301件中 21 - 30件表示
  • Windy Shadow

    Windy Shadowから見た矢野顕子矢野 顕子

    佐野元春(ペンネーム: Holland Rose)・矢野顕子ら個性派を招いたオリジナルアルバム。ヒット・シングル「ピンクのモーツァルト」、「ハートのイアリング」を含む。Windy Shadow フレッシュアイペディアより)

  • 風街ろまん

    風街ろまんから見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子がピアノ弾き語りでカバーしている(アルバム『出前コンサート』1995年発売)。風街ろまん フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た矢野顕子矢野 顕子

    父親は坂本龍一、母親は矢野顕子という、ミュージシャンの両親の元に生まれ、YMOやクラフトワークを胎教として育った。5歳年上の異父兄、風太がいる。祖父は編集者の坂本一亀。9歳だった1990年(平成2年)には家族でアメリカ合衆国・ニューヨーク州に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、英語と日本語のバイリンガルである。高校時代には美術を専攻していた。名前の「美雨」は、突然変異を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた。初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、ジャパンのボーカル、デヴィッド・シルヴィアン。初めて買ったCDはTM NETWORKの「JUST ONE VICTORY」だった。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 編曲家

    編曲家から見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野誠(やの・まこと)〔矢野顕子・井上陽水・大貫妙子〕編曲家 フレッシュアイペディアより)

  • 国際科学技術博覧会

    国際科学技術博覧会から見た矢野顕子矢野 顕子

    少女「エリ力」と犬「ボゾ」の冒険を描く偏光方式の立体映像「大地の歌」が上映された。メインテーマ「空に会おうよ」は作詞・矢野顕子、作編曲・坂本龍一、歌・モモ(やまがたすみこ)。レコードはパビリオン内でも販売していた。国際科学技術博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • アンサーソング

    アンサーソングから見た矢野顕子矢野 顕子

    僕もラーメン食べたい(観光地楽団) ← ラーメンたべたい(矢野顕子アンサーソング フレッシュアイペディアより)

  • 清水 ミチコ

    清水ミチコから見た矢野顕子矢野 顕子

    Steinway & Sonsのグランドピアノを自宅に所有しており、矢野顕子などのピアノ弾き語りの物まねでは、歌だけでなくピアノ演奏の物まねも自らの手で行う。清水ミチコ フレッシュアイペディアより)

  • かない みか

    かないみかから見た矢野顕子矢野 顕子

    タイムカプセル Vol.2 〜愛がなくっちゃね(矢野顕子、カバーアルバム)かないみか フレッシュアイペディアより)

  • くるり

    くるりから見た矢野顕子矢野 顕子

    多忙なスケジュールの中のレコーディングではあったが2002年2月にくるり最大のヒット曲となった「ワールズエンド・スーパーノヴァ」をリリース。レコーディング・スケジュールを1ヶ月オーバーし何度もミックスをやり直した後に3月、4thアルバムである『THE WORLD IS MINE』をリリースした。3月31日から京都磔磔を皮切りにくるりライブツアー2002 〜うんぽこどっこいしょ〜を敢行。そのツアーの間の5月にはシングル「男の子と女の子」をリリースしている。ツアー終了後の7月、ドラマーの森のバンド脱退が発表された。森の脱退後はサポートメンバーとして臺太郎を迎えて活動を継続した。9月からTHE DISMEMBERMENT PLANとアメリカ東海岸ツアーを行う。ツアー後はボストン郊外にある「ロングビュー・スタジオ」に滞在しそのとき後にメンバーとなるクリストファー・マグワイアと初めて顔を会わせている。帰国後はくるり主宰のレーベルであるNOISE McCARTNEY RECORDSを設立した。12月にはくるり主催のイベント、百鬼夜行2002を開催。矢野顕子、遠藤賢司、レイ・ハラカミらと共演し全国を回った。くるり フレッシュアイペディアより)

  • 佐野元春

    佐野元春から見た矢野顕子矢野 顕子

    1981年発売のシングル。発売当時チャート84位とセールス的に振るわなかったが、後に同名のアルバムがヒットしたこともあり代表作の一つとなった。1990年代には『CREA』誌の音楽特集で歴代2位にランクされ、21世紀に入ってもCMや映画の挿入歌で使用されるなど息の長い人気曲となっている。ライブの定番曲でもあり、佐野の思うところから一時期封印したこともあったが後に復活。「THE SUN」ツアーの最終公演では、アンコールでこの曲を披露する前に「10代には10代、20代には20代、…50代には50代の『いつかきっと』があるんじゃないかって、最近思い始めている」と目に涙を浮かべながら語り、発表から時間を経て広く愛された曲が、自身と聴き手にとって新たな意味を持つに至った事実を噛みしめた。佐野の父親が初めて『いい曲だな』と褒めた曲でもある。1982年に白井貴子が、1992年に矢野顕子、2005年に山下久美子、2008年には中村あゆみ、2010年にはNokkoがカバーしている。佐野元春 フレッシュアイペディアより)

301件中 21 - 30件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード