71件中 61 - 70件表示
  • 聖教新聞

    聖教新聞から見た矢野絢也矢野絢也

    創価学会を退会したり、除名された後に新聞で公然と誹謗中傷された者としては、元公明党中央執行委員長竹入義勝、矢野絢也、元顧問弁護士山崎正友、元教学部長原島嵩などがおり、日蓮正宗前管長阿部日顕らと共に裁判沙汰に発展することも多い。その他冨士大石寺顕正会、民主党や後身の民進党、日本共産党なども学会による批判の俎上に上がる。聖教新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た矢野絢也矢野絢也

    公明党の井上義久幹事長の親族の弁護(ピース缶爆弾事件)を担当したことがあり、公明党と一定のパイプを持っていると言われている。一方で、創価学会と袂を分かった矢野絢也元委員長の息子を公設秘書として採用しており、同党が不快感を示しているともされている。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

  • 社公民路線

    社公民路線から見た矢野絢也矢野絢也

    日本社会党は当時、日本共産党を含む全野党共闘を目指すという立場であったが、1969年総選挙で社会党が大敗したのを契機に党内では社会党右派の江田三郎が公明党や民社党と共闘して非自民・非共産連立政権を目指すことを提唱した。1970年代に民社党の西村栄一委員長が『民主的革新政党の統一』を提唱したことに始まり、社会党江田三郎、公明党矢野絢也、民社党佐々木良作ら3党の書記長らが反共の政策集団「新しい日本を作る会」を結成し社公民連合政権構想の第一歩となる。社公民路線 フレッシュアイペディアより)

  • 1月5日

    1月5日から見た矢野絢也矢野絢也

    1970年 - 公明党の竹入義勝委員長と矢野絢也書記長が、前年からの創価学会を含めた言論出版妨害事件をめぐって記者会見を行い、出版妨害の事実を全面否定。1月5日 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府議会

    大阪府議会から見た矢野絢也矢野絢也

    矢野絢也(元衆議院議員)大阪府議会 フレッシュアイペディアより)

  • 自公民路線

    自公民路線から見た矢野絢也矢野絢也

    1971年の沖縄返還協定法案の成立の際に田中角栄幹事長が公明党矢野絢也書記長、民社党池田禎治国会対策委員長らと接触し、修正で成立させた。自民党と民社党が「党と党」の関係なら、自民党と公明党は「党田中派と党」である。自公民路線 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の日本

    1989年の日本から見た矢野絢也矢野絢也

    5月17日 - 公明党の矢野絢也委員長が一連の不祥事の責任をとり辞任。後任に石田幸四郎副委員長が就任。1989年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • WiLL (雑誌)

    WiLL (雑誌)から見た矢野絢也矢野絢也

    朝日新聞をはじめとする論調が左派寄りとされる国内メディアや、反日的として中国・韓国・北朝鮮などへ反論する記事が主軸である。花田紀凱が主幹した週刊文春よりもさらに右派的な路線を採っており、国体明徴から敗戦までの間の体制に対する肯定的な評価が正論などと共通している。自由民主党の安倍晋三など保守的な政治家を評価し、民主党の政治家に批判的な論調で一貫しており、2005年11月号の「朝日は腐っている!」、2011年5月号の「亡国菅政権」(東日本大震災を「民主党政権ゆえに天が怒った」とする)、など扇情的な特集名も目立つ。創刊からしばらくは公明党や創価学会を主題とする記事は無かったが、2008年8月号に矢野絢也と福本潤一が創価学会に関する記事を寄せた。WiLL (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜捨て金庫事件

    横浜捨て金庫事件から見た矢野絢也矢野絢也

    7月1日付学会機関紙『聖教新聞』一面の一言コラム「寸鉄」は、「今度は廃品金庫から一億七〇〇〇万円。ゴミの中から。欲ボケ社会の戯画か縮図か」と非難し、当時国会議員で公明党委員長を退任して間もなかった矢野絢也も、捨て金庫のニュースを聞いて特に気に留めることもなかったというが、7月3日名誉会長池田大作の腹心といわれる学会総務の人物Aが記者会見を開いて、「20年以上前に、自分が学会内で不正に蓄財したもので、その存在を忘れているうちに誤って捨てられた」等と述べた。横浜捨て金庫事件 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下登

    竹下登から見た矢野絢也矢野絢也

    「気配り・目配り・金配りで総理になった」といわれる人間関係の達人であり、与野党・財界・官界に幅広い人脈を持ち、どこにも敵をつくらない人物だった。他派閥の中曽根康弘によく仕え、首相時代はライバル派閥の安倍晋太郎と盟友関係を築いた。他に宇野宗佑、海部俊樹、藤波孝生、河野洋平、三塚博、森喜朗、武村正義、他党では村山富市、山口鶴男、矢野絢也、塚本三郎などと交流があった。「反経世会」を掲げた小泉純一郎とも大蔵大臣-大蔵政務次官としてコンビを組んだ間柄であり、悪い関係ではなかった。竹下登 フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示