58件中 41 - 50件表示
  • タメルラン・トメノフ

    タメルラン・トメノフから見た石井慧石井慧

    強豪ひしめくヨーロッパ選手権では、怪力を武器に、11年に渡って7つもの金メダルを獲得したが、オリンピックや世界選手権での優勝には縁がなかった。五輪ではシドニー準決勝で篠原信一、アテネ決勝で鈴木桂治、北京準々決勝で石井慧といずれも日本選手に敗れ、悲願の頂点への夢を阻まれた。タメルラン・トメノフ フレッシュアイペディアより)

  • 鳰の湖真二

    鳰の湖真二から見た石井慧石井慧

    幼少期より柔道を始めて、大津市立皇子山中学校在学時には柔道部の主将を務め、個人戦では全国大会ベスト16の実績を持つ実力選手だった。北京五輪100kg級金メダリスト・石井慧とも対戦経験がある(対戦成績は鳰の湖の2分け1敗)。中学では生徒会長も務めていた。鳰の湖真二 フレッシュアイペディアより)

  • 澤田敦士

    澤田敦士から見た石井慧石井慧

    2008年9月28日、小川道場を訪れた石井慧と組手を行なった。澤田敦士 フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルから見た石井慧石井慧

    石井慧は本番組に出場し、アニメソングを歌い世間を驚かせたいとの野望があると『HEY!HEY!HEY!』にVTR出演した際に語った。お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 井上康生

    井上康生から見た石井慧石井慧

    2008年(平成20年)4月29日の全日本柔道選手権で高井洋平に敗れ、北京オリンピック100kg超級の代表権を失う。ちなみにこの大会は石井慧が優勝し、北京オリンピック100kg超級日本代表の座には石井が就いた。井上康生 フレッシュアイペディアより)

  • 総合格闘技

    総合格闘技から見た石井慧石井慧

    総合格闘技の普及に大きな影響を与えたグレイシー柔術は、講道館柔道の前田光世がブラジルに伝えた技術が源流となっている。柔道家の木村政彦は、1951年10月23日にエリオ・グレイシーに勝利しており、柔道はUFC以前に唯一グレイシー柔術に勝利を収めた格闘技として評価を高めた。レムコ・パドゥールが柔道家として初めてUFCに参戦したが、UFC 2でホイス・グレイシーに敗北している。Dynamite! SUMMER NIGHT FEVER in 国立で吉田秀彦がホイス・グレイシーに袖車絞めで勝利し、総合ルールでドン・フライや田村潔司という強豪に勝利し、ヴァンダレイ・シウバとも善戦して評価を高めた。柔道元世界王者の小川直也も「PRIDE GP」の2004年大会に出場。この時は、彼のプロレスラーとしての経験も生きたのか、ステファン・レコとジャイアント・シルバに勝利を収めた。柔道無差別級現役金メダリストの石井慧がサイドポジションをとっても、寝技初心者のジェロム・レ・バンナを極め切れなかったように、柔道家はマウントやサイドからの絞めや関節を苦手としている。柔道はマウントやサイドをとったら押え込みが成立するため、そこから絞めや関節を仕掛ける戦術的意味がなく、練習そのものをしていないのである。柔道の試合で絞めや関節が極まるときは、マウントやサイド以外の状態から奇襲的に仕掛けた場合がほとんどである。また、瀧本誠は田村潔司に、吉田秀彦はミルコ・クロコップにローキックで攻められて対応できず、柔道のローキックの対処の弱さも見られた。古流柔術から別れたばかりの初期の柔道は当身もあり実戦的な武道だったが、次第に安全性を考慮したスポーツ化が進んだ。組み手の規制も多く、すぐに「待て」がかかるために寝技の時間も少ない。国際ルールではタックルも禁止され、格闘技とはかけ離れた特殊で自己完結性の強い技術となってきている。総合格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • 茨木市

    茨木市から見た石井慧石井慧

    石井慧(柔道家、国士舘大学)……茨木市立大池小学校卒、北京オリンピック金メダリスト茨木市 フレッシュアイペディアより)

  • リョート・マチダ

    リョート・マチダから見た石井慧石井慧

    町田道場へ練習に来た石井慧の顎をハイキックで外したことがある。リョート・マチダ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 秀彦

    吉田秀彦から見た石井慧石井慧

    2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜で石井慧デビュー戦の相手を務め、判定勝ちを収めた。吉田秀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小川直也

    小川直也から見た石井慧石井慧

    後に2008年北京オリンピックの柔道男子100キロ超級で金メダルを取ることになる石井慧が高校生時代、稽古をつけてもらいに小川の元を訪ねたことがある。小川は当初、石井に口もきかなかったが、そのうちに「ハートがいい」と認めた。以後石井とは親交が続いており、北京オリンピック直後には、石井に「『破壊なくして創造はなし』という橋本の精神を継いで欲しい」として「真・破壊王」の称号を与えたほど。しかし、石井が総合格闘技に転向した際、「お前が石井をそそのかしたんだろうと周囲の人間に言われたが、俺が一番(石井の総合転向に)反対した」とコメントしている。小川直也 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「石井慧」のニューストピックワード