90件中 21 - 30件表示
  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た網走バス

    女満別空港線(知床エアポートライナー 網走駅経由):女満別空港から約2時間、網走駅から約1時間半(網走バスとの共同運行)知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た

    独特の食物連鎖があり、冬に海を覆いつくす流氷とともに運ばれてくる栄養分はプランクトンを養い、海を豊かにする。それは、アザラシなどの海獣、海鳥やオオワシなど鳥類の命がつながる糧となる。回遊してきたサケはふるさとの川に遡上し、そこでの生き物の餌となり死体は土に返って森を豊かにする。これら海と山の命の循環が価値を高めている。また、シマフクロウやシレトコスミレといった絶滅危惧種や希少な動植物が分布しているほか、ヒグマやエゾシカ、トドやアザラシなど大型の哺乳類が高密度で生息している。さらに、オジロワシやケイマフリなど国際的に希少な海鳥が繁殖するとともに、オオワシのような渡り鳥にとっても重要な地域になっている。このように、多様な生息環境と餌資源を提供している。知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た網走駅

    女満別空港線(知床エアポートライナー 網走駅経由):女満別空港から約2時間、網走駅から約1時間半(網走バスとの共同運行)知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た知床峠

    1980年(昭和55年):知床峠(知床横断道路)開通。「遠音別岳原生自然環境保全地域指定」指定。知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た知床国立公園

    また、遺産地域は環境省及び林野庁により各種の保護地域(遠音別岳原生自然環境保全地域、知床国立公園、知床森林生態系保護地域、国指定知床鳥獣保護区)に指定されており、自然環境の保全が担保され、原生的な自然環境が人為により破壊されることなく残されている。さらに、遺産地域内において過去に農業開拓が行なわれた岩尾別地区については、斜里町による「しれとこ100平方メートル運動」(現在の「100平方メートル運動の森・トラスト」)によって民有地を公有地化して保全し、かつての自然を復元する取組が行なわれている。知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た国道334号

    ウトロ?羅臼間は国道334号の知床峠(知床横断道路)経由により車で約30分、バスで約50分であるが、冬期は通行止めとなるため国道244号の根北峠経由により約2時間20分のアクセスとなる。知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た知床岬灯台

    1963年(昭和38年):知床岬灯台竣工。知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見たフレペの滝

    滝:フレペの滝、カムイワッカ湯の滝、カムイワッカの滝知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見た女満別空港

    女満別空港から約2時間15分(98 km)知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 知床 (世界遺産)

    知床 (世界遺産)から見たケイマフリ

    独特の食物連鎖があり、冬に海を覆いつくす流氷とともに運ばれてくる栄養分はプランクトンを養い、海を豊かにする。それは、アザラシなどの海獣、海鳥やオオワシなど鳥類の命がつながる糧となる。回遊してきたサケはふるさとの川に遡上し、そこで山の生き物の餌となり死体は土に返って森を豊かにする。これら海と山の命の循環が価値を高めている。また、シマフクロウやシレトコスミレといった絶滅危惧種や希少な動植物が分布しているほか、ヒグマやエゾシカ、トドやアザラシなど大型の哺乳類が高密度で生息している。さらに、オジロワシやケイマフリなど国際的に希少な海鳥が繁殖するとともに、オオワシのような渡り鳥にとっても重要な地域になっている。このように、多様な生息環境と餌資源を提供している。知床 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示

「知床」のニューストピックワード