前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た講談社

    2005年、公明党の元国会議員である伏木和雄、大川清幸、黒柳明の3人が、『週刊現代』に掲載された記事で矢野の手帳を強奪したかのように報じられ名誉を傷つけられたとして、同誌発行元の講談社および同誌編集長、そして記事に実名でコメントを寄せた矢野らを訴えた。東京地方裁判所は2007年12月、原告側の主張を認め、講談社と矢野の行為が名誉毀損に当たるとして同社と矢野に総額660万円(内330万円につき矢野と連帯)の損害賠償金の支払いと、同社側・矢野それぞれに謝罪広告の掲載を命じる判決を言い渡した。同裁判には、矢野が3人に対して自身の手帳の返還を求める訴訟も併合されていたが、同判決は「被告矢野は、原告らの求めに応じ、自らの意思に基づき、本件手帖等を交付し、被告矢野宅内を案内したことが認められ」と請求を棄却。矢野は控訴した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た小泉純一郎

    2008年6月13日、民主党や国民新党の議員らの呼びかけにより国会内で講演し、証人や参考人として国会での証言に前向きな姿勢を示した。しかし、民事紛争の一方の当事者を国会の場に招き、その言い分を政治的に利用しようとする動きには批判もある。小泉純一郎の元首相秘書官である飯島勲は「矢野氏を国会に招くことには強い疑問を感じる。民事訴訟の片方の当事者が国会で証言を求めることは、単に政治を利用した訴訟戦術のように見えるのだ」とコメントした。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た仙谷由人

    2010年6月に発足した菅内閣で内閣官房長官に就いた衆院議員・仙谷由人の公設第2秘書に2009年11月、矢野の長男・矢野清城が登録されていることが確認された。仙谷は矢野と長年にわたり親密な関係がある。清城は野党書記長だった父親の威光により野村證券にVIP口座を開設し、山一證券による総会屋への利益供与事件(1986年)で話題となった三菱重工業の新規発行転換社債など有利な金融商品を割り当てられ巨利を得たとされる。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た加藤茶

    『週刊ポスト』(2008年6月20日号)に掲載された「加藤茶&小野ヤスシも!『おいしい未公開』にコロリといった面々」というタイトルの記事で、破綻した新潟精密の未公開株を購入した著名人の1人として矢野が紹介されている。記事中で矢野が実名でコメントを寄せ、夫婦名義などで同社株を600円ないし650円で15万株を購入していた事実を認めている。近年では雑誌『リベラルタイム』が矢野と相場師などとの関係を批判する記事を掲載している。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た土井たか子

    1987年、首相指名選挙において、社会党委員長の土井たか子を内閣総理大臣指名統一候補として推薦した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た創価学会

    大阪府立山本高等学校、京都大学経済学部卒業。在学中の1953年に創価学会に入会し、大林組勤務を経て大阪府議会議員を1期務める。1967年、34歳で衆議院議員に初当選し、当選直後の臨時党大会で公明党書記長に就任する。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た新潮社

    2008年5月20日、創価学会副会長の谷川佳樹は、『週刊新潮』に掲載された矢野に関する記事で名誉を棄損されたとして、同誌発行元の新潮社と同誌編集長、記事中に実名で登場した矢野を相手に、1100万円の損害賠償と、同誌および全国紙などへ謝罪広告の掲載を求めて、東京地方裁判所に提訴した。訴状によると、同誌は谷川が矢野を脅したかの様に報道したが、これに対し谷川は、「危害を加えると脅迫したことは一切なく、全くの虚偽」と主張している。2011年1月20日、東京地裁は矢野・週刊新潮・早瀬編集長に連帯して33万円の賠償金の支払いを命じた。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た大林組

    大阪府立山本高等学校、京都大学経済学部卒業。在学中の1953年に創価学会に入会し、大林組勤務を経て大阪府議会議員を1期務める。1967年、34歳で衆議院議員に初当選し、当選直後の臨時党大会で公明党書記長に就任する。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た三菱重工業

    2010年6月に発足した菅内閣で内閣官房長官に就いた衆院議員・仙谷由人の公設第2秘書に2009年11月、矢野の長男・矢野清城が登録されていることが確認された。仙谷は矢野と長年にわたり親密な関係がある。清城は野党書記長だった父親の威光により野村證券にVIP口座を開設し、山一證券による総会屋への利益供与事件(1986年)で話題となった三菱重工業の新規発行転換社債など有利な金融商品を割り当てられ巨利を得たとされる。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た文藝春秋

    同年5月17日、公明党委員長を辞任し、公明党最高顧問に就任。1993年10月には『文藝春秋』に「極秘メモ全公開」を発表し、第55回文藝春秋読者賞を受賞する。1993年の政界引退後は、政治評論家に転身した。2015年3月11日、さとやま・草莽の会の結成に参画した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示