221件中 11 - 20件表示
  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た内田裕也

    デビュー時、内田裕也とミッキー・カーチスの二者から誘いを受けたが、内田に詫びを入れ、ミッキーを選ぶ。しかしこの際、金銭的に著しく不利な契約を長期で結んでしまったため、後にミッキーとは袂を分かつことになる。ミッキーのプロデュースにより日本フォノグラム(現・ユニバーサルミュージック)からシングル「ルイジアンナ」でデビュー(フジテレビ『リブ・ヤング!』)。ジョニー大倉のアイディアで革ジャンにリーゼントといったかつてのロカビリースタイルで登場。当時はフォークソングと歌謡曲中心でロックバンドが商業的に受け入られなかった音楽界に突如として現れ人気を博すこととなった。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た坂本龍一

    CMソング「時間よ止まれ」が大ヒット、累計売上は ミリオンセラーを記録。同曲はバックバンドの一員として、坂本龍一がピアノを担当。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たザ・フー

    7月24日、25日のPOCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004で、エアロスミス、ザ・フー、ブラック・アイド・ピーズ、レニー・クラヴィッツ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズと共に参加。大トリを務める。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たザ・ローリング・ストーンズ

    矢沢は団塊の世代であり、彼らが若者の時代に多くが耳にしたザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズなどの楽曲の“洗礼”を受けていた。矢沢が最初にプロデビューを飾ったCAROLは、ロックンロールをベースにしたものであり、特にザ・ビートルズの影響を強く感じさせるものであった。CAROLは人気の高いロックンロールバンドであったが、矢沢永吉の音楽を表現するには限界があった。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た吉田拓郎

    この頃より、積極的に交友を広げ、自身が有能と判断した人物に関しては、しがらみなどを気にせず、躊躇なく関わりを持つようになる。古くからの友人であった大野真澄はフォークミュージックを歌う人間であったし、ソロになった当初より大野と共に相談相手となっていた吉田拓郎も同じである。以降もフォークミュージック界の人間であった西岡恭蔵、また歌謡曲の分野で活躍していた大津あきらや山川啓介を作詞に起用している。近年でもブリティシュなモッドスタイルのバンド、ザ・コレクターズの加藤ひさしに作詞を依頼したり、その姿勢は変わることがない。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たスティング (ミュージシャン)

    ナラダ・マイケルウォールデンプロデュースのチャリティ・クリスマスアルバム『music of love〜for tomorrow's children〜』にスティーヴィー・ワンダー、スティング、エンヤなどと参加。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たエアロスミス

    7月24日、25日のPOCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004で、エアロスミス、ザ・フー、ブラック・アイド・ピーズ、レニー・クラヴィッツ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズと共に参加。大トリを務める。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たエンヤ

    ナラダ・マイケルウォールデンプロデュースのチャリティ・クリスマスアルバム『music of love〜for tomorrow's children〜』にスティーヴィー・ワンダー、スティング、エンヤなどと参加。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た美空ひばり

    長年、長者番付歌手部門1位の座にあった美空ひばりを抜き、初の第1位を獲得。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た長渕剛

    1994年に桑田が発表した楽曲「すべての歌に懺悔しな!!」の歌詞を巡り、マスコミによって長渕剛と共に桑田に揶揄(やゆ)された当事者とされた。この際、激怒した長渕とは対照的に「お互いクリエイター。全然、気にしていないよ。それより桑田君の方は大丈夫か?」と逆に桑田を気遣っている。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

221件中 11 - 20件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード