504件中 41 - 50件表示
  • 広島弁

    広島弁から見た矢沢永吉矢沢永吉

    かばち:文句。屁理屈や生意気であるといったニュアンスを含む。本来は、平面であるべきところに段差や食い違いができている状態を指す、大工の符牒。年配の広島人は現在でも「風呂のかばち」といったように、段差の意味でも使用している。「じゃけん/じゃけえ」などとともに代表的な広島弁の一つ。「かばち(ょ)ぉたれな!/かばちゅぅーたれんな!(文句を言うな!)」などと用い、「かばち」の「ち」と「を」が繋がって、「ちょぉ/ちゅぅ」というように発音する。テレビドラマにもなった漫画『カバチタレ!』や、矢沢永吉の1980年のアルバムタイトル『KAVACH』は、この言葉からの命名。広島弁 フレッシュアイペディアより)

  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL

    ROCK IN JAPAN FESTIVALから見た矢沢永吉矢沢永吉

    新たに「WING TENT」が誕生、これからフェスでの活躍が期待される若手バンドが多数出演した。なかでも各日のトリを務めたRADWIMPS、音速ライン、チャットモンチーの3組は収容人数の倍に近い観客を動員した。初日はくるりがトリを務めた。その裏では前回のSOUND OF FORESTからいきなりLAKE STAGEのトリに抜擢されたマキシマムザホルモンが激しいライヴを披露した。2日目はCoccoがこのフェスでは初となる女性ヴォーカリストによるGRASS STAGEのトリを新旧の曲を揃えたセットリストで務め上げた。また、奥田民生がギター一本でライヴに挑むひとり股旅スタイルでGRASS STAGEに出演した(これまでもこのスタイルでの出演はあったがLAKE STAGEであった)。最終日は矢沢永吉が大トリを務め、昨年に続きメディアでも大きく取り上げられることとなった。しかし矢沢目当ての一部のファンの悪態ぶりが問題となり、矢沢の公式ウェブページでも謝罪文が出るまでに発展した。他にも初年度のTHE YELLOW MONKEY以来の出演となった吉井和哉はイエモン時代の曲を含めたライヴを披露、昨年出演キャンセルとなったスネオヘアーがリベンジを果たしDOPING PANDAがLAKE STAGEの動員記録を更新した。出演アーティストも113組と大幅に増加した。ROCK IN JAPAN FESTIVAL フレッシュアイペディアより)

  • マキタスポーツ

    マキタスポーツから見た矢沢永吉矢沢永吉

    クオリティーの高いパロディソング、ミュージシャンの思考形態の模写を得意とする。自身が得意とする「作詞作曲モノマネ」を始めた切っ掛けは、長渕剛が『長渕剛のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、ボブ・ディランや吉田拓郎のギターの弾き方の癖を分析し、彼らのマネをしてギターを弾いたのを聴いたのが始まり。そのため「長渕剛さんが自分の原点」とも語っている。そこから転じて長渕の「乾杯」とサザンオールスターズの「いとしのエリー」をマッシュアップした「いとしのエリーに乾杯」という両者の不仲説をモチーフにしたネタを披露したこともある。なお、桑田佳祐についても和洋折衷な音楽性を認める発言を著書でしており、後述の通りミュージックビデオへの出演経験もある。自称「ネタのできるミュージシャン」としてロックバンド「マキタ学級」としても活動。2006年、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』に出演、出演したステージは違ったが、同じ日に出演する矢沢永吉のモノマネを披露し、会場を笑いに包む。「上手すぎてブレイクできない芸人」と高田文夫に評価されている。2007年10月5日、6日と2日間に渡り、自ら「お笑いとロックの究極のフェス」と掲げる「マキタ学級大文化祭」を開催した。2009年当時は『イイYAZAWA』の名前で、矢沢永吉のモノマネで出演もしていた。マキタスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ゲームセンターCX

    ゲームセンターCXから見た矢沢永吉矢沢永吉

    矢沢永吉「逃亡者」(阿部浩一)(24時間生放送 阿部飯コーナー)ゲームセンターCX フレッシュアイペディアより)

  • 園田俊郎

    園田俊郎から見た矢沢永吉矢沢永吉

    GLAY、矢沢永吉、AKB48、SKE48、NMB48、ゴスペラーズ、Nissy、クリス・ハート、など数多くのミュージックビデオやCMを演出。園田俊郎 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

    爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルから見た矢沢永吉矢沢永吉

    オーディションで厳選した有名人の顔も声もそっくりなものまねタレントや素人が歌ものまねを披露するコーナー。本戦と同様で、全出場者が'と'に平等に分けられて、紅白2組(放送回によっては3組の場合あり)ずつ披露後に審査を行う。2001年12月25日の放送よりスタートした。行われる頻度は不定期だが、主に年末年始での放送で行われていた。「顔だけそっくりさん大集合」と同様で、コーナーの司会は“紅白マン”こと山口智充が務めていたが、山口が番組降板後は番組の司会者の今田・東野が継いでいる。後に、コーナーが人気で好評であることに伴い、『顔も声もご本人と一緒! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』と題して、このコーナーをメインとした番組として独立して不定期放送されていた。このコーナーにはこれまでに、北島三郎、美空ひばり、美川憲一、森進一、沢田研二、矢沢永吉、小田和正、松田聖子、中森明菜、浜崎あゆみなどのそっくりさんが度々出演して、ものまねを披露している。爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 古橋舞悠

    古橋舞悠から見た矢沢永吉矢沢永吉

    父親の影響で昭和の芸能文化に造詣があり、例えば「ザ・ドリフターズ」など往年の芸能を好む。特に矢沢永吉の大ファンであり、理想の男性像に挙げている。憧れの女性有名人では本田美奈子.、同業者では青明寺浦正(風男塾)、アイドリング!!!のメンバーでは菊地亜美・三宅ひとみなどを挙げている。敬愛するお笑いタレントは、事務所の先輩・クロちゃん(安田大サーカス)。古橋舞悠 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるず

    とんねるずから見た矢沢永吉矢沢永吉

    バラエティ以外で影響を受けた者としては矢沢永吉、アントニオ猪木、「傷だらけの天使」の萩原健一らが挙げられる。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • 救急戦隊ゴーゴーファイブ

    救急戦隊ゴーゴーファイブから見た矢沢永吉矢沢永吉

    巽兄妹の長男で、ゴーゴーファイブのリーダー。首都消防局のレスキュー隊員。漢字表記は纏。1975年1月21日生まれ、O型、矢沢永吉のファン。料理はカレーライスしか作れない。変身後のジャンプ力は40m、走力は4.6秒/100m。救急戦隊ゴーゴーファイブ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦 大輔

    三浦大輔から見た矢沢永吉矢沢永吉

    矢沢永吉の大ファン。リーゼントの髪型は矢沢からの影響で、プロに入ってすぐ矢沢の自伝『成りあがり』を読みポマードを買って髪を固めた。シーズンオフは皮のジャケットに身を包み、タオルを首に巻いて矢沢の日本武道館でのコンサートに足を運ぶ。数年前から長男も連れて行っているという。2016年の引退試合後に行われたセレモニーでは、矢沢本人からのVTRメッセージが流された。三浦大輔 フレッシュアイペディアより)

504件中 41 - 50件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード