68件中 11 - 20件表示
  • ミレニアム打線

    ミレニアム打線から見た石井浩郎石井浩郎

    2000年の巨人は、前年まで当時のワーストタイ記録である3年連続V逸中で、ファンなどから優勝が課題とされていた。松井秀喜は前年まで主に三番打者で活躍していたため、シーズンを通して四番打者を務めたことが無かったが、契約更改後の記者会見にて「2000年からは自分が四番を打ちたい」との決意表明をした。球団は打線のさらなるテコ入れのため、高橋由伸の活躍や清原和博に加え、ドミンゴ・マルティネスの加入と自らの故障で出場機会を失っていた広澤克実、守備・走塁に難があり故障が多かった石井浩郎を放出し、守備に難があるものの、長打力に加え走力もある江藤智をFAで広島東洋カープから獲得した。前年までV逸のA級戦犯扱いされていた清原和博は心身共に肉体改造を行い、マルティネスとのレギュラー争いに備えた。なお、この年は福岡ダイエーホークスからFAで工藤公康、阪神タイガースを自由契約になったダレル・メイ、石井とのトレードで千葉ロッテマリーンズの河本育之を獲得するなど投手陣の補強も積極的に行ったため、他球団ファンなどからの批判も少なからず起こった。ミレニアム打線 フレッシュアイペディアより)

  • 入来智

    入来智から見た石井浩郎石井浩郎

    1989年度ドラフト会議にて近鉄バファローズから6位指名を受けて入団。同期には野茂英雄や後に在籍した巨人でもチームメイトになった石井浩郎らがいる。球威とマウンド度胸を見込まれ先発・中継ぎ・抑えと全てこなす便利屋的存在として活躍し、5年間で125試合に登板した。1996年6月、吉本亮との交換トレードで広島東洋カープへ移籍。ここでは出番が少なく、同年オフに吉本亮と返却トレードを行い近鉄に復帰。再びリリーフとして結果を残す。入来智 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た石井浩郎石井浩郎

    は2番二塁手として開幕スタメン出場。猛打賞で好調なスタートを切ったものの、2戦目の1打席目で自打球を目に受け退場。そこからまた関本との併用になったが、シーズン後半に今岡誠が離脱したことで関本が三塁手に回り、藤本が二塁手に定着した。同年はオールスターゲームに3度目の出場を果たし、2戦目で馬原孝浩から8回表に勝ち越し2点タイムリーを放って1打数1安打2打点でMVPを獲得した。フレッシュオールスターMVPとのダブル受賞は簑田浩二・石井浩郎・青木宣親に続く史上4人目の記録。日米野球にもファン投票で選出され、2戦目の初打席でタイムリー、4戦目ではチーム初安打を放つなど活躍した。守備でも9月24日の対読売ジャイアンツ戦ではファインプレー3連発でチームを救い、守備で活躍しお立ち台にたった。ファインプレーのみならず堅実なところも見せ、二塁手として12球団トップの守備率.995を記録。一方で打撃成績は打率.237と前年より更に落ちてしまった。同年オフに熱狂的なファンがスポーツ用具メーカーの社員を装って藤本の自宅を訪れ、公式戦で使用したグラブを騙し取る事件が起きた。なお、犯人は翌年に逮捕された。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀新人 (日本プロ野球)

    最優秀新人 (日本プロ野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    のパ・リーグで、野茂英雄(近鉄)が投手四冠を独占する中、新人ながら好成績を残した、潮崎哲也(西武ライオンズ)、石井浩郎(近鉄)、酒井光次郎(日本ハム)が特別表彰を受けた。最優秀新人 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 打撃 (野球)

    打撃 (野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎、中島裕之のぶった切り打法打撃 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の野球

    1999年の野球から見た石井浩郎石井浩郎

    11月8日 - 巨人の石井浩郎と千葉ロッテマリーンズの河本育之の交換トレードが成立。1999年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    1位指名だけでも野茂の他に佐々木主浩(大洋)、佐々岡真司(広島)、小宮山悟(ロッテ)、潮崎哲也(西武)、2位以下でも古田敦也(ヤクルト2位)、岩本勉(日本ハム2位)、石井浩郎(近鉄3位)、前田智徳(広島4位)、新庄剛志(阪神5位)など好成績を残した選手を多数輩出し、大豊作のドラフトと評価されている。1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大逆転将棋

    大逆転将棋から見た石井浩郎石井浩郎

    第1局:●石井浩郎 - ○谷川浩司王位大逆転将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た石井浩郎石井浩郎

    、背番号3を石井浩郎に譲り33へ変更。二軍でチームトップの打率.285、13本塁打を打ち、シーズン後半に若手起用の方針から一軍で積極的に起用された。9月7日に川尻哲郎からプロ入り初本塁打を打つと、その後1か月半で桑田真澄、山本昌、岩瀬仁紀などエース級投手から次々と本塁打を放ち、最終的に9本塁打を記録。打率も.320を記録した。また黒江透修監督代行によって9月後半から13試合で4番として起用された。シーズンオフに開催された第15回IBAFインターコンチネンタルカップでは日本代表に選出され、4本塁打を放ち、本塁打王とベストナインとなった。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た石井浩郎石井浩郎

    一塁手。第1部から登場。4番打者として活躍。第2部の終盤でシャークスの伊部から死球を受け離脱した。モデルは石井浩郎。また第2部ではチームキャプテンも務めていた(第3部で判明)。背番号3。キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示