385件中 11 - 20件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た矢野顕子矢野 顕子

    第13回、第19-22回ファイナリスト。第13回見たい!(特別賞)。他人の曲をアレンジしすぎる矢野顕子のモノマネを得意とする。第13回では、その矢野顕子のモノマネで優勝候補にもなっていたが、なぜか途中で桑名正博のモノマネを披露してしまい、優勝を逃してしまった。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • あたしンち

    あたしンちから見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞・作曲・編曲・歌:矢野顕子あたしンち フレッシュアイペディアより)

  • 丘を越えて

    丘を越えてから見た矢野顕子矢野 顕子

    1976年には、矢野顕子が本曲をカヴァーしている(アルバム『JAPANESE GIRL』に収録)。丘を越えて フレッシュアイペディアより)

  • yes we're SINGLES

    yes we're SINGLESから見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞:秋元康/作曲:矢野顕子/編曲:西平彰yes we're SINGLES フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之のディスコグラフィ

    槇原敬之のディスコグラフィから見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子アルバム『はじめてのやのあきこ』で「自転車でおいで」を矢野本人とデュエット。槇原敬之のディスコグラフィ フレッシュアイペディアより)

  • トゥリー・オブ・ライフ

    トゥリー・オブ・ライフから見た矢野顕子矢野 顕子

    茶坊主のデビューにしてラストとなる唯一のアルバム。クラフト、さだまさし、矢野顕子といったゲストミュージシャンが参加。しかしセールス的には成功せず、茶坊主はほどなく解散する。トゥリー・オブ・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • グッド・イーブニング・トウキョウ

    グッド・イーブニング・トウキョウから見た矢野顕子矢野 顕子

    『グッド・イーブニング・トウキョウ』(good evening tokyo)は、矢野顕子の3枚目のライブ・アルバム、通算13枚目のアルバム。1988年5月21日発売。発売元はミディ。グッド・イーブニング・トウキョウ フレッシュアイペディアより)

  • 東京は夜の7時

    東京は夜の7時から見た矢野顕子矢野 顕子

    『東京は夜の7時』(とうきょうはよるのしちじ)は、矢野顕子の2枚目のライブ・アルバム、通算5枚目のアルバム。1979年4月25日発売。発売元は日本フォノグラム。CDは1988年に徳間ジャパンから、2011年にミディから発売。東京は夜の7時 フレッシュアイペディアより)

  • Windy Shadow

    Windy Shadowから見た矢野顕子矢野 顕子

    佐野元春(ペンネーム: Holland Rose)・矢野顕子ら個性派を招いたオリジナルアルバム。ヒット・シングル「ピンクのモーツァルト」、「ハートのイアリング」を含む。Windy Shadow フレッシュアイペディアより)

  • 左うでの夢

    左うでの夢から見た矢野顕子矢野 顕子

    発売当時のレコードには、糸井重里の手になる「スナオサカモト」のコピーが付けられていた。タイトルについては、当初ロビン・スコットが「同盟」というタイトルを提案したが却下、矢野顕子が「左うでの夢」を提案したところ、それが採用された(坂本は左利き)。左うでの夢 フレッシュアイペディアより)

385件中 11 - 20件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード