57件中 31 - 40件表示
  • 草野威

    草野威から見た矢野絢也矢野絢也

    1986年、矢野絢也公明党委員長の下、国民運動本部長に就任。草野威 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下登

    竹下登から見た矢野絢也矢野絢也

    「気配り・目配り・金配りで総理になった」といわれる人間関係の達人であり、与野党・財界・官界に幅広い人脈を持ち、どこにも敵をつくらない人物だった。他派閥の中曽根康弘によく仕え、総理時代はライバル派閥の安倍晋太郎と盟友関係を築いた。他に宇野宗佑、海部俊樹、藤波孝生、河野洋平、三塚博、武村正義、他党では村山富市、山口鶴男、矢野絢也、塚本三郎などと交流があった。「反経世会」を掲げた小泉純一郎(後に首相)とも大蔵大臣-大蔵政務次官としてコンビを組んだ間柄であり、悪い関係ではなかった。竹下登 フレッシュアイペディアより)

  • 社公民路線

    社公民路線から見た矢野絢也矢野絢也

    日本社会党は当時、日本共産党を含む全野党共闘を目指すという立場であったが、1969年総選挙で社会党が大敗したのを契機に党内では社会党右派の江田三郎が公明党や民社党と共闘して非自民非共産の連立政権を目指すことを提唱した。1970年代に民社党の西村栄一委員長が『民主的革新政党の統一』を提唱したことに始まり、社会党江田三郎、公明党矢野絢也、民社党佐々木良作ら3党の書記長らが反共の政策集団「新しい日本を作る会」を結成し社公民連合政権構想の第一歩となる。社公民路線 フレッシュアイペディアより)

  • WiLL (雑誌)

    WiLL (雑誌)から見た矢野絢也矢野絢也

    朝日新聞をはじめとする、論調が左派と言われる国内メディアや、中国・韓国・北朝鮮・などの“反日”的傾向のある国家に批判的な記事が中心で、右派系雑誌との評価が定着している。花田がいた週刊文春よりもさらに大きく右派的な路線を採用している。これは近年売上を伸ばしていた右派系雑誌の諸君!、正論、SAPIO、Voiceに続くものであり、日中戦争以後日本国憲法施行により消滅するまでの大日本帝国を肯定的に評価している点で共通している。「朝日は腐っている!」(2005年11月号)などといった、刺激的かつ挑発的な特集名も目立ち、自由民主党の、中でも安倍晋三など一般に「タカ派」と考えられている政治家を肯定し、小沢一郎など民主党の政治家に批判的である点で一貫している(2011年5月号では東日本大震災を「民主党政権ゆえに天が怒った」とした)。創刊からしばらくは公明党・創価学会を主題とする記事は無かったが、2008年8月号に矢野絢也と福本潤一が創価学会に関する記事を寄せた。WiLL (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 市川雄一

    市川雄一から見た矢野絢也矢野絢也

    1989年(平成元年)5月、公明党委員長の矢野絢也が明電工事件に関係したことにより、公明党執行部は総退陣し、それに伴い、公明党書記長に就任する。市川雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 近江巳記夫

    近江巳記夫から見た矢野絢也矢野絢也

    1986年12月の公明党大会で委員長選出された委員長の矢野絢也の下で中央統制委員長、国会対策副委員長を歴任。近江巳記夫 フレッシュアイペディアより)

  • 自公民路線

    自公民路線から見た矢野絢也矢野絢也

    1971年の沖縄返還協定法案の成立の際に田中角栄幹事長が公明党矢野絢也書記長、民社党池田禎治国会対策委員長らと接触し、修正で成立させた。自民党と民社党が「党と党」の関係なら、自民党と公明党は「党田中派と党」である。自公民路線 フレッシュアイペディアより)

  • リクルート事件

    リクルート事件から見た矢野絢也矢野絢也

    池田副書記長が収賄容疑で在宅起訴され離党。1989年(平成元年)5月には、矢野絢也委員長が明電工事件絡みで委員長を辞任し(その後最高顧問に就任)、後任の委員長に石田幸四郎副委員長が就任するも、参院選で強い筈の公明党も事件の影響や社民連(社会党、民社党、連合)の3党との選挙協力で得票率が過去最低を記録した。リクルート事件 フレッシュアイペディアより)

  • 江田三郎

    江田三郎から見た矢野絢也矢野絢也

    自民党がロッキード事件で大きく揺れる1976年、社公民路線を推進するため当時公明党書記長だった矢野絢也や民社党副委員長だった佐々木良作ら両党の実力者とともに「新しい日本を作る会」を設立するが、これが社会主義協会系の活動家たちの逆鱗に触れた。同年12月の第34回衆議院議員総選挙では落選し、明けて1977年の党大会では社会主義協会系の活動家たちからつるし上げられるなどした。この結果江田は社会党改革に絶望して、離党しようとしたものの離党届を受け付けられず逆に除名処分を受けた。江田三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た矢野絢也矢野絢也

    公明党から除名された議員経験者は遅かれ早かれ学会からも除名されることになる。実例として竹入義勝が1998年(平成10年)に公明党から除名された直後、創価学会も竹入を除名している。また1988年(昭和63年)に党を除名された大橋敏雄も学会から除名されている。しかし藤原行正や矢野絢也は公明党が処分を見送ったため、離党届受理、学会も自主的退会で済んでいる。除名 フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示