67件中 21 - 30件表示
  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た寺澤芳男

    元財務官・榊原英資、元イ・アイ・イ・インターナショナル代表・高橋治則、東京スター銀行前会長・寺澤芳男、野村証券元会長・田淵節也、北海道拓殖銀行元香港支店長・山代元圀、株式会社中川ワイン販売代表・中川一三、株式会社シマブン代表・島田文六らと親交が深い。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た大久保直彦

    1986年12月、20年近く務めた竹入義勝の退任にともない、その後任として公明党中央執行委員長に就任する。書記長には、副書記長だった大久保直彦を指名した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た佐々木良作

    1970年、社会党書記長の江田三郎や民社党書記長の佐々木良作らと、新しい日本を作る会(社公民連合政権構想)を結成する。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た伏木和雄

    2005年、公明党の元国会議員である伏木和雄、大川清幸、黒柳明の3人が、『週刊現代』に掲載された記事で矢野の手帳を強奪したかのように報じられ名誉を傷つけられたとして、同誌発行元の講談社および同誌編集長と、記事に実名でコメントを寄せた矢野らを訴えた。この裁判で東京地方裁判所は2007年12月、原告側の主張を認め、講談社と矢野の行為が名誉毀損に当たるとして同社と矢野に総額660万円(内330万円につき矢野と連帯)の損害賠償金の支払いと、同社側、矢野それぞれに謝罪広告の掲載を命じる判決を言い渡した。同裁判には、矢野が3人に対して自身の手帳の返還を求める訴訟も併合されていたが、同判決は「被告矢野は、原告らの求めに応じ、自らの意思に基づき、本件手帖等を交付し、被告矢野宅内を案内したことが認められ」と請求を棄却。矢野は控訴した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た竹下登

    公明党委員長時代、社公民路線を推進する一方で竹下登とのパイプを太くするなど、与野党問わず親交があった。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た政治家

    矢野 絢也(やの じゅんや、1932年(昭和7年)4月27日 - )は、日本の政治家、政治評論家。大阪府議会議員。衆議院議員(9期)。公明党委員長(第4代)を歴任。2010年旭日大綬章受章。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た引退

    1993年、政界を引退。以降は政治評論家に転身する。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た官僚

    2000年、矢野と、大正生命保険から総額80数億円を騙し取ったとして逮捕された古倉義彦との深い関係が複数のメディアで指摘された。「『表』の世界の住人で、古倉を利用しあるいは利用された政治家や官僚も少なくない。政治家(元職含む)では、日刊投資新聞に連載した公明党元委員長の矢野絢也」、「古倉被告が最も頼りにし、人脈的な助けを求めるだけでなく、さまざまな局面でアドバイスを受けたといわれるのが、公明党元委員長の矢野絢也氏なのである」と報道された。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た国民新党

    2008年6月13日、民主党や国民新党の議員らの呼びかけにより国会内で講演し、証人や参考人として国会での証言に前向きな姿勢を示した。しかし、民事紛争の一方の当事者を国会の場に招き、その言い分を政治的に利用しようとする動きには批判もある。小泉純一郎の元首相秘書官の飯島勲は「矢野氏を国会に招くことには強い疑問を感じる。民事訴訟の片方の当事者が国会で証言を求めることは単に政治を利用した訴訟戦術のように見えるのだ」とコメントした。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た名誉毀損

    1988年12月10日、朝日新聞社を名誉毀損で刑事告訴。(1989年3月23日に取り下げ)矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示