211件中 91 - 100件表示
  • 石井一

    石井一から見た羽田内閣

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た民主党 (日本 1998-2016)

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見たハイジャック

    運輸政務次官時代に、日本赤軍の起こした『ダッカ日航機ハイジャック事件』に、日本国政府派遣団長としてハイジャック犯との交渉に当たった。この事件に便乗して発生し、身代金強奪を目論んだ現地のクーデターに巻き込まれながらも人質の解放には成功したが、身代金600万米ドルの支払いと、政治犯の超法規的措置釈放というハイジャック犯の要求を飲む形に終わり、釈放された政治犯は現在も数人逃走中である。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た朝鮮民主主義人民共和国

    また、1991年には、全国日朝友好促進議員連盟訪朝団の総団長として北朝鮮を訪問している。竹下派分裂に際しては羽田孜・小沢一郎側に与し、羽田派に所属。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た自治大臣

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た国務大臣

    1983年、第37回衆議院議員総選挙で落選。1986年、第38回衆議院議員総選挙(衆参同日選挙)で自民党が大勝し、石井も国政に復帰した。1989年、第1次海部内閣の国土庁長官として初入閣し、また、国務大臣として『学園都市の建設を円滑に推進するため行政各部の所管する事務の調整』も担当した。しかし、一方で1990年には、ハワイの未公開資産保養地所有が問題となった。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た大学院

    神戸市立西須磨小学校、甲南中学校を経て、甲南高等学校に入学し弁論部に所属。1957年に甲南大学経済学部を卒業した後アメリカに留学し、1960年、スタンフォード大学大学院政治学研究科を修了し、修士号を取得。同校の助手となる。帰国後、郷司浩平の伝手で、郷司が専務理事を務めていた「日本生産性本部」の職員となる。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た政治改革に関する特別委員会

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た国土庁

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た幹事長

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

211件中 91 - 100件表示