70件中 21 - 30件表示
  • 渡辺嘉蔵

    渡辺嘉蔵から見た石井一石井一

    最近は主に外国人労働者の問題、特に技能実習制度及び外国人研修制度の実態に即した改善について奔走し、麻生太郎内閣の森英介法務大臣、自民党総務会長当時の久間章生衆議院議員、民主党の大畠章宏衆議院議員、民主党副代表の石井一参議院議員、小宮山洋子厚生労働大臣とも意見交換を数回行い、加入保険の改善策、特に厚生年金への強制加入義務の必要性等を含めて直接融和策を提言している。また自ら北京を訪問し、技能実習制度についての現況を中国側送り出し機関(中国軽工業対外経済技術合作公司)とも通訳(中国側通訳は中国人、日本側通訳は元国会秘書)を交え、直接話し合う。渡辺嘉蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 福本潤一

    福本潤一から見た石井一石井一

    2007年10月16日、参議院予算委員会で石井一(民主党)が福本の証言を元にして、福本の参考人招致を要求。12月4日民主党役員会において福本を参議院で参考人招致する方針を固めた。福本潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 川上義博

    川上義博から見た石井一石井一

    2010年2月22日、石井一議員が川上の支援パーティにおいて「鳥取・島根は日本のチベット」と発言したことについて、「鳥取・島根の人は度量が広いからそんなに怒らないと思うんだけど、チベットの人がどうかな、チベットの方が心配」と見解を示し、「鳥取島根の人以上にチベットを心配?」と問われている。。川上義博 フレッシュアイペディアより)

  • 相本芳彦

    相本芳彦から見た石井一石井一

    第45回衆院選では105,483票を得たが、前高岡市長で高岡高校の後輩でもある自民党新人の橘慶一郎におよそ29,000票及ばず落選した。前述の2人のアナウンサーはいずれも比例区にて復活当選を果たしており、民主党の公認を受けられたか否かが明暗を分ける結果となった。民主党副代表の石井一は投票日前の8月27日に「(相本を)民主党の公認候補にしていたらよかったと思う」と発言している。相本芳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 司法のあり方を検証・提言する議員連盟

    司法のあり方を検証・提言する議員連盟から見た石井一石井一

    議員連盟の会長は、現職の衆議院法務委員会の委員長である滝実。事務局長は弁護士資格をもつ辻恵衆議院議員。参加者は20名で、小沢一郎に近いとされる石井一民主党選挙対策委員長、松木謙公衆議院議員、山尾志桜里衆議院議員らのほか、北教組事件で労組幹部が逮捕起訴となった小林千代美衆議院議員、賄賂罪で一二審有罪判決を受けている鈴木宗男新党大地代表らが参加している司法のあり方を検証・提言する議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • パチンコチェーンストア協会

    パチンコチェーンストア協会から見た石井一石井一

    石井一(娯楽産業健全育成研究会名誉会長)パチンコチェーンストア協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本音楽家協会

    日本音楽家協会から見た石井一石井一

    初代会長は紙恭輔。ジョージ川口、笈田敏夫、松本英彦、世良譲らジャズ界の著名なミュージシャンが役員を務めた。破産時の会長は、石井一参議院議員。日本音楽家協会 フレッシュアイペディアより)

  • 嘘つき解散

    嘘つき解散から見た石井一石井一

    (賛成)羽田孜、小沢一郎、奥田敬和、左藤恵、佐藤守良、渡部恒三、石井一、中島衛、愛野興一郎、愛知和男、船田元、熊谷弘、中西啓介、二階俊博、北村直人、畑英次郎、魚住汎英、仲村正治、金子徳之介、前田武志、粟屋敏信、古賀正浩、村井仁、井上喜一、岡島正之、井奥貞雄、高橋一郎、藤井裕久、星野行男、松田岩夫、杉山憲夫、岡田克也、増田敏男、松浦昭(解散後、出馬せず引退)。計34人。嘘つき解散 フレッシュアイペディアより)

  • 東京佐川急便事件

    東京佐川急便事件から見た石井一石井一

    1993年6月18日、社会党・公明党・民社党・社会民主連合から宮沢内閣不信任案が上程され、小沢・羽田・渡部のほか奥田敬和・石井一・藤井裕久・熊谷弘ら羽田派を中心とする自民党議員39名が賛成、16名が欠席する造反により不信任案は255対220で可決された。これに対し宮沢内閣は日本国憲法第7条第3号により衆議院を解散(嘘つき解散)、第40回衆議院議員総選挙が行われることになった。この機をとらえ、同年6月21日、武村正義・鳩山由紀夫・田中秀征らユートピア政治研究会に参加していた議員が自民党を離党し、政治改革などを掲げて新党さきがけを結党した。東京佐川急便事件 フレッシュアイペディアより)

  • 砂田圭佑

    砂田圭佑から見た石井一石井一

    中央大学経済学部卒業後、議員秘書などを歴任し、第40回総選挙に砂田重民の後継候補として自民党公認で旧兵庫1区より出馬したが次点に泣いた。次の第41回総選挙においては小選挙区制に移行してからの兵庫1区でも次点だったものの比例近畿ブロックで自民党名簿1位で復活し初当選を果たす。第42回総選挙においても同様に小選挙区では新進党→民主党の石井一に破れての比例復活当選となる。第43回総選挙において、石井を破り小選挙区から初めて当選する。砂田圭佑 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示