354件中 81 - 90件表示
  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たザ・ビートルズ

    母親は永吉が3歳の時、夫と息子を捨てて蒸発。広島で被爆した父親とは小学校2年生の時に死別。このため幼少期は親戚中をたらい回しにされその後は父方の祖母に育てられ、極貧の少年時代を過ごした。この頃、近所の裕福な家の子供に「お前の家は貧乏でケーキなんか買えないだろう」とケーキの一部を顔に投げつけられるなどのいじめを体験した。このような経験が積み重なり「BIGになる」との思いが芽生えたと語っている。中学時代、ラジオから流れるザ・ビートルズを聴いてロックに目覚め、更にザ・ベンチャーズの広島公演に行ったことで感化され、スターになることを夢見るようになる。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た広島市

    矢沢 永吉(やざわ えいきち、1949年9月14日 - )は、広島県広島市南区仁保出身のロックミュージシャン。身長180cm、血液型はB型。。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たRISING SUN ROCK FESTIVAL

    8月18日、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZOに出演。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た稲越功一

    矢沢永吉写真集 SUPER PHOTO LIVE (1979年) 稲越功一 小学館矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たアイドリング!!! (グループ)

    ミュージシャンでは、藤井フミヤ、松本孝弘、横山剣、横山健、山本恭司、ギターウルフ、田島貴男、大友康平、高橋ジョージ、氷室京介、門倉有希、大木温之、増子直純、ヒダカトオル、ダイスケはん、上中丈弥、志磨遼平ら。文化人など著名人としては、橋下徹、舛添要一、徳光和夫、泉ピン子、モーリー・ロバートソン、リリー・フランキー、重松清、松本人志、石橋貴明、柳沢慎吾、中山秀征、吉田栄作、西村和彦、浅野忠信、井岡一翔、大場久美子、たかの友梨、出川哲朗、五味隆典、三浦大輔、金本浩二、ギタウ・ダニエル、古橋舞悠(アイドリング!!!)らが有名である。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見た西村和彦

    ミュージシャンでは、藤井フミヤ、松本孝弘、横山剣、横山健、山本恭司、ギターウルフ、田島貴男、大友康平、高橋ジョージ、氷室京介、門倉有希、大木温之、増子直純、ヒダカトオル、ダイスケはん、上中丈弥、志磨遼平ら。文化人など著名人としては、橋下徹、舛添要一、徳光和夫、泉ピン子、モーリー・ロバートソン、リリー・フランキー、重松清、松本人志、石橋貴明、柳沢慎吾、中山秀征、吉田栄作、西村和彦、浅野忠信、井岡一翔、大場久美子、たかの友梨、出川哲朗、五味隆典、三浦大輔、金本浩二、ギタウ・ダニエル、古橋舞悠(アイドリング!!!)らが有名である。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    解散が決定的になった頃、矢沢はソロ活動を行う際にフォノグラムとの間に起こり得る問題を未然に防ぐため、単身CBSソニーに行き、幹部と面会して自らのソロ活動を担保とした金銭面・ビジネス面の話をまとめている。面会後、CBSソニーから借金をして多額の現金をフォノグラムに払い、同社のプロジェクトチームが動き始めた。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たアサイラム・レコード

    単身渡米し、アサイラム・レコードと契約。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たEMIミュージック・ジャパン

    自作の曲「アイ・ラヴ・ユー、OK」のテープを「ビートルズのレコードを出しているから」という理由から東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)に持ち込んだが「売れない」と断られる。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢永吉

    矢沢永吉から見たレコード会社

    矢沢はキャロル解散後に、ビートルズにならって自らの音楽出版社を設立した。音楽の著作権(出版権)は通常、レコード会社から音楽出版社に管理が委託されるが、出版権だけでなく肖像権にも目をつけた。グッズ販売なども自らの手でコントロールした。2008年「GARURU RECORDS」設立で、音源制作や流通をすべて自前で行うスタイルを確立した。現在、世界の音楽業界では、CD販売のみに頼ることなく、あらゆる権利を通して収益を得る「360度ビジネス」モデルが主流となっており、矢沢は日本に於ける先駆者であると言われる。こうした銭金の話が日本人に馴染まないこともあって、これまで多くのトラブルが発生した。「だいたい昔は、ロックでメシ食ってるヤツなんていなかったもの。"ミュージシャンは金持つな"という風潮があったしね。ファッションだったのよ。だけどオレはそういうのイヤだった。(中略)アーティストとしての権利を主張することは、これからの時代、絶対必要だとオレは信じた。でも当時の芸能界でそんなこと言うヤツ、誰もいなかった。だからオレ、浮いてたよ。"にぎりの矢沢"って言われてた。にぎりってのはドケチっていうことね。守銭奴扱いよ。中にはオレに賛同してくれたミュージシャンもいたけど、いざとなると自分の身がかわいいんだな。体制側についちゃうんだよ。だけどオレは貫き通した。自分が守るためってのもあったけど、芸能界のカラクリにハラがたったからよ。(中略)オレ、雑誌のインタビューなんかで芸能界をバンバン批判した。しまくったよ。テレビ局から、芸能プロダクションから、レコードカンパニーから。だって、オレの方がスジ通ってると思ったもの。(中略)そりゃあね、風当たりムチャクチャ強かったよ。芸能プロダクションとしちゃあ、ミュージシャンが賢くなるのは困る。音楽バカでいてくれたほうが都合がいいのよ、コントロールできるから。実際、オレを潰そうとしたとこもあったしね。矢沢がバンバン発言するようになって、だんだんみんな目覚めてきたよね。この世界も、オレが正しいと思った方向に変わってきた」などと述べている。前述のトラブルの大半が先に挙げた著作権や肖像権に関わることである。矢沢永吉 フレッシュアイペディアより)

354件中 81 - 90件表示

「矢沢永吉」のニューストピックワード