70件中 31 - 40件表示
  • 外交防衛委員会

    外交防衛委員会から見た石井一石井一

    2008年10月28日の参議院外交防衛委員会において民主党の牧山弘恵議員が、当時の首相であった麻生太郎に『では総理、突然の質問なんですが、この即席めん、今幾らぐらいで買えると思いますか。いわゆるカップラーメン、一つ幾らぐらいだと思うか、御存じでしょうか』とカップ麺の価格を質問した。 翌2009年1月20日の予算委員会での石井一議員による『漢字テスト』と共に質問内容が話題となった。外交防衛委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 浜本宏

    浜本宏から見た石井一石井一

    2005年の衆議院選挙での惨敗の後、党本部は「65歳以上の元職の公認を原則行わない」と表明した。(その後、この内規は田中慶秋らの公認によりなし崩しとなる。)このため、当時兵庫県第1区の候補者だった石井一は当時71歳だったため公認が難しい状況となった。石井が2007年に行われた第21回参議院議員選挙に比例区から出馬し当選したこともあって後任候補の選定が進められた。その課程で連合兵庫が推す浜本と保守系議員が推す加藤修兵庫県議が名乗りを上げ、双方が譲らぬまま対立が深まる事態となった。2008年に民主党兵庫県連は浜本の兵庫県第1区公認を党本部に申請するも却下された。このため、浜本は兵庫県第1区からの出馬を断念。再協議の末、無戸籍児問題訴訟などで知名度の高かった井戸正枝兵庫県議が公認候補となり、党本部もこれを了承した。これを受け、加藤も出馬断念を表明した。浜本宏 フレッシュアイペディアより)

  • 無投票当選

    無投票当選から見た石井一石井一

    公明党が1964年の結党以来一度も代表選挙が行われたことがなく現在に至るまで立候補者の無投票当選が続いており、民主党の石井一が参議院予算委員会で問題視したことがある。無投票当選 フレッシュアイペディアより)

  • 盛山正仁

    盛山正仁から見た石井一石井一

    国土交通省総合政策局情報管理部長を最後に退職し2005年9月11日に行われた第44回衆議院議員総選挙に兵庫県第1区より自民党公認候補として出馬。この選挙で借入金問題等で自民党公認を得られなかった前職砂田圭佑、並びに民主党の石井一を破り勝利を収めた。議員時代には観光立国推進基本法、エコツーリズム推進法、生物多様性基本法、海洋基本法等の議員立法を手がけ、さらに官僚時代の経験を生かしてバリアフリー新法、海上運送法の一部を改正する法律などの内閣提出にも中心人物として活動した。また、仙台との競争の末、世界一(当時)となる次世代スーパーコンピュータ京の神戸への誘致を成功させる。盛山正仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉旋風

    小泉旋風から見た石井一石井一

    民主党は藤井裕久代表代行(2007年(平成19年)7月に比例南関東ブロック繰り上げ当選)や石井一副代表や中野寛成前衆院副議長や海江田万里元政調会長が落選したり、川端達夫幹事長や中井洽副代表が小選挙区落選(比例復活)したりするなど、民主党の大物政治家の苦戦の象徴となった。小泉旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 生方幸夫

    生方幸夫から見た石井一石井一

    2011年5月5日、日本・フィリピン友好議員連盟の一員としてフィリピン訪問中、セント・エレナ ゴルフクラブで、民主党東北地方太平洋沖地震対策副本部長を務めている石井一民主党副代表・那谷屋正義民主党参議院議員と共に、公務中にゴルフを行う。2011年5月9日、衆議院消費者問題に関する特別委員会委員長を引責辞任。生方幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 首藤信彦

    首藤信彦から見た石井一石井一

    2003年2月23日、 イラク戦争を前にして、民主党のイラク訪問団(石井一団長)としてバグダットを訪問。ラマダン副大統領らイラク指導者たちと会見し、戦争回避に向けた外交努力を行った。帰国後、米国に追従することにより「今のところ日本は最悪のシナリオに乗っている」と述べ、仏・独・ロが提唱した国連を中心とした国際協調の枠組みでの解決の必要性を訴えた。また、訪問の成果としてイラク政府によるアルサムード2ミサイルの破棄決定を挙げ、「アルサムード2ミサイルは、大量破壊兵器ではありませんが、イラク側のメッセージを伝える上で効果的な兵器であり、武力ではなく国際査察で脅威を取り除く手段を尽くす上での重要なポイントでした」と述べた。ただし、実際にイラク政府との間でミサイル撤去の交渉実務を担当したのは国連監視検証査察委員会(UNMOVIC)である。首藤信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 衆議院議長

    衆議院議長から見た石井一石井一

    副議長選挙は、第二会派から出すことが慣例となっているが、2000年7月の副議長選挙においては、与党側が渡部恒三(無所属の会)を、野党側が石井一(民主党)を推して対立選挙となった。このときの議長選挙において、野党側は綿貫民輔(自民党)に投票せずに、白票を投じている(白票のほかにも投票者本人を記載した無効票、極少数のみ自党議員などに投じた票もある)。衆議院議長 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩レイクサイドFM

    多摩レイクサイドFMから見た石井一石井一

    2005年に民主党国会議員石井一・前田雄吉らの流通ビジネス議員連盟による番組「ネットワーク・プラザ」を放送した。多摩レイクサイドFM フレッシュアイペディアより)

  • 前田日明

    前田日明から見た石井一石井一

    2009年12月28日に2010年夏の参議院比例代表に民主党公認で出馬予定だったが、2010年3月3日には第1次公認候補が見送られ、同年3月21日には出馬辞退の意向が伝えられている。理由としては、外国人参政権について本人は反対しており民主党との意見の違いがあったほか、党の出馬時の金銭的支援についての食い違いがあったという。また前田側は党の姿勢と石井一選対委員長に対し激怒した場面もあったとされる。前田日明 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示