70件中 41 - 50件表示
  • 第168回国会

    第168回国会から見た石井一石井一

    16日 - 参議院予算委員会で民主党参議院議員石井一が、公明党と創価学会の結びつき(政教一致)などについて質問。第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢グループ

    小沢グループから見た石井一石井一

    石井一(1回・衆院11回、比例区)小沢グループ フレッシュアイペディアより)

  • 首都機能移転

    首都機能移転から見た石井一石井一

    しかし2011年3月11日に東日本大震災が発生すると、東京都内でも「帰宅困難者」の発生や計画停電の影響から交通を初めとした首都機能が麻痺し、その影響で被災地支援に影響をきたすといった事態が発生した。そのため、東京一極集中の弊害が再度認識され、首都機能移転構想や遷都論が一部で見直され、かねてから大阪都構想を提唱していた橋下徹大阪府知事(当時)など関西の知事らが首都機能の関西移転について活発に発言、同年7月1日には副首都建設を目指す超党派の「危機管理都市推進議員連盟」会長の石井一も同席して、石原慎太郎都知事と橋下徹大阪府知事が会談し、東京を「首都」、大阪を「副首都」とする方針で合意したとも伝えられた。橋下は「副首都」について、「東京から行政機関を移転するということではなく、副首都を担える行政機構、都市機能を整備していくということだ」と説明。また、宮城など被災地自治体からも復興の一環として首都機能の東北移転などが提案されており、国会でもこうした議論を受ける形で再燃の気運が盛り上がった。しかし一方で、2011年7月の国土交通省の組織改変で、国土計画局の担当部署「首都機能移転企画課」が設置から18年が経過しながら議論の進捗が見られないとして廃止となり、首都機能移転に関する業務は新設された国土政策局の総合計画課に移管され継続されているものの、専従の担当者は居なくなっている。首都機能移転 フレッシュアイペディアより)

  • 金正日の死

    金正日の死から見た石井一石井一

    石井一 - 参議院議員。12月22日に朝鮮総連中央本部を訪れ弔問(現職の国会議員として金正日の弔問は初)。金正日の死 フレッシュアイペディアより)

  • 小寺弘之

    小寺弘之から見た石井一石井一

    2009年12月 石井一・民主党選挙対策委員長から第22回参議院議員通常選挙への立候補を要請され、出馬の意思を固める。小寺弘之 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺総合対策会議

    自殺総合対策会議から見た石井一石井一

    2011年3月の自殺対策強化月間を前に、自殺対策の実働部署である内閣府自殺対策推進室は、キャッチフレーズとして「あなたもGKB47宣言!」を制定した。2012年2月6日の参議院予算委員会で松浦大悟がこのキャッチフレーズについて「遺族が聞いたらどう思うか。信頼を失う」と質問し、石井一参議院予算委員長は閣僚に対し再考を促した。岡田克也副総理は「国会で質問する以前に党内で問題を指摘をすべきだった」と答弁したが野田佳彦総理大臣は違和感があるキャッチフレーズだと答弁した。全国72の民間団体の撤回要求もあり、翌日に岡田副総理は「あなたもゲートキーパー宣言!」に改めるとした。自殺総合対策会議 フレッシュアイペディアより)

  • 七奉行の会

    七奉行の会から見た石井一石井一

    そして、2012年の民主党代表選で親小沢・反小沢の垣根を越え七奉行全員が野田を支持し、赤松広隆、原口一博、鹿野の3人を破り三選を果たす。その後の内閣改造で岡田・枝野・玄葉は再任、樽床は総務大臣として初入閣(同時に七人の侍としての仲間である三井弁雄は厚生労働大臣として初入閣)、前原は国家戦略担当大臣として1年7ヶ月ぶりの入閣を果たし、7人中6人が閣僚となり、残った仙谷は現職の北澤俊美、直嶋正行、石井一の3人と樽床の前任者である川端達夫、野田の対立候補として代表戦に出馬した赤松と鹿野と共に党の副代表に就任した。七奉行の会 フレッシュアイペディアより)

  • 甲南中学校・高等学校

    甲南中学校・高等学校から見た石井一石井一

    石井一(1953年) - 参議院議員、民主党筆頭副代表甲南中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 北脇保之

    北脇保之から見た石井一石井一

    1996年10月20日に行われた第41回衆議院議員総選挙に新進党から立候補し、静岡県第8区にて自民党の塩谷立と日本共産党の平賀高成を破り、初当選を果たす。1997年末に新進党が解党すると、翌年には鹿野道彦、石井一、岡田克也らとともに国民の声の創立に参加した。国民の声が太陽党、フロム・ファイブと合併し民政党が設立されると、北脇も引き続き民政党に参加した。1998年、民政党は新党友愛、民主改革連合とともに旧民主党に合流し、民主党となった。北脇保之 フレッシュアイペディアより)

  • 世襲政治家

    世襲政治家から見た石井一石井一

    なお、民主党は第45回衆議院議員総選挙で福島1区から当選した石原洋三郎は父が2003年まで福島1区選出の衆議院議員であった石原健太郎であるが、6年間の空白がある。民主党は同一選挙区でも6年間の空白があれば同一選挙区からの一等親の親族の立候補を認めている。また民主党は2003年衆院選と2005年衆院選は福島1区で石原洋三郎の長男(石原健太郎の兄でもある)である石原信市郎を公認候補として擁立しており(2回とも落選)、民主党は旧自由党時代も含めて福島1区から2000年衆院選、2003年衆院選、2005年衆院選、2009年衆院選と連続して石原一族から政党公認候補として擁立し続けていることになる。民主党は国政選挙で落選して国会議員になったことがない候補については世襲制限規定に含まれないとして、同一選挙区から世襲候補が連続して立候補することを認めた。他にも、石井登志郎(兵庫7区当選議員)は父の石井一(2005年まで衆議院兵庫1区選出議員・2007年当選参議院議員)と選挙区は重なっていないが同一県内の選挙区において衆議院立候補に限れば4年間の空白期間を経て世襲をした例や菅川洋(広島1区立候補・復活当選)は父の菅川健二(2001年まで参議院広島県選挙区選出議員)と衆参は異なるが選挙区が重複する中で8年間の空白期間を経て世襲をした例や高橋英行(愛媛4区選出議員)は祖父の高橋英吉(1969年まで衆議院旧愛媛3区選出議員)と40年の空白期間を経て世襲した例があった。世襲政治家 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示