139件中 71 - 80件表示
  • 石井慧

    石井慧から見たズッファ

    2008年12月16日に世界最大の総合格闘技団体UFCへの参戦意志を明言。同年12月27日にアメリカ合衆国で開催されたUFC 92を観戦し、同日深夜にUFCを主催するズッファ社と独占交渉契約を交わした(2009年1月末で独占交渉期限切れとなった)。渡米中には現役選手にしてUFC殿堂入りしているランディ・クートゥアらの指導を受けた。その後はアメリカン・トップチームで練習を積んだ。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見たK-1

    2009年11月25日、K-1とDREAMを主催するFEGとSRC(戦極)を主催するWVRが大晦日の格闘技大会を合同開催することを発表し、SRCの大晦日大会は中止となり、同大会で予定されていた石井慧vs吉田秀彦戦はFEG主催のDynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜で行われたが、判定負けを喫した。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見たグランドスラム・東京

    2007年全日本では準決勝では井上康生に勝利したが、決勝で鈴木桂治に敗れた。同年嘉納治五郎杯東京国際柔道大会より100kg超級に転向し、優勝。以後無敗で引退。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見た大外刈

    100kg以下級であったが、2007年秋に100kg超級へ転向した。左利きで、超級のクラスでは上背はないものの、その筋肉量、スタミナはトップクラスである。練習の虫として知られ、特にウエイトトレーニングは寝る間を惜しむほど行い、ベンチプレス200kg以上を挙げることができる。得意技は大内刈で、世界トップクラスの切れ味を持つ。全日本決勝で鈴木桂治を2度破ったのも大内刈である。しかし、弱点は他に技が少ないことである。だが2007年あたりからは体落としを、2008年から大外刈や内股も出すようになってきた。寝技も得意。パワーとスタミナの強さから受けが非常に強い選手で、また試合の駆け引きがうまい。よって、旗判定が行われる国内試合に強い選手といえる。北京オリンピックにおいては金メダルばかりがクローズアップされるが、特筆すべきはその試合内容、特に5試合通して失点ゼロである点である。相手の技による失点だけではなく、反則ポイントも全く受けていない。これは反則が取られやすい国際ルールでは稀なことであり、石井の試合運びの上手さが体現されたと言える。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見た北京オリンピック

    2008年2月のオーストリア国際で優勝を果たした。4月29日、全日本選手権決勝で三度鈴木桂治と対戦し、優勢勝ちで2年ぶり2度目の優勝をすると共に、北京オリンピック柔道男子100kg超級日本代表選手に選出された。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見たK-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL

    2010年11月8日、K-1 WORLD MAX 2010 FINALに参戦。当初はアンズ"ノトリアス"ナンセンとDREAMルールで対戦予定だったが、試合2日前のドクターチェックでナンセンの古傷が治っていないことが発覚し、ドクターストップになったため、試合前日に相手が柴田勝頼に変更された。試合ではアームロックで一本勝ちを収めた。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見たブラック・ハウス

    石井 慧(いしい さとし、男性、1986年12月19日 - )は、日本の元総合格闘家、元柔道家(五段)、北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト。大阪府茨木市出身。紫綬褒章受章。血液型はO型。出身道場は修道館(大阪府)。ブラック・ハウス/レインMMA所属。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見た北京オリンピックにおける柔道競技

    石井 慧(いしい さとし、男性、1986年12月19日 - )は、日本の元総合格闘家、元柔道家(五段)、北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト。大阪府茨木市出身。紫綬褒章受章。血液型はO型。出身道場は修道館(大阪府)。ブラック・ハウス/レインMMA所属。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見たブラジリアン柔術

    柔道だけでなく、レスリングやブラジリアン柔術の道場にも1人で出かけて腕を磨く。積極的に他競技の技術も学んでいる。ブラジリアン柔術では茶帯(黒帯に次ぐ位)を取得している。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見た総合格闘技

    2008年10月6日、プロ総合格闘技への転向がスポーツ報知の一面で報じられ、明らかになった。また、出場予定だった当日の世界選手権団体も調整不足を理由に辞退した。翌日の10月7日の会見では、「卒業のことで頭がいっぱい。焦らずゆっくり考えたい」と進退の明言を避けた。10月31日、全日本柔道連盟に対して強化指定選手辞退届を提出。11月3日に記者会見で「11月3日をもって柔道家をやめ、プロ転向を決めました。総合格闘技のチャンピオンになれるようにがんばります」 と、正式にプロ転向を表明した。石井慧 フレッシュアイペディアより)

139件中 71 - 80件表示

「石井慧」のニューストピックワード