385件中 71 - 80件表示
  • ラストエンペラー (サウンドトラック)

    ラストエンペラー (サウンドトラック)から見た矢野顕子矢野 顕子

    映画のエンドロールで使用された曲。坂本は、劇中に使用されているフレーズをエンドロールに盛り込む手法をこの映画から取り入れている。矢野顕子は、この曲が冨田勲作曲の「新日本紀行」のテーマと似ていることを指摘しているが、本人は「よく覚えてなくて」とインタビューで漏らしている。どちらも近代和声に東洋音階の旋律をのせる作り故の類似であろう。この曲は非常に転調が多い。なお、坂本のアルバム『プレイング・ジ・オーケストラ』でフルオーケストラ、『1996』でトリオ編成、『:/05』でピアノソロによるセルフカバーが行われている。1987年10月18日、坂本がパーソナリティを務めていた、FM東京「不思議の国の龍一」では、オーケストレーションのみのテイク(低い金属音が省略されたバージョン)が放送された。ラストエンペラー (サウンドトラック) フレッシュアイペディアより)

  • My Dear (桜田淳子のアルバム)

    My Dear (桜田淳子のアルバム)から見た矢野顕子矢野 顕子

    A面5曲を矢野顕子、B面5曲を小田裕一郎がそれぞれ作曲し、編曲は全て大村雅朗が担当している。My Dear (桜田淳子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Piano Nightly

    Piano Nightlyから見た矢野顕子矢野 顕子

    『Piano Nightly』(ピアノ・ナイトリィ)は、矢野顕子のアルバム。1995年10月21日、Epic/Sony Recordsより発売。Piano Nightly フレッシュアイペディアより)

  • テクノマジック歌謡曲

    テクノマジック歌謡曲から見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞・作曲 : 矢野顕子 編曲 : 若草恵テクノマジック歌謡曲 フレッシュアイペディアより)

  • ただいま。

    ただいま。から見た矢野顕子矢野 顕子

    『ただいま。』は、矢野顕子の5枚目のスタジオアルバム。1981年5月1日発売。発売元は徳間ジャパン。CDはミディ。ただいま。 フレッシュアイペディアより)

  • オーバーハイム

    オーバーハイムから見た矢野顕子矢野 顕子

    8-Voice(1977年発売) - SEM8台分の音源を内蔵している。- 坂本龍一がアルバム「千のナイフ」で、矢野顕子がサポートキーボディストとしてイエロー・マジック・オーケストラのライブで使用した。オーバーハイム フレッシュアイペディアより)

  • oh! penelope

    oh! penelopeから見た矢野顕子矢野 顕子

    「Vertigo High」に矢野顕子(vo.)、富家哲(pf.)が参加。oh! penelope フレッシュアイペディアより)

  • LOVE IS HERE (矢野顕子のアルバム)

    LOVE IS HERE (矢野顕子のアルバム)から見た矢野顕子矢野 顕子

    『LOVE IS HERE』(ラブ イズ ヒア)は、矢野顕子のアルバム。1993年6月2日発売。発売元はEpic/Sony Records。LOVE IS HERE (矢野顕子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Home Girl Journey

    Home Girl Journeyから見た矢野顕子矢野 顕子

    『Home Girl Journey』(ホーム ガール ジャーニー)は、矢野顕子のアルバム。2000年11月1日発売。発売元はエピックレコードジャパン。Home Girl Journey フレッシュアイペディアより)

  • ザリバ

    ザリバから見た矢野顕子矢野 顕子

    ザリバ フレッシュアイペディアより)

385件中 71 - 80件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード