61件中 11 - 20件表示
  • 三澤興一

    三澤興一から見た石井浩郎石井浩郎

    日曜日の朝の情報系番組『ザ・サンデー』において、質実剛健キャラの石井浩郎や川上憲伸に対抗し、ゆるキャラの「前略・三沢興一です」のコーナーがあった(そのテーマ曲も「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」をコミカルにアレンジした曲だった)。このコーナーは近鉄移籍初期まで放送された。三澤興一 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口健一

    矢口健一から見た石井浩郎石井浩郎

    同校卒業後、一浪して一般受験で早稲田大学商学部に入学。グラウンド整備に使うトンボとグラウンドの塀を使って素振りさせるなど佐藤清監督の個性的な指導で打棒が開花し、2年春からリーグ戦に出場。そのシーズンの対立大戦で1試合8打点のリーグ記録を樹立、一気に注目を集めた。このシーズン規定打席不足ながら4割以上を放ち本塁打・打点はリーグ1位、“幻の三冠王”といわれた。恵まれた体躯から長打を連発し、チームの主軸に成長、岡田彰布・石井浩郎以来の右の大砲と嘱望された。一時左翼手を守ったが、主に一塁手として出場した。矢口健一 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    第1戦は全パの下位打線、6番石井浩郎(近鉄)、7番田辺徳郎(西武)、8番佐々木誠(ダイエー)の3連続本塁打が飛び出しまず1勝を挙げる。続く第2戦は古田敦也(ヤクルト)が、初回先頭打者として二塁打を放つと3回に単打、5回に本塁打を打ち、9回三塁打を放ちオールスター史上初めてサイクル安打を達成し、文句なしのMVPに輝いた。初の地方開催となった第3戦は「杜の都」仙台に場所を移して開催された。8回まで0点に抑え込まれていた全セは8回表一気に4点挙げ逆転。9回裏には地元宮城県で大学まで過ごした横浜大洋ホエールズの守護神・佐々木主浩が登板した。1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • いてまえ打線

    いてまえ打線から見た石井浩郎石井浩郎

    ただし、1992年〜1994年頃のいてまえ打線はラルフ・ブライアント、石井浩郎らの長打力に、大石大二郎を中心とした機動力をミックスして得点を挙げていたが、2001年〜2002年には、ほとんど機動力に頼らず、タフィ・ローズ、中村紀洋らを中心とした長打力で得点を挙げることが多く、時代によって多少毛色が異なっている。いてまえ打線 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    1位指名だけでも野茂の他に佐々木主浩(大洋)、佐々岡真司(広島)、小宮山悟(ロッテ)、2位以下でも古田敦也(ヤクルト2位)、岩本勉(日本ハム2位)、石井浩郎(近鉄3位)、前田智徳(広島4位)、新庄剛志(阪神5位)など好成績を残した選手を多数輩出し、大豊作のドラフトと評価されている。1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 参稼報酬調停

    参稼報酬調停から見た石井浩郎石井浩郎

    1996年オフに石井浩郎(近鉄)が野球協約制限を越える野球協約違反の50%ダウンの年俸提示をしたため、年俸調停を申請。日本野球機構からの要請を受け、いったん契約した後に巨人へトレード移籍した。参稼報酬調停 フレッシュアイペディアより)

  • 夢をあきらめないで

    夢をあきらめないでから見た石井浩郎石井浩郎

    岡村の前夫・石井浩郎は、肝炎からのリハビリ時に当時同僚の野茂英雄が持ってきたカセットテープに入っていたこの曲に感動して彼女のコンサートで楽屋を訪ね、そこから交際が始まり結婚へ至った。夢をあきらめないで フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た石井浩郎石井浩郎

    2010年までの応援歌はイ・ジョンヒョンの「ワ」が原曲。以前は石井浩郎、伊与田一範の応援歌として使われており、2003年に伊与田が戦力外通告を受け退団したため、2004年から「ワ」に変わった(2010年はマイナーチェンジし、より原曲に近くなった)。「ワ」以前は同じイ・ジョンヒョンの「ヌ」を応援歌として使用していた。2011年から『ソウルキャリバーII』のBGM「Brave Sword,Braver Soul」に変更された。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見た石井浩郎石井浩郎

    しかしは開幕直後に左肩の炎症が発して二軍での調整となり、不在の間にチームは18連敗を喫した。翌はブライアン・ウォーレンが抑えを務め、同年に就任した山本功児監督の方針もあって主に敗戦処理に回された。シーズン2回目の二軍行きとなった8月頃から違う球団に行ってやり直したいと考え始め、オフに石井浩郎との交換トレードで巨人に移籍した。巨人では中継ぎとして2度の優勝を経験し、シーズン途中に中村隼人との交換トレードで日本ハムに移籍した。同年オフ、日本ハムに自由契約を申し入れて承諾される。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 星野伸之

    星野伸之から見た石井浩郎石井浩郎

    1000奪三振:1992年5月6日、対近鉄バファローズ6回戦(藤井寺球場)、11回裏に石井浩郎から ※史上84人目星野伸之 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード