98件中 11 - 20件表示
  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た京都大学

    創価学会に入会。当時は京都大学経済学部3回生だった。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た野党

    就任直後、通常国会の予算委員会で当時の与党・自民党の野党に対する国会対策費の内幕を暴露し、国会が混乱した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た現金

    1988年12月12日、記者会見を開き、明電工元専務石田篤に対し、自宅で現金2億円を受け渡したことを発表し、「元秘書と明電工側との、株を担保にした融資を仲介した」と説明した。翌13日、これに対し『朝日新聞』は「矢野委員長との株売買だった」との石田幸四郎の証言を報じている。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た2009年

    東京高等裁判所で行われた控訴審では、逆に週刊現代による3人への名誉毀損を認めないどころかプライバシーの侵害だとする矢野の主張を全面的に認め、持ち去った手帳の返却と合わせて300万円の支払いを命令。逆転敗訴となった3人は上告するが、2009年9月1日、最高裁判所第3小法廷は控訴審判決を支持、上告を受理しない決定を下し、実質矢野の勝訴、創価学会の敗訴が確定した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た小野ヤスシ

    『週刊ポスト』(2008年6月20日号)に掲載された「加藤茶&小野ヤスシも!『おいしい未公開』にコロリといった面々」というタイトルの記事で、破綻した新潟精密の未公開株を購入した著名人の1人として矢野が紹介されている。記事中で矢野が実名でコメントを寄せ、夫婦名義などで同社株を600円ないし650円で15万株を購入していた事実を認めている。近年では雑誌『リベラルタイム』が矢野と相場師などとの関係を批判する記事を掲載している。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た石田幸四郎

    1988年12月12日、記者会見を開き、明電工元専務石田篤に対し、自宅で現金2億円を受け渡したことを発表し、「元秘書と明電工側との、株を担保にした融資を仲介した」と説明した。翌13日、これに対し『朝日新聞』は「矢野委員長との株売買だった」との石田幸四郎の証言を報じている。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た高橋治之

    新潟精密の未公開株をめぐっては、矢野と親しい間柄だったとされる高橋治則の実兄で電通元専務の高橋治之との関係が指摘される香港のファンドや、同じく矢野と昵懇だった山代元圀、東進ハイスクール理事長・永瀬昭幸、島田文六らも保有しており、矢野との関係が注目された。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た高橋治則

    新潟精密の未公開株をめぐっては、矢野と親しい間柄だったとされる高橋治則の実兄で電通元専務の高橋治之との関係が指摘される香港のファンドや、同じく矢野と昵懇だった山代元圀、東進ハイスクール理事長・永瀬昭幸、島田文六らも保有しており、矢野との関係が注目された。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た黒柳明

    2005年、公明党の元国会議員である伏木和雄、大川清幸、黒柳明の3人が、『週刊現代』に掲載された記事で矢野の手帳を強奪したかのように報じられ名誉を傷つけられたとして、同誌発行元の講談社および同誌編集長、そして記事に実名でコメントを寄せた矢野らを訴えた。東京地方裁判所は2007年12月、原告側の主張を認め、講談社と矢野の行為が名誉毀損に当たるとして同社と矢野に総額660万円(内330万円につき矢野と連帯)の損害賠償金の支払いと、同社側・矢野それぞれに謝罪広告の掲載を命じる判決を言い渡した。同裁判には、矢野が3人に対して自身の手帳の返還を求める訴訟も併合されていたが、同判決は「被告矢野は、原告らの求めに応じ、自らの意思に基づき、本件手帖等を交付し、被告矢野宅内を案内したことが認められ」と請求を棄却。矢野は控訴した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た大川清幸

    2005年、公明党の元国会議員である伏木和雄、大川清幸、黒柳明の3人が、『週刊現代』に掲載された記事で矢野の手帳を強奪したかのように報じられ名誉を傷つけられたとして、同誌発行元の講談社および同誌編集長、そして記事に実名でコメントを寄せた矢野らを訴えた。東京地方裁判所は2007年12月、原告側の主張を認め、講談社と矢野の行為が名誉毀損に当たるとして同社と矢野に総額660万円(内330万円につき矢野と連帯)の損害賠償金の支払いと、同社側・矢野それぞれに謝罪広告の掲載を命じる判決を言い渡した。同裁判には、矢野が3人に対して自身の手帳の返還を求める訴訟も併合されていたが、同判決は「被告矢野は、原告らの求めに応じ、自らの意思に基づき、本件手帖等を交付し、被告矢野宅内を案内したことが認められ」と請求を棄却。矢野は控訴した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示