301件中 31 - 40件表示
  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子 - 度々共演している忌野の友人。以前は、ニューヨークと日本でファクスでのやり取りをしていた。近年は、矢野の「ひとつだけ」をよくデュエットしている(スタジオ・アルバムでは、矢野の『はじめてのやのあきこ』(2006年)に収録)。矢野の楽曲「湖のふもとでねこと暮らしている(DOWN BY THE LAKE, LIVING WITH MY CAT)」(『LOVE LIFE』収録)はRCのナンバー「山のふもとで犬と暮らしている」のアンサーソングと言われている。また、矢野は忌野のことを歌った「きよしちゃん」という楽曲もステージで披露している(忌野の死後、『音楽堂』(2010年)に収録)。月刊カドカワで連載されていた「月刊アッコちゃん」では、早朝に「起きろー!!」と大書きされたファクスが送りつけられていたエピソードを紹介している(角川文庫刊・「月刊アッコちゃん・峠のわが家編」に掲載されている)。また、「最近、連続紙使用(相手方の記録紙がなくなるまで)を編み出したとか」というエピソードを紹介している。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • HEART ACE

    HEART ACEから見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子がアルバム『Home Girl Journey』の中でカバーしている。HEART ACE フレッシュアイペディアより)

  • 春の桜と優雅に語らう17の知恵

    春の桜と優雅に語らう17の知恵から見た矢野顕子矢野 顕子

    選曲は主に、1970年代・1980年代のJ-POP、フォークソング、アイドル歌謡曲が中心。楽曲製作者に焦点を当てると、尾崎亜美や矢野顕子、松任谷由実に中島みゆきなど、個性的な女性シンガー・ソングライターの顔ぶれが並んでいる。男性でも、よしだたくろうに井上陽水とフォークソングの草分け的存在の楽曲が並べて収録されている。春の桜と優雅に語らう17の知恵 フレッシュアイペディアより)

  • エドツワキ

    エドツワキから見た矢野顕子矢野 顕子

    6月、『STUDIO VOICE』にてゲストとアート作品を作り上げる連載「Teacher EDISON」がスタート(全20回で終了、登場したゲストは吉川ひなの、りょう、浅井健一、パフィー、甲田益也子、ジェームス・イハ、CHARA、矢野顕子、立花ハジメ 他、未刊行)。エドツワキ フレッシュアイペディアより)

  • yes we're SINGLES

    yes we're SINGLESから見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞:秋元康/作曲:矢野顕子/編曲:西平彰yes we're SINGLES フレッシュアイペディアより)

  • 躁鬱・決定版

    躁鬱・決定版から見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞:秋元康/作曲:矢野顕子/編曲:西平彰躁鬱・決定版 フレッシュアイペディアより)

  • Amino co de ji

    Amino co de jiから見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞:秋元康/作曲:矢野顕子/編曲:西平彰Amino co de ji フレッシュアイペディアより)

  • トゥリー・オブ・ライフ

    トゥリー・オブ・ライフから見た矢野顕子矢野 顕子

    茶坊主のデビュー・アルバム。クラフト、さだまさし、矢野顕子といったゲストミュージシャンが参加。しかしセールス的には成功せず、茶坊主はほどなく解散する。トゥリー・オブ・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • 上海ラヴソング

    上海ラヴソングから見た矢野顕子矢野 顕子

    松田聖子のデビュー20周年記念の第2弾シングルとしてリリースされた。作詞は1981年に「春咲小紅」がヒットした矢野顕子、作曲は1978年に「キャンディ」「タイム・トラベル」などがヒットとなった原田真二である。プロデュースも原田真二がした。上海ラヴソング フレッシュアイペディアより)

  • 小出肇

    小出肇から見た矢野顕子矢野 顕子

    大阪ガス「オープニング」(矢野顕子)「ガス冷房」「大阪ガスの電気の話」小出肇 フレッシュアイペディアより)

301件中 31 - 40件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード

  • KYOTO NIPPON FESTIVAL〜Autumn Leaves2016〜

  • 署長」

  • リオデジャネイロ・パラリンピック