永吉の前座で出演した際にはRCが登場するやいなや観客から「帰れ」コールが浴びせられたため、忌野が客をからかって「矢沢B吉でーす。永ちゃんはいま楽屋でクソしてるんで僕らがやりまーす」と発言。客席は大混乱となり、演奏中絶えず「死ね」など怒号のような野次を喰らう。RCサクセション フレッシュアイペディアより)

504件中 31 - 40件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード