71件中 41 - 50件表示
  • 文藝春秋読者賞

    文藝春秋読者賞から見た矢野絢也矢野絢也

    第55回(1993年)矢野絢也「極秘メモ全公開」伊藤律「『日本のユダ』と呼ばれて」文藝春秋読者賞 フレッシュアイペディアより)

  • さとやま・草莽の会

    さとやま・草莽の会から見た矢野絢也矢野絢也

    さとやま・草莽の会は、日本のベテラン政治家により結成された超党派の団体である。村上正邦、村山富市、矢野絢也、山?拓らを中心に、日本の政治状況を憂える政治家が結集し設立された。会の趣旨としては「衰退しつつある地方を活性化し、麗しき『瑞穂の国』を何としても再生したい」としており、地方活性化や国土再生をはじめとする、さまざまな政治課題について議論している。さとやま・草莽の会 フレッシュアイペディアより)

  • いしいひさいちの大政界

    いしいひさいちの大政界から見た矢野絢也矢野絢也

    矢名門也:河合義雄(矢野絢也いしいひさいちの大政界 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口力

    坂口力から見た矢野絢也矢野絢也

    1986年12月 - 7月の衆参同日選後、公明党大会で党委員長矢野絢也の下で党政策審議会長に就任。坂口力 フレッシュアイペディアより)

  • 江田三郎

    江田三郎から見た矢野絢也矢野絢也

    自民党がロッキード事件で大きく揺れる1976年、社公民路線を推進するため公明党書記長矢野絢也や民社党副委員長佐々木良作ら両党の実力者とともに「新しい日本を作る会」を設立するが、これが社会主義協会系の活動家たちの逆鱗に触れた。同年12月の第34回衆議院議員総選挙では落選し、明けて1977年の党大会では社会主義協会系の活動家たちから吊し上げられる。この結果、江田は社会党改革に絶望して離党しようとしたものの、離党届を受け付けられず、逆に除名処分を受けた。江田三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石田幸四郎

    石田幸四郎から見た矢野絢也矢野絢也

    1989年5月、明電工事件により公明党委員長矢野絢也が辞任したことに伴い、後任として党委員長に就任する。石田幸四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主連合

    社会民主連合から見た矢野絢也矢野絢也

    日本社会党の江田三郎は1960年代前半にイタリア共産党の運動方針に範を求めた構造改革路線(江田ビジョン)を提唱したが、社会主義協会に批判されて運動方針として日の目を見なかった。その後も江田三郎は社会主義協会や日本労働組合総評議会(総評)と対立を続ける一方で矢野絢也・佐々木良作らと社公民政権構想を打ち上げるなど独自の活動を続けた。社会民主連合 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立山本高等学校

    大阪府立山本高等学校から見た矢野絢也矢野絢也

    矢野絢也 - 元公明党委員長、政治評論家大阪府立山本高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 池田大作本仏論

    池田大作本仏論から見た矢野絢也矢野絢也

    公明党の書記長・委員長を務めた矢野絢也は、池田大作本仏論が学会内で認められるようになったのは、創価学会が日蓮正宗に破門された1991年以後であるとしている。矢野は、政界を退いた後、政治評論家として執筆した文章の内容を創価学会や機関紙聖教新聞紙上や創価新報で非難され、創価学会からさまざまな圧迫や迫害を受けたと主張、その経験から創価学会がもともとの健全な体質を変質させていると批判している。矢野はその原因を、創価学会における池田大作の独裁、私物化などに帰し、学会内部での表現として、1975年前後に、一部の学会首脳によって「池田大作本仏論」なる考え方が囁かれるようになったと主張する。また、矢野は、池田大作本仏論の説明として、「(学会内部で)当時会長だった池田大作は日蓮聖人の再誕で、本仏に等しい指導者という思想がある」としている。しかし、創価学会が日蓮正宗を破門されるまでは、池田はあくまでも信者(学会)の中の最高指導者であり、そのような個人崇拝を真面目にとらえる組織ではなかったが、日蓮正宗から破門されたのち、宗門に置き換わるべき本尊が必要になり、(名誉会長の)池田こそが生き仏だという思想が学会内で市民権を得たと分析している。矢野のいう本仏論は、池田大作が日蓮聖人に置き換わる本尊的な存在になるという意味であり、信者の最高指導者として重視されることではない。それ以前に創価学会内に、会長の本仏論というような教義が唱えられていたことはなかったとまとめている。日本共産党は創価学会が2002年に会則を変更し、初代牧口、第2代戸田、第3代池田の「三代会長」を、「永遠の指導者」とする規定を入れたことについて触れ「この規定変更はかねてより伝えられてきた池田本仏論の具現化だ」と批判した。韓国では「ソウルテレビ」がドキュメンタリー番組「池田大作とは何者か」を製作。過去に池田大作を本仏としてあがめていた幹部たちがいたことを放送、韓国SGIの機関紙和光新聞が抗議を行った。池田大作本仏論 フレッシュアイペディアより)

  • リクルート事件

    リクルート事件から見た矢野絢也矢野絢也

    池田が収賄容疑で在宅起訴され離党。1989年(平成元年)5月には矢野絢也委員長が明電工事件絡みで委員長を辞任し(その後最高顧問に就任)、後任の委員長に石田幸四郎副委員長が就任するも、参院選で強いはずの公明党も事件の影響や社民連(社会党、民社党、連合)の3党との選挙協力で得票率が過去最低を記録した。リクルート事件 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示