前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示
  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た糸井重里

    自著伝第1弾「成りあがり」を出版。100万部を超える大ベストセラーとなる。ライターを糸井重里が担当し、糸井の出世作にもなった矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たミッキー・カーチスミッキー・カーチス

    デビュー時、内田裕也とミッキー・カーチスの二者から誘いを受けたが、内田に詫びを入れ、ミッキーを選ぶ。しかしこの際、金銭的に著しく不利な契約を長期で結んでしまったため、後にミッキーとは袂を分かつことになる。ミッキーのプロデュースにより日本フォノグラム(現・ユニバーサルミュージック)からシングル「ルイジアンナ」でデビュー(フジテレビ『リブ・ヤング!』)。ジョニー大倉のアイディアで革ジャンにリーゼントといったかつてのロカビリースタイルで登場。当時はフォークソングと歌謡曲中心でロックバンドが商業的に受け入られなかった音楽界に突如として現れ人気を博すこととなった。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たTOKIO

    2002年11月23日、フジテレビドラマにて放送、TOKIOの松岡昌宏が矢沢を演じる。ほぼ矢沢の著作に基づいて構成されており、出生から武道館での大声援でのライブパフォーマンスが描かれている。また、日本で初めて、革ジャンにリーゼント・サングラスのスタイルでテレビ出演を行い、全国放送されたエピソードが紹介されている。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た松岡昌宏

    2002年11月23日、フジテレビドラマにて放送、TOKIOの松岡昌宏が矢沢を演じる。ほぼ矢沢の著作に基づいて構成されており、出生から武道館での大声援でのライブパフォーマンスが描かれている。また、日本で初めて、革ジャンにリーゼント・サングラスのスタイルでテレビ出演を行い、全国放送されたエピソードが紹介されている。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たジョニー大倉

    矢沢が張り紙チラシで募集をかけ、ジョニー大倉・内海利勝・ユウ岡崎(この頃は別のドラム担当でユウ岡崎はデビュー後に参加)らとロックバンドCAROLを結成。ボーカルおよびベースギターを担当。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た小林武史

    7月20日、ap bank fesにサプライズ出演。スポーツクラブで偶然小林武史と遭遇し、その場で小林から出演のオファーを受けたことがきっかけとなって出演に至った。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た山本寛斎山本 寛斎

    3月に、パリで行われた山本寛斎のショーにCAROLが出演し、「ルイジアンナ」「ヘイ・タクシー」「憎いあの娘」を演奏。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た桑田佳祐

    桑田佳祐による「すべての歌に懺悔しな!!」騒動。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たロッド・スチュアート

    ロッド・スチュアートに影響を受けたというマイクスタンドを振り回す独特のアクションは「マイクターン」と呼ばれ、ライブでの見せどころの一つである。白い特製のマイクスタンドを使い、マイクは動かないように白いビニールテープで固定し、シールドコードも白色に統一してある。矢沢はソロデビュー当時からこのスタイルを貫いている。ステージ衣装も白のスーツを着用することが多く、ライブ中盤から終盤にかけて矢沢タオルを肩にかけて登場する。コンサート終盤には楽曲(「止まらないHa〜Ha」、「トラベリン・バス」等)に合わせてタオル投げが会場全体に起こるのも大きな特色の一つである。この「タオル投げ」は矢沢が客に強要したのではなく、客側から「トラベリン・バス」演奏時に自然発生で起こったのが最初であると矢沢自身「オシャレ30/30」の中で語っている。またいちはやく舞台装置にレーザー光線や可動式ライトなどを使用した。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たBOW WOW

    ヘヴィメタルバンド、BOW WOWのギタリスト、山本恭司がツアーに参加。カリスマ同士の競演で話題となる。以後矢沢のツアーに参加する機会が増える。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード