68件中 21 - 30件表示
  • 中村良二

    中村良二から見た石井浩郎石井浩郎

    その一方で、にプロ入り後初めて一軍へ昇格すると、主に代打で一軍公式戦へ起用。勝負強い打撃で、チームのパシフィック・リーグ優勝に貢献した。しかし、石井浩郎やラルフ・ブライアントといった強打者の牙城を崩すまでには至らなかった。中村良二 フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た石井浩郎石井浩郎

    には大型遊撃手の二岡智宏の加入により出場機会は減少したものの、守備要員・バント要員で依然チームに欠かせない存在だった。遊撃手での出場機会が大幅に減り、三塁手での出場が中心になる。より、同い年の石井浩郎の退団に伴って空いた6番に背番号を変更。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    第1戦は全パの下位打線、6番石井浩郎(近鉄)、7番田辺徳雄(西武)、8番佐々木誠(ダイエー)の3連続本塁打が飛び出しまず1勝を挙げる。続く第2戦は古田敦也(ヤクルト)が、初回先頭打者として三塁打を放つと3回に単打、5回に本塁打、そして9回二塁打を記録しオールスター史上初めてサイクル安打を達成、文句なしのMVPに輝いた。初の地方開催となった第3戦は「杜の都」仙台に場所を移して開催された。8回まで0点に抑え込まれていた全セは8回表一気に4点挙げ逆転。9回裏には地元宮城県で大学まで過ごした横浜大洋ホエールズの守護神・佐々木主浩が登板した。1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 石山建一

    石山建一から見た石井浩郎石井浩郎

    1979年からは、創部したばかりの社会人野球・プリンスホテル硬式野球部助監督に就任。1985年から1994年までは監督を務め、1989年の第60回都市対抗野球大会では橋本武広・石井浩郎らを擁して初優勝した。また、西武ライオンズの立ち上げの際には西武球場の設計アドバイザーを務めた。石山建一 フレッシュアイペディアより)

  • 行政監視委員会

    行政監視委員会から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎、猪口邦子、江島潔、木村義雄、酒井庸行、滝波宏文、武見敬三、柘植芳文、堂故茂、徳茂雅之、野村哲郎、羽生田俊、渡辺猛之(自由民主党・こころ)行政監視委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 石井琢朗

    石井琢朗から見た石井浩郎石井浩郎

    登録名の琢朗は、野手に転向する際、大成する字画の名前として高校時代の先輩のアドバイスから付けられたもの。1997年には同姓の石井義人がベイスターズに入団してきたため背ネーム表記がT.ISHII、報道やスコアボードでの表記も石井琢に変更され、球場アナウンスもフルネームで呼称されるようになった。2002年に横浜に在籍した石井浩郎が同年限りで引退、2003年には石井義人も移籍したため、報道などでは「石井」表記に戻ったが、その他の表記等は以前のままとしており、これは広島移籍後も続いた。石井琢朗 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺徳雄

    田辺徳雄から見た石井浩郎石井浩郎

    はオールスターゲーム第1戦で7番・遊撃手として先発出場し、6番の石井浩郎および8番の佐々木誠とともに5回に小松辰雄から3連続本塁打を達成した。この試合は3安打を放ち、優秀選手賞を受賞している。シーズン通算ではリーグ3位の打率.302を記録。この年パリーグで打率3割を記録したのは田辺と佐々木誠、ケルビン・トーベの3人のみであった。また、この年再びベストナインとゴールデングラブ賞を受賞している。4度の延長戦を経て4勝3敗で制したヤクルトスワローズとのこの年の日本シリーズが、田辺自身の出場した日本シリーズの中で最も印象深かったという。田辺徳雄 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山奬志

    遠山奬志から見た石井浩郎石井浩郎

    阪神復帰1年目のは、投手への再起のためシーズンの大半を二軍での練習などに費やした。は登録名を遠山 奬志に変更。新監督野村克也のもとでサイドスローへの転向、シュートを習得して復活し、主に左打者へのワンポイントリリーフとして活躍。野村阪神の左の中継ぎエースとなった。同年5月22日の対巨人戦(阪神甲子園球場)で、10年のブランクを経て勝利投手となり、当時史上最長ブランクでの勝利を記録した(2010年に大家友和が日本球界で16年振りの勝利を記録、大幅に更新された)。同年は当時巨人の松井秀喜を13打数無安打に抑え込み、6月13日の対巨人13回戦(甲子園)ではピンチで石井浩郎を敬遠してまで松井に勝負を挑み、三振に打ち取るなど「松井・高橋キラー」と呼ばれた(ちなみに松井はこの時期「(遠山の)顔も見たくない」と憂鬱そうに語ったり、ヤンキース移籍後も「打ち取られる夢を見た」と話している)。遠山奬志 フレッシュアイペディアより)

  • いてまえ打線

    いてまえ打線から見た石井浩郎石井浩郎

    ただし、1992年〜1994年頃のいてまえ打線はラルフ・ブライアント、石井浩郎らの長打力に、大石大二郎を中心とした機動力をミックスして得点を挙げていたが、2001年〜2002年には、ほとんど機動力に頼らず、タフィ・ローズ、中村紀洋らを中心とした長打力で得点を挙げることが多く、時代によって多少毛色が異なっている。いてまえ打線 フレッシュアイペディアより)

  • イ・ジョンヒョン

    イ・ジョンヒョンから見た石井浩郎石井浩郎

    デビューアルバム「Let's Go To My Star」の表題曲『ワ』等を歌った際は、マイクを左手の小指に付ける独特の方法を用いた。紅白歌合戦でもこのスタイルで出場した。千葉ロッテマリーンズの今江敏晃(過去には石井浩郎、伊与田一範)の応援歌にもなっている。イ・ジョンヒョン フレッシュアイペディアより)

68件中 21 - 30件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード