385件中 41 - 50件表示
  • わたしのにゃんこ

    わたしのにゃんこから見た矢野顕子矢野 顕子

    わたしのにゃんこは、1983年4月-5月に、NHK『みんなのうた』で放送された楽曲である。作詞・作曲:矢野顕子、編曲:坂本龍一、歌:矢野顕子とひばり児童合唱団。わたしのにゃんこ フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た矢野顕子矢野 顕子

    父親は坂本龍一、母親は矢野顕子という、ミュージシャンの両親の元に生まれ、YMOやクラフトワークを胎教として育った。5歳年上の異父兄、風太がいる。祖父は編集者の坂本一亀。9歳だった1990年(平成2年)には家族でアメリカ合衆国・ニューヨーク州に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、英語と日本語のバイリンガルである。高校時代には美術を専攻していた。名前の「美雨」は、突然変異を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた。初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、ジャパンのボーカル、デヴィッド・シルヴィアン。初めて買ったCDはTM NETWORKの「JUST ONE VICTORY」だった。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • くるり

    くるりから見た矢野顕子矢野 顕子

    多忙なスケジュールの中のレコーディングではあったが2002年2月にくるり最大のヒット曲となった「ワールズエンド・スーパーノヴァ」をリリース。レコーディング・スケジュールを1ヶ月オーバーし何度もミックスをやり直した後に3月、4thアルバムである『THE WORLD IS MINE』をリリースした。3月31日から京都磔磔を皮切りにくるりライブツアー2002 〜うんぽこどっこいしょ〜を敢行。そのツアーの間の5月にはシングル「男の子と女の子」をリリースしている。ツアー終了後の7月、ドラマーの森のバンド脱退が発表された。森の脱退後はサポートメンバーとして臺太郎を迎えて活動を継続した。9月からTHE DISMEMBERMENT PLANとアメリカ東海岸ツアーを行う。ツアー後はボストン郊外にある「ロングビュー・スタジオ」に滞在しそのとき後にメンバーとなるクリストファー・マグワイアと初めて顔を会わせている。帰国後はくるり主宰のレーベルであるNOISE McCARTNEY RECORDSを設立した。12月にはくるり主催のイベント、百鬼夜行2002を開催。矢野顕子、遠藤賢司、レイ・ハラカミらと共演し全国を回った。くるり フレッシュアイペディアより)

  • 奥田民生

    奥田民生から見た矢野顕子矢野 顕子

    2013年05月11日 - 矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013奥田民生 フレッシュアイペディアより)

  • 国際科学技術博覧会

    国際科学技術博覧会から見た矢野顕子矢野 顕子

    3D-ファンタジアム:7歳の少女「エリカ=ハミルトン」と犬「ボゾ」の冒険を描く偏光方式の立体映像「大地の詩」が上映された。犬の種類はオールド・イングリッシュ・シープドッグ。スクリーンは縦8.5メートル、横18メートルで上映時間は15分。収容人数は450人。70ミリフィルムを用いた2台のカメラで撮影し、2台の映写機で投影するステレオスペース方式の立体映像で、画面の明るさと鮮明度が特徴だった。開発はアメリカのユナイテッド・アーチスト・コミュニケーションズ社。音響は29個のスピーカーで7チャンネル構成のスーパーマルチチャンネル立体音響。劇場は、前の人の肩越しに画面が見えるように床角度を7度にしたり、コンピュータを用いてシミュレーション設計された。観客は偏光メガネを使用し、メガネはプレゼントされた。メインテーマ曲の「空に会おうよ」は作詞・矢野顕子、作編曲・坂本龍一、歌・モモ(やまがたすみこ)。レコードはパビリオン内でも販売していた。国際科学技術博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • しあわせのパン

    しあわせのパンから見た矢野顕子矢野 顕子

    監督は『刺青 匂ひ月のごとく』の三島有紀子で、主題歌である矢野顕子 with 忌野清志郎の「ひとつだけ」にインスパイアされ、本作の脚本を書き下ろした。しあわせのパン フレッシュアイペディアより)

  • Sixteenth Moon

    Sixteenth Moonから見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子が5曲目の「遠い町で」をカバーしている。(『Home Girl Journey』(2000年)収録)Sixteenth Moon フレッシュアイペディアより)

  • YMOチルドレン

    YMOチルドレンから見た矢野顕子矢野 顕子

    なお、松武秀樹、矢野顕子、シーナ&ザ・ロケッツ(初期)、サンディー、スーザン、戸川純など、YMO結成当時関連の深かったミュージシャンを総称して「YMOファミリー」と呼ばれることがあるが、これらとはコラボレーション等で交流はあるものの、直接的な関連は薄い。「YMOファミリー」とは、「ベスト・セレクション決定版YMOファミリー」というalfaからリリースされたコンピレーションCDアルバム(ALCA64と32XA54)から名づけられたと考えられるが、収録されているアーティストはYMOに各メンバーのソロとシーナ&ザ・ロケッツとサンディー&サンセッツのみである。YMOチルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 音楽堂

    音楽堂から見た矢野顕子矢野 顕子

    『音楽堂』 - 2010年に発売された矢野顕子のアルバム。音楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • クラシカル・ポップ

    クラシカル・ポップから見た矢野顕子矢野 顕子

    日本の女性ミュージシャンBabiによって確立された音楽ジャンル。クラシック音楽をベースとした児童幼児志向のポピュラーミュージック。古くは、矢野顕子、大貫妙子らの音楽が源流といってよい。クラシカル・ポップ フレッシュアイペディアより)

385件中 41 - 50件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード