68件中 41 - 50件表示
  • 中村剛也

    中村剛也から見た石井浩郎石井浩郎

    「究極」とも評されるホームランバッター。「7割の力でもスタンドへ運ぶことができる」と自負する長打力を持ち味としている。外野へのフライの30パーセント近くを本塁打にする。元西武のコーチの光山英和は中村について「今まで清原(和博)とか、秋山(幸二)さんとか、石井(浩郎)さんとか、いろんなホームランバッターを見てきたけど、ホームランを打つことに関しては、あいつが断トツ。ボールの飛び方がぜんぜん違う。ちょっと次元が違うね。ああいうのが、ほんまのホームランバッターって言うんやと思う」と評している。2016年シーズン終了時点では、規定打席に達した年は全て本塁打王を獲得していた。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の野球

    1997年の野球から見た石井浩郎石井浩郎

    1月23日 - 近鉄バファローズの石井浩郎と読売ジャイアンツの石毛博史と吉岡雄二による1対2の交換トレードが成立。1997年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の野球

    1992年の野球から見た石井浩郎石井浩郎

    7月18日 - オールスターゲーム第1戦(甲子園)の5回表、全パの石井浩郎(近鉄)、田辺徳雄(西武)、佐々木誠(ダイエー)が全セの小松辰雄(中日)からオールスター初の3者連続本塁打。試合は6-1でパ・リーグが勝利。MVPは近鉄の石井が受賞。1992年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣

    第3次安倍内閣から見た石井浩郎石井浩郎

    なお、上記の9月16日の総括質疑の際に「自民党の石井浩郎(参院議員)がセクハラした!」とのデマを拡散していたのも津田だったとの証言があり、「度が過ぎた行為ではなかったか。」との週刊ポストの問いに対して津田は「失礼だよ! 君は!」と回答を拒否した。第3次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た石井浩郎石井浩郎

    ''に二塁手に転向。7月19日のヤクルト戦では、巨人キラーの石井一久に対して、松井秀喜以外はすべて右打者を並べるという監督の長嶋茂雄の采配のためにレフトを守った(二塁が元木大介、三塁が石井浩郎)が、その試合で池山隆寛の高い飛球をランニング本塁打にしてしまい、その後二度と守ることはなかった(試合後、長嶋は自分の起用ミスのせいであると仁志を庇い、先発の斎藤雅樹に謝罪した)。同年は打率.242と前年より下がってしまったが、10本塁打、39打点と本塁打と打点は前年より上がった。小柄な体格だったがコーチの土井正三の熱心な指導もありこれ以降二塁手としての評価を伸ばした。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 中根仁

    中根仁から見た石井浩郎石井浩郎

    近鉄時代は石井浩郎や光山英和と合同で北九州市でハードな自主トレーニングを行ない、結束の強さから「石井軍団」とも呼ばれた。このトレーニングで培った体力が近鉄のハードなキャンプを乗り切るのに役立ったという。2013年の退団後は、2014年3月3日から?引退後のアスリートとファンを永遠に繋ぐポータルサイト?『アスリート街.com』を立ち上げ運営している。中根仁 フレッシュアイペディアより)

  • シャボン玉プレゼント

    シャボン玉プレゼントから見た石井浩郎石井浩郎

    本番組は、在阪局制作の歌番組として現在でも珍しい存在の番組だが、本番組が放送された時期はVTRがテープ・機器とも高価だったうえ、著作権法等の絡みで番組の資料保存が現在ほど安易に行えず、加えて放送時間も15分と短かったことなどにより、腸捻転時代を含め1970年代までのVTRは、少なくとも朝日放送局内及び関連会社(ABCリブラなど)はもとより、外部も含めてほぼ残っていない。二次利用された例として判明しているところでは、岡村孝子が当時近鉄の現役選手だった石井浩郎との婚約を発表した1996年にテレビ朝日『サンデージャングル』(中居正広司会)で岡村の特集が組まれた際、“あみん”として出演し、「待つわ」を歌唱しているVTRが使われた程度である。シャボン玉プレゼント フレッシュアイペディアより)

  • 夢をあきらめないで

    夢をあきらめないでから見た石井浩郎石井浩郎

    岡村の前夫・石井浩郎は、肝炎からのリハビリ時に当時同僚の野茂英雄が持ってきたカセットテープに入っていたこの曲に感動して彼女のコンサートで楽屋を訪ね、そこから交際が始まり結婚へ至った。夢をあきらめないで フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立野球場

    秋田県立野球場から見た石井浩郎石井浩郎

    2011年8月30日、秋田県と秋田市が連名で、「2014年のプロ野球オールスターゲームを当球場に誘致したい」との要望書を、日本野球機構(NPB)の事務局長に対して提出した。9月9日には、佐竹敬久秋田県知事が「秋田県で開催される国民文化祭に合わせての開催を要望する」と表明した。これに対し、日本野球機構(NPB)は「地方開催を行うかどうかも決まっていない」と答えたという。その後、同年10月25日、石井浩郎参議院議員と佐竹秋田県知事、穂積志秋田市長が日本野球機構(NPB)を訪問し、加藤良三コミッショナーにオールスター開催の要望書を提出した。石井参院議員は「秋田ではまだ一度もオールスターが開催されていない。子どもたちの一生の思い出になるよう優先的に開催してほしい」とコメントしている。秋田県立野球場 フレッシュアイペディアより)

  • プリンスホテル硬式野球部

    プリンスホテル硬式野球部から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎(内野手) - ドラフト3位で近鉄バファローズに入団プリンスホテル硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示