301件中 81 - 90件表示
  • 婦人生活

    婦人生活から見た矢野顕子矢野 顕子

    1986年(昭和61年)8月、第40巻第8号をもって、社名ともなった『婦人生活』を休刊する。同最終号では、塩田ミチル、滝沢真理、大庭英子による料理特集『たれ、ソース、ドレッシングのひと工夫でおなじみおかずが幾通りものおいしさに 夏の食欲味ベスト100』や、『仕事と家庭のいちばんいい関係』と題した椎名誠、村井国夫、矢野顕子、池田裕子へのインタヴュー記事、アグネス・チャンの連載『アグネス・チャンのすなおな心でお話ししましょう』がゲストに赤瀬川原平を迎え、冨士真奈美の連載『冨士真奈美の人生・身の上なんでも相談』がいつものように掲載されており、とくに40年を振り返る特集記事は掲載されなかった。婦人生活 フレッシュアイペディアより)

  • 南の島の小さな飛行機 バーディー

    南の島の小さな飛行機 バーディーから見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞 - 矢野顕子 / 作曲・編曲 - 細野晴臣 / 歌 - 黒川芽以南の島の小さな飛行機 バーディー フレッシュアイペディアより)

  • Bizarre Music For You

    Bizarre Music For Youから見た矢野顕子矢野 顕子

    デビュー20周年記念アルバムということで、高橋幸宏、矢野顕子、直枝政広(当時は政太郎)、野宮真貴などゆかりのミュージシャンがゲストとして参加。全体に楽しい作品となっている。Bizarre Music For You フレッシュアイペディアより)

  • 玉姫様

    玉姫様から見た矢野顕子矢野 顕子

    ※高見知佳に提供した『怒涛の恋愛』(作詞:戸川純/作曲:矢野顕子)は別曲であり、戸川が新たに詞を書き下ろしている。玉姫様 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊アッコちゃん

    月刊アッコちゃんから見た矢野顕子矢野 顕子

    月刊アッコちゃん(げっかん-)は、1986年5月から1997年9月までの間月刊カドカワにて138回に渡り掲載された、矢野顕子による連載企画。月刊アッコちゃん フレッシュアイペディアより)

  • トランス・アトランティック・ツアー

    トランス・アトランティック・ツアーから見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子 - バックボーカル、キーボードを担当したほか、自らのオリジナル「在広東少年」を披露した。トランス・アトランティック・ツアー フレッシュアイペディアより)

  • Ken's Bar

    Ken's Barから見た矢野顕子矢野 顕子

    作詞・作曲: Henry Clay Work、日本語詞: 保富康午 、編曲: 矢野顕子Ken's Bar フレッシュアイペディアより)

  • 釣りに行こう

    釣りに行こうから見た矢野顕子矢野 顕子

    「釣りに行こう」はアルバム『サイレンのおひさま』に収録されていたものを矢野顕子プロデュースでリアレンジしたもので、ボーカルの宮沢和史と矢野とのデュエットである。コンサートではこのヴァージョンで歌われる(宮沢一人のボーカル)。1991年10月25日に発売された矢野のアルバム『LOVE LIFE』には、矢野のソロヴァージョンが収録されている。釣りに行こう フレッシュアイペディアより)

  • それだけでうれしい

    それだけでうれしいから見た矢野顕子矢野 顕子

    それだけでうれしいは、日本の音楽グループであるTHE BOOMが1992年5月2日に発表した8thシングルであり、矢野顕子とのコラボレーション第2弾。それだけでうれしい フレッシュアイペディアより)

  • 中央線 (曲)

    中央線 (曲)から見た矢野顕子矢野 顕子

    矢野顕子 (1992年、アルバム「SUPER FOLK SONG」に収録)中央線 (曲) フレッシュアイペディアより)

301件中 81 - 90件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード