1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た評論家

    矢野 絢也(やの じゅんや、1932年(昭和7年)4月27日 - )は、日本の政治家、政治評論家。大阪府議会議員。衆議院議員(9期)。公明党委員長(第4代)を歴任。2010年旭日大綬章受章。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た民事訴訟

    2008年、「評論家としての活動をやめるよう強要された」などとして創価学会と創価学会幹部を相手取り、5500万円の慰謝料を求める民事訴訟を東京地方裁判所に起こした。訴状によると、矢野は3年前の2005年5月、創価学会の施設内で複数幹部との面談で評論活動の中止を要求されたと主張している。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た東京高等裁判所

    東京高等裁判所で行われた控訴審では逆に週刊現代による3人への名誉毀損を認めないどころかプライバシーの侵害だとする矢野の主張を全面的に認め、持ち去った手帳の返却と合わせて300万円の支払いを命令。逆転敗訴となった3人は上告するが、2009年9月1日、最高裁判所第3小法廷は控訴審判決を支持、上告を受理しない決定を下し、実質矢野の勝訴、創価学会の敗訴が確定した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た刑事告訴

    1988年12月10日、朝日新聞社を名誉毀損で刑事告訴。(1989年3月23日に取り下げ)矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た朝日新聞

    1988年12月9日、明電工事件に絡み、1987年1月に、明電工が売った10億円の株の購入者の中に矢野の秘書、元秘書の名前があったという疑惑が生じる。『朝日新聞』が、「『脱税事件』の捜査の過程で、矢野絢也元公明党委員長の秘書らが『総額10億円』もの株を購入した『名義人』に名を連ねていた」と、報じた 。同日、矢野は自身と秘書の関与を否定 。これとは別に、1987年の5月に、明電工の関連会社の株取引に関係して、矢野の自宅で2億円の授受があったという疑惑を朝日新聞が追及。当初、朝日新聞の取材に対し、2億円授受の疑惑を否定した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た民社党

    1970年、社会党書記長の江田三郎や民社党書記長の佐々木良作らと、新しい日本を作る会(社公民連合政権構想)を結成する。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野絢也

    矢野絢也から見た明電工事件

    1988年12月9日、明電工事件に絡み、1987年1月に、明電工が売った10億円の株の購入者の中に矢野の秘書、元秘書の名前があったという疑惑が生じる。『朝日新聞』が、「『脱税事件』の捜査の過程で、矢野絢也元公明党委員長の秘書らが『総額10億円』もの株を購入した『名義人』に名を連ねていた」と、報じた 。同日、矢野は自身と秘書の関与を否定 。これとは別に、1987年の5月に、明電工の関連会社の株取引に関係して、矢野の自宅で2億円の授受があったという疑惑を朝日新聞が追及。当初、朝日新聞の取材に対し、2億円授受の疑惑を否定した。矢野絢也 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示