385件中 91 - 100件表示
  • クロニック・ラヴ

    クロニック・ラヴから見た矢野顕子矢野 顕子

    表題曲はもともと坂本のアルバム『未来派野郎』に収録されていた楽曲「Ballet Méchanique」をカバーしたものであり、さらに遡れば坂本が岡田有希子のアルバム『ヴィーナス誕生』に提供した「WONDER TRIP LOVER」が原曲である。これら3曲はそれぞれ作詞者(WONDER TRIP LOVER:EPO、Ballet Méchanique:矢野顕子・ピーター・バラカン)も編曲(WONDER TRIP LOVER:かしぶち哲郎)も違っており、「クロニック・ラヴ」では中谷自身が作詞を担当し、出だしおよびサビ部分が日本語、Aメロ・Bメロ部分が英語で書かれている。クロニック・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • 福澤もろ

    福澤もろから見た矢野顕子矢野 顕子

    高校時代よりバンド活動を開始し、1976年、「高度1万マイル」(矢野顕子参加)でデビュー。福澤もろ フレッシュアイペディアより)

  • ミック・カーン

    ミック・カーンから見た矢野顕子矢野 顕子

    1982年、矢野顕子のアルバム『愛がなくちゃね』の収録曲「愛がなくちゃね」では、デヴィッド・シルヴィアンと共にコーラスとして参加している。ミック・カーン フレッシュアイペディアより)

  • 中央線 (曲)

    中央線 (曲)から見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子 (1992年、アルバム『SUPER FOLK SONG』に収録)中央線 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • T・ボーン・バーネット

    T・ボーン・バーネットから見た矢野顕子矢野 顕子

    ロイ・オービソン、リサ・マリー・プレスリー、ジョン・メレンキャンプ、ロス・ロボス、カウンティング・クロウズ、エルトン・ジョン&レオン・ラッセル、エルヴィス・コステロとその妻ダイアナ・クラール、矢野顕子、ウォールフラワーズ、トニー・ベネットなどのアルバムを制作した。T・ボーン・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • 退屈の花

    退屈の花から見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子の「ひとつだけ」に影響されて書いた曲であり、本人に許可を得たうえでメロディーの一部を引用している。作曲は田中と西川が共同で行っており、バンド名義を除けばメンバー同士の共作はこの楽曲のみである。退屈の花 フレッシュアイペディアより)

  • Singles +

    Singles +から見た矢野顕子矢野 顕子

    DISC 2には、THEBOOM&矢野顕子の「それだけでうれしい」やMIYA & YAMIの「神様の宝石でできた島」なども収録した貴重なアルバムである。Singles + フレッシュアイペディアより)

  • キャラメル・ママ (アルバム)

    キャラメル・ママ (アルバム)から見た矢野顕子矢野 顕子

    荒井由実、矢野顕子、南佳孝、大貫妙子、山下達郎などのレコーディングにも参加しているのも特徴である。キャラメル・ママ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • FLAPPER (吉田美奈子のアルバム)

    FLAPPER (吉田美奈子のアルバム)から見た矢野顕子矢野 顕子

    ティン・パン・アレーの全国ツアー参加と、ライブ・アルバム『MINAKO II Live at Sun Plaza Hall October 3, 1975』の後にリリースされた本作は、『MINAKO II』とその前のアルバム『MINAKO』同様、村井邦彦がプロデュースを手掛けた。シンガーとして売り出したいという村井の意向により、詞・曲とも吉田が手掛けたオリジナルは3曲で、大瀧詠一と矢野顕子の作品以外は、細野晴臣、佐藤博、山下達郎の曲に吉田が詞をつけた共作。しかし、『MINAKO』とは異なり、作者の人選は吉田自身が行ったという。FLAPPER (吉田美奈子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 横町慶子

    横町慶子から見た矢野顕子矢野 顕子

    東京都出身。4歳よりひばり児童合唱団に在籍。坂本龍一、矢野顕子等のアルバムやコンサートにコーラスで参加。1989年から2013年6月まで劇団ロマンチカに所属、ほぼ全ての演劇・ダンス作品にてメイン出演、振付を担当した。 その後フリーに。横町慶子 フレッシュアイペディアより)

385件中 91 - 100件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード