239件中 91 - 100件表示
  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見たリトル・フィート

    デビュー作にして、米国のロックバンド、リトル・フィートをバックバンドに迎えてアルバムの片面で渡り合っている。もう一方は、あがた森魚、細野晴臣、鈴木茂、駒沢裕城、ムーンライダーズの面々。自作曲のほかに、故郷青森の民謡と、歌謡曲を矢野顕子流に料理した傑作。そのアメリカ録音の逸話として、リトル・フィートのリーダー、ローウェル・ジョージは矢野の音楽のレベルに対して自分達が十分サポートしきれなかったことを、プロデューサーに泣きながら詫び、演奏代金を受け取らなかった。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見たザ・ゴールデン・カップス

    ザ・ゴールデン・カップスのファンになり、しばしば当時居住していた青森から、彼らがデビュー以来出演していた横浜市本牧のバー「ゴールデン・カップ」まで見物に行っていたという。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た岸田繁

    アルバム『ホントのきもち』よりヤマハミュージックコミュニケーションズに移籍。同アルバムにてくるりの岸田繁やレイ・ハラカミとのコラボレーションによる楽曲なども発表。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た大橋トリオ

    大橋トリオ - 「窓」 アルバム『White』収録(2012年) 作詞、ボーカル矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見たポール・ギャリコ

    ポール・ギャリコ作の小説の朗読。ピーター・ガブリエルによる英語版と2枚組。音楽は井上鑑による。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た鈴木茂 (ギタリスト)

    デビュー作にして、米国のロックバンド、リトル・フィートをバックバンドに迎えてアルバムの片面で渡り合っている。もう一方は、あがた森魚、細野晴臣、鈴木茂、駒沢裕城、ムーンライダーズの面々。自作曲のほかに、故郷青森の民謡と、歌謡曲を矢野顕子流に料理した傑作。そのアメリカ録音の逸話として、リトル・フィートのリーダー、ローウェル・ジョージは矢野の音楽のレベルに対して自分達が十分サポートしきれなかったことを、プロデューサーに泣きながら詫び、演奏代金を受け取らなかった。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た筒美京平

    1974年 - バンド「ザリバ」名義で、トリオレコードよりシングル『或る日』をリリース。筒美京平が作曲、矢野誠がアレンジを担当。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見たやすみ哲夫

    あたしンち(2003年、やすみ哲夫監督) 主題歌「あたしンち」を担当矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見たクイーン (バンド)

    「矢野誠プロデュース・フィーチャリング矢野顕子」名義。他に大村憲司、本多俊之、小原礼などが参加。クイーンのカバーのインストゥルメンタルでオーディオ機器の音響チェック用レコードとして発売された。1993年、ミディよりCD化。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た細美武士

    大阪サンケイホールブリーゼにて、岡林信康、細美武士、清水ミチコをゲストに迎えたリサイタルを開催。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

239件中 91 - 100件表示

「矢野顕子」のニューストピックワード