98件中 31 - 40件表示
  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た勲章

    大阪府議会議員(1期)、衆議院議員(9期)、公明党委員長(第4代)などを歴任した。位階勲章は旭日大綬章。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た総会屋

    2010年6月に発足した菅内閣で内閣官房長官に就いた衆院議員・仙谷由人の公設第2秘書に2009年11月、矢野の長男・矢野清城が登録されていることが確認された。仙谷は矢野と長年にわたり親密な関係がある。清城は野党書記長だった父親の威光により野村證券にVIP口座を開設し、山一證券による総会屋への利益供与事件(1986年)で話題となった三菱重工業の新規発行転換社債など有利な金融商品を割り当てられ巨利を得たとされる。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見たICレコーダー

    この件では、さらに2009年6月、大川、伏木、黒柳の3人が、矢野が出版した著書『闇の流れ 矢野絢也メモ』『黒い手帖』に記載された虚偽の記述で名誉を毀損されたとして、発行元の講談社と矢野らを相手に6600万円の損害賠償と謝罪広告の掲載、販売差し止め等を求めて東京地裁に提訴した。訴状では、矢野が2冊の著書の中で、3人が2005年に矢野宅を訪れて手帳を強奪したり家捜したりしたと記載したことは虚偽と指摘した。また、当時のやり取りを録音した音声データをめぐり、矢野が著書で「改ざんされたもの」と記載したことにつき、ICレコーダーの製造元であるソニー株式会社によるデータ解析で「編集が行われた形跡は確認できない」と報告された点を挙げている。3人は同日、「新潮45」2009年6月号の記事についても同様に名誉毀損にあたるとして、3300万円の損害賠償等を求めて東京地裁に提訴した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た国会議員

    2005年、公明党の元国会議員である伏木和雄、大川清幸、黒柳明の3人が、『週刊現代』に掲載された記事で矢野の手帳を強奪したかのように報じられ名誉を傷つけられたとして、同誌発行元の講談社および同誌編集長、そして記事に実名でコメントを寄せた矢野らを訴えた。東京地方裁判所は2007年12月、原告側の主張を認め、講談社と矢野の行為が名誉毀損に当たるとして同社と矢野に総額660万円(内330万円につき矢野と連帯)の損害賠償金の支払いと、同社側・矢野それぞれに謝罪広告の掲載を命じる判決を言い渡した。同裁判には、矢野が3人に対して自身の手帳の返還を求める訴訟も併合されていたが、同判決は「被告矢野は、原告らの求めに応じ、自らの意思に基づき、本件手帖等を交付し、被告矢野宅内を案内したことが認められ」と請求を棄却。矢野は控訴した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た国民新党

    2008年6月13日、民主党や国民新党の議員らの呼びかけにより国会内で講演し、証人や参考人として国会での証言に前向きな姿勢を示した。しかし、民事紛争の一方の当事者を国会の場に招き、その言い分を政治的に利用しようとする動きには批判もある。小泉純一郎の元首相秘書官である飯島勲は「矢野氏を国会に招くことには強い疑問を感じる。民事訴訟の片方の当事者が国会で証言を求めることは、単に政治を利用した訴訟戦術のように見えるのだ」とコメントした。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た衆議院議員

    大阪府議会議員(1期)、衆議院議員(9期)、公明党委員長(第4代)などを歴任した。位階勲章は旭日大綬章。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た政治家

    矢野 絢也(やの じゅんや、1932年〈昭和7年〉4月27日 - )は、日本の政治家、政治評論家。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た裁判

    2005年、公明党の元国会議員である伏木和雄、大川清幸、黒柳明の3人が、『週刊現代』に掲載された記事で矢野の手帳を強奪したかのように報じられ名誉を傷つけられたとして、同誌発行元の講談社および同誌編集長、そして記事に実名でコメントを寄せた矢野らを訴えた。東京地方裁判所は2007年12月、原告側の主張を認め、講談社と矢野の行為が名誉毀損に当たるとして同社と矢野に総額660万円(内330万円につき矢野と連帯)の損害賠償金の支払いと、同社側・矢野それぞれに謝罪広告の掲載を命じる判決を言い渡した。同裁判には、矢野が3人に対して自身の手帳の返還を求める訴訟も併合されていたが、同判決は「被告矢野は、原告らの求めに応じ、自らの意思に基づき、本件手帖等を交付し、被告矢野宅内を案内したことが認められ」と請求を棄却。矢野は控訴した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た生駒市

    土地資産も多く、議員引退直前の1993年には、主に土地建物により構成される時価約10億円にのぼる資産を公表している。これらの情報などによれば、奈良県生駒市の土地、三重県賢島の別荘、大阪府東大阪市並びに東京都新宿区内に計3軒の自宅などを所有してきた(現在は大半を処分)。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た谷川佳樹

    2008年5月20日、創価学会副会長の谷川佳樹は、『週刊新潮』に掲載された矢野に関する記事で名誉を棄損されたとして、同誌発行元の新潮社と同誌編集長、記事中に実名で登場した矢野を相手に、1100万円の損害賠償と、同誌および全国紙などへ謝罪広告の掲載を求めて、東京地方裁判所に提訴した。訴状によると、同誌は谷川が矢野を脅したかの様に報道したが、これに対し谷川は、「危害を加えると脅迫したことは一切なく、全くの虚偽」と主張している。2011年1月20日、東京地裁は矢野・週刊新潮・早瀬編集長に連帯して33万円の賠償金の支払いを命じた。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示