354件中 91 - 100件表示
  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たジョン・ボン・ジョヴィ

    ウェンブリー・スタジアム(英国ロンドン)で、エルヴィス・プレスリー没後20年を記念して行われたロックフェスティバル「songs and visions」にアジア代表として選ばれ、ロッド・スチュワート、ジョン・ボン・ジョヴィ、ロバート・パーマー、チャカ・カーン等と競演。世界60か国に放映されるが、ロッドから最初「矢沢? 知らないね」とコメントされる。しかしゲスト紹介とともに現れたYAZAWAのパフォーマンスを8万人の観衆は快く受け入れ、ロッド自身もエンディングでYAZAWAをステージ中央に呼ぶなどし、最後には楽屋裏で「君、うまいね。エルヴィスのナンバー最高だったよ。今度いっしょにツアーやろうぜ!」とまで言わしめたが、両者によるツアーは行われていない。この模様をNHKがドキュメント番組"Do You Know YAZAWA?"として制作、放送した。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た門倉有希

    ミュージシャンでは、藤井フミヤ、松本孝弘、横山剣、横山健、山本恭司、ギターウルフ、田島貴男、大友康平、高橋ジョージ、氷室京介、門倉有希、大木温之、増子直純、ヒダカトオル、ダイスケはん、上中丈弥、志磨遼平ら。文化人など著名人としては、橋下徹、舛添要一、徳光和夫、泉ピン子、モーリー・ロバートソン、リリー・フランキー、重松清、松本人志、石橋貴明、柳沢慎吾、中山秀征、吉田栄作、西村和彦、浅野忠信、井岡一翔、大場久美子、たかの友梨、出川哲朗、五味隆典、三浦大輔、金本浩二、ギタウ・ダニエル、古橋舞悠(アイドリング!!!)らが有名である。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た後藤次利

    CMソング「時間よ止まれ」が大ヒット、累計売上はミリオンセラーを記録した。同曲はバックバンドの一員として坂本龍一や高橋幸宏、後藤次利らが参加している。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たチャカ・カーン

    ウェンブリー・スタジアム(英国ロンドン)で、エルヴィス・プレスリー没後20年を記念して行われたロックフェスティバル「songs and visions」にアジア代表として選ばれ、ロッド・スチュワート、ジョン・ボン・ジョヴィ、ロバート・パーマー、チャカ・カーン等と競演。世界60か国に放映されるが、ロッドから最初「矢沢? 知らないね」とコメントされる。しかしゲスト紹介とともに現れたYAZAWAのパフォーマンスを8万人の観衆は快く受け入れ、ロッド自身もエンディングでYAZAWAをステージ中央に呼ぶなどし、最後には楽屋裏で「君、うまいね。エルヴィスのナンバー最高だったよ。今度いっしょにツアーやろうぜ!」とまで言わしめたが、両者によるツアーは行われていない。この模様をNHKがドキュメント番組"Do You Know YAZAWA?"として制作、放送した。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たザ・コレクターズ

    この頃より、積極的に交友を広げ、自身が有能と判断した人物に関しては、躊躇なく関わりを持つようになる。古くからの友人であった大野真澄はフォークシンガーであり、ソロになった当初より大野と共に相談相手となっていた吉田拓郎も同様である。以降もフォークの西岡恭蔵、また歌謡曲の分野で活躍していた大津あきらや山川啓介を作詞に起用している。近年でもブリティシュなモッドスタイルのバンド、ザ・コレクターズの加藤ひさしに作詞を依頼している。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た石坂敬一

    前述のアルバム世界発売であるが、ワーナーブラザーズはほぼ関与しておらずその実態は日本のワーナーパイオニア(当時)との契約であり、エレクトラ、アサイラム・レコードは配給だけを行う契約であった。この事からアメリカでのプロモーションは不十分な物であり、惨憺たる結果となる。第3弾『FLASH IN JAPAN』だけはワーナーブラザーズが全面バックアップを行ったものの、同様の結果に終わってしまった。この一件により、矢沢はワーナーへの不信感をつのらせ、同時期、石坂敬一の誘いもあって東芝EMIに移籍することとなる。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たザ・ベンチャーズ

    母親は永吉が3歳の時、夫と息子を捨てて蒸発。広島で被爆した父親とは小学校2年生の時に死別。このため幼少期は親戚中をたらい回しにされその後は父方の祖母に育てられ、極貧の少年時代を過ごした。この頃、近所の裕福な家の子供に「お前の家は貧乏でケーキなんか買えないだろう」とケーキの一部を顔に投げつけられるなどのいじめを体験した。このような経験が積み重なり「BIGになる」との思いが芽生えたと語っている。中学時代、ラジオから流れるザ・ビートルズを聴いてロックに目覚め、更にザ・ベンチャーズの広島公演に行ったことで感化され、スターになることを夢見るようになる。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たビートルズ

    団塊の世代であり、特にザ・ビートルズの影響を強く受けている。最初にプロデビューを飾ったキャロルは、初期ビートルズを模範としたロックンロールをベースにしたもので高い人気を誇った。矢沢は「あと3年、キャロルを続けたかった」が、他のメンバーとの間に大きな溝が生まれ解散に至った。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た大津あきら

    この頃より、積極的に交友を広げ、自身が有能と判断した人物に関しては、躊躇なく関わりを持つようになる。古くからの友人であった大野真澄はフォークシンガーであり、ソロになった当初より大野と共に相談相手となっていた吉田拓郎も同様である。以降もフォークの西岡恭蔵、また歌謡曲の分野で活躍していた大津あきらや山川啓介を作詞に起用している。近年でもブリティシュなモッドスタイルのバンド、ザ・コレクターズの加藤ひさしに作詞を依頼している。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た真島昌利

    9月19日、東京ドームにて60歳バースデーライブ「ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME」開催。サプライズゲストとして、氷室京介、甲本ヒロト、真島昌利、長女の矢沢洋子が出演した。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

354件中 91 - 100件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード