61件中 41 - 50件表示
  • 1964年

    1964年から見た石井浩郎石井浩郎

    6月21日 - 石井浩郎、元プロ野球選手1964年 フレッシュアイペディアより)

  • 石毛 博史

    石毛博史から見た石井浩郎石井浩郎

    、近鉄バファローズの石井浩郎が年俸調停を申請。裁定により同選手の受け入れ先が巨人となったため、トレードで吉岡雄二と共に近鉄に移籍。石毛博史 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見た石井浩郎石井浩郎

    は2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選ばれ、6試合に出場して優勝に貢献。7月21日に行われたオールスターゲームの第1戦目(明治神宮野球場)ではMVPを獲得(フレッシュオールスターMVP経験者によるオールスターMVP受賞は簑田浩二(阪急)・石井浩郎(近鉄)以来となる3人目。翌日にも藤本敦士(阪神タイガース)がMVPを受賞し、4人目のダブル受賞者となっている)。オールスター第1戦目でMVPを獲得した際は、松坂大輔から先頭打者安打、二盗成功後に三盗失敗、平凡な右翼フライを落球、吉井理人から本塁打を打つなどした。2006年1月1日に放送されたスポーツマンNo.1決定戦の「ショットガン・タッチ」で世界新記録となる13m60cmを記録。パワーフォースでもNo.1を獲得し、総合3位に輝いた。シーズンでは首位打者こそ逃したものの、両リーグトップの192安打を放ち2年連続の最多安打のタイトルを獲得。課題であった三振が減少、四球が増加し、本塁打や打点、出塁率も大幅に向上した。得点圏打率.399はリーグトップ。また、41盗塁を記録して赤星憲広の6年連続を阻止し、自身初の盗塁王を受賞した。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

  • 6月21日

    6月21日から見た石井浩郎石井浩郎

    1964年 - 石井浩郎、元プロ野球選手6月21日 フレッシュアイペディアより)

  • プリンスホテル硬式野球部

    プリンスホテル硬式野球部から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎内野手(1989年近鉄ドラフト3位→巨人→ロッテ→横浜)プリンスホテル硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た石井浩郎石井浩郎

    1989年もドラフトが豊作となった年として知られる。野茂英雄に8球団の指名が集中し、近鉄に指名されたが、野茂の外れ1位だけでも佐々木主浩(大洋1位)、小宮山悟(ロッテ1位)、西村龍次(ヤクルト1位)、葛西稔(阪神1位)、元木大介(ダイエー1位・入団せず)といった名前が並び、その他にも与田剛(中日1位)、潮崎哲也(西武1位)、佐々岡真司(広島1位)、岩本勉(日本ハム2位)、古田敦也(ヤクルト2位)、井上一樹(中日2位)、石井浩郎(近鉄3位)、吉岡雄二(巨人3位)、橋本武広(ダイエー3位)、前田智徳(広島4位)、宮地克彦(西武4位)、新庄剛志(阪神5位)、種田仁(中日6位)、浅井樹(広島6位)と、メジャーリーグ経験者4名(野茂・佐々木・新庄・小宮山)が輩出するなど1990年代から2000年代にかけて活躍した選手が多数指名されている。また、後に人気タレントとなるパンチ佐藤(佐藤和弘)もオリックスに1位指名されている。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た石井浩郎石井浩郎

    他球団の選手では、初期の作品では近鉄の選手がしばしば登場した。前述の永淵、後述の主砲・土井正博の他、当時頭角を現しつつあった太田幸司、ジャンボの愛称で人気のあった仲根政裕などが目立つ。エースの鈴木啓示もしばしば登場するものの、あまり目立った登場の仕方はしていない。他に後年の野茂英雄や石井浩郎も比較的登場頻度が高い選手で、特に石井は登場人物とのロマンスも描かれるなどした。また、近鉄は景浦の長男・景虎が最初に所属した球団でもあるため、その時代の選手も多く登場している。中でも初期の景虎とバッテリーを組む機会の多かった捕手として的山哲也の登場頻度が高かった。的山は後にソフトバンクに移籍している。更にオリックス・阪神の選手も同様の理由(更に一時期はどちらにも小林満が在籍)で登場頻度が高かった。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 八郎潟町

    八郎潟町から見た石井浩郎石井浩郎

    八郎潟町立八郎潟中学校 - 同中野球部が石井浩郎、後藤光尊などを輩出しているほか、卒業生には多くのアスリートがいる八郎潟町 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た石井浩郎石井浩郎

    から左手首の故障に悩まされる(これまでに左手首の手術を3回受けている)。には、背番号を石井浩郎の着けていた3に変更。には、リーグ2位の32本塁打を放ち、自身初のシーズン30本塁打達成。左手首の故障から完全復活を果たした。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た石井浩郎石井浩郎

    TBSラジオ(JRN) 解説:川口和久 ゲスト解説:石井浩郎(ロッテ、自由契約となり横浜へ移籍)2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード