61件中 31 - 40件表示
  • 田辺徳雄

    田辺徳雄から見た石井浩郎石井浩郎

    はオールスターゲーム第1戦で7番・遊撃手として先発出場し、6番の石井浩郎および8番の佐々木誠とともに5回に小松辰雄から3連続本塁打を達成した。この試合は3安打を放ち、優秀選手賞を受賞している。シーズン通算ではリーグ3位の打率.302を記録して再びベストナインとゴールデングラブ賞を受賞している。4度の延長戦を経て4勝3敗で制したヤクルトとのこの年の日本シリーズが、自身の出場した日本シリーズの中で最も印象深かったという。田辺徳雄 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た石井浩郎石井浩郎

    習志野市立第二中学校、習志野市立習志野高等学校を経て、1993年のドラフトで千葉ロッテマリーンズに投手として7位指名され入団。しかし半年で3回肩を壊し打者に転向。入団4年目の1997年に振り子打法を引っさげ一軍デビュー、即座に一塁のレギュラーに定着。しかしその後は石井浩郎、ボーリック、初芝清などにポジションを譲り外野を守ることも多くなった。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀新人 (日本プロ野球)

    最優秀新人 (日本プロ野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    のパ・リーグで、野茂英雄(近鉄)が投手四冠を独占する中、新人ながら好成績を残した、潮崎哲也(西武ライオンズ)、石井浩郎(近鉄)、酒井光次郎(日本ハム)が特別表彰を受けた。最優秀新人 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た石井浩郎石井浩郎

    一塁手。第1部から登場。4番打者として活躍。第2部の終盤でシャークスの伊部から死球を受け離脱した。モデルは石井浩郎。また第2部ではチームキャプテンも務めていた(第3部で判明)。背番号3。キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学第二文学部

    早稲田大学第二文学部から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎 - 政治家、元プロ野球選手早稲田大学第二文学部 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た石井浩郎石井浩郎

    1982年から1985年までは1軍に定着できずにいたが、佐々木恭介の指導の元で序々に頭角を現し、からは羽田耕一に代わって三塁のレギュラーに定着、いてまえ打線の中軸として活躍する。その豪快なイメージから「いてまえ大将」のニックネームを頂戴する。かつて豪快だったパ・リーグのイメージを継承した最後の選手という声もある。しかし打率.258 本塁打127本という通算成績は後に三塁を守ることになる中村紀洋や他の近鉄いてまえ打線の選手(ラルフ・ブライアント、石井浩郎、タフィ・ローズ)に比べれば成績の面ではやや劣った。そのことに関しては本人も「成績の面では一流ではなかった」と認めている。にはオープン戦で投手を務めたことがある。また、1試合のみだが山下和彦、古久保健二、光山英和の捕手を使い切ったために、捕手を務めたことがある。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 入来智

    入来智から見た石井浩郎石井浩郎

    鹿児島実高から三菱自動車水島を経て1989年ドラフト6位で近鉄バファローズ入団。同期には野茂英雄や後に在籍した巨人でもチームメイトになった石井浩郎らがいる。主にリリーフとして活躍し、5年間で125試合に登板した。入来智 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た石井浩郎石井浩郎

    は2番二塁手として開幕スタメン出場。猛打賞で好調なスタートを切ったものの、2戦目の1打席目で自打球を目に受け退場。そこからまた関本との併用になったが、シーズン後半に今岡誠が離脱したことで関本が三塁手に回り、藤本が二塁手に定着した。同年はオールスターゲームに3度目の出場を果たし、2戦目で馬原孝浩から8回表に勝ち越し2点タイムリーを放って1打数1安打2打点でMVPを獲得した。フレッシュオールスターMVPとのダブル受賞は簑田浩二・石井浩郎・青木宣親に続く史上4人目の記録。日米野球にもファン投票で選出され、2戦目の初打席でタイムリー、4戦目ではチーム初安打を放つなど、日本シリーズでは打率0割台と打てないが、プレッシャーのない舞台に強いところを見せた。守備でも9月24日の対読売ジャイアンツ戦ではファインプレー3連発でチームを救い、守備で活躍しお立ち台にたった。ファインプレーのみならず堅実なところも見せ、二塁手として12球団トップの守備率.995を記録。一方で打撃成績は打率.237と前年より更に落ちてしまった。同年オフに熱狂的なファンがスポーツ用具メーカーの社員を装って藤本の自宅を訪れ、公式戦で使用したグラブを騙し取る事件が起きた。なお、犯人は翌年に逮捕された。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た石井浩郎石井浩郎

    ルーキーイヤーのに三塁手として打率.270、7本塁打、24打点を挙げてセントラル・リーグ新人王を受賞。同年対阪神戦で久慈のサードゴロをトンネルしサヨナラエラーをしてしまい悔しさで顔をしばらく上げれないほど落ち込んだが、それ以来守備の意識が高くなった。に二塁手に転向。小柄な体格だったが二塁手としての評価を伸ばし、日本シリーズにも出場して日本一に貢献、シリーズ優秀選手賞も受賞した。・には20本塁打を記録している。1997年には、石井一久が相手先発のとき、松井秀喜以外はすべて右打者を並べるという長嶋茂雄監督の采配のためにレフトを守った事もある(二塁が元木大介、三塁が石井浩郎)が、その試合で2つの高い飛球をそれぞれ三塁打とランニング本塁打にしてしまい、その後二度と守ることはなかった(試合後、長嶋は自分のせいであると仁志を庇い、先発の斎藤雅樹に謝罪した)。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • シャボン玉プレゼント

    シャボン玉プレゼントから見た石井浩郎石井浩郎

    本番組は、在阪局制作の歌番組として現在でも珍しい存在の番組だが、本番組が放送された時期はVTRがテープ・機器とも高価だったうえ、著作権法等の絡みで番組の資料保存が現在ほど安易に行えず、加えて放送時間も15分と短かったことなどにより、腸捻転時代を含め1970年代までのVTRは、少なくともABC局内及び関連会社(ABCリブラなど)はもとより、外部も含めてほぼ残っていないと思われる。二次利用された例として判明しているところでは、岡村孝子が当時近鉄の現役選手だった石井浩郎との婚約を発表した1996年にテレビ朝日『サンデージャングル』(中居正広司会)で岡村の特集が組まれた際、“あみん”として出演し、「待つわ」を歌唱しているVTRが使われたこと位である。シャボン玉プレゼント フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード